老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

再配達なしに割引

値上げは痛いけれど、再配達の見直しはいいことではないでしょうか?

「宅配便最大手のヤマト運輸がドライバーの負担となる再配達を減らすため、荷物を1回の配達で受け取れるよう協力した利用者に対する割引制度の新設を検討していることが25日、分かった。基本運賃を9月に最大20%程度値上げする方向で最終調整しており、サービスの見直しや値上げが他社に波及する可能性がある。

 国土交通省によると荷物が再配達となる割合は全体の2割に上り、ドライバーの長時間労働につながっている。このため受取人に近いヤマトの店舗宛てに荷物を送ったり、駅などの宅配ロッカーを活用したりする利用者に、割引やポイント付与の制度を設けることを検討している。

 一方、値上げ幅は5~20%程度で、小さい荷物ほど値上げ率が大きくなる。発着地が同じ地域で縦、横、高さの合計が60センチ以内、重さが2キロまでの最も小さい荷物だと運賃は現在の756円から900円程度になる見通しだ。

 人手不足が共通課題の宅配業界では、佐川急便がインターネット通販最大手アマゾンとの大口契約を解消したとされる2013年度以降に採算が改善した。佐川はその後も運賃が割安と判断した法人契約は変更を求めている。日本郵便も大口顧客に値上げを要請する方針であることが明らかになっている。

 最大手のヤマトの値上げ幅が具体化し、サービスの見直しも進むことで、法人向けを中心とした運賃を改定する動きが一段と強まりそうだ」(毎日新聞4月25日より)

コンビニの店員さんの話では配達担当の人が「再配達を頼んでおいて家にいない人がいて困る」と嘆いていたそうです
だから、そういう人には再配達料金を請求するなりして、現場の負担を軽減すべきです

宅配便が来るまで家で待つというのも落ち着かないので、営業所やコンビニ受け取りが一般化すれば軽い荷物なら自分の都合で行けますし、さらに割引が付与されるとしたら大歓迎です
ヤマト運輸にはアマゾンから撤退して、従業員の待遇改善を推し進めていただきたいです。
アマゾンはヤマト運輸がなくても痛くも痒くもないみたいですし、日本国に税金を払っていないアマゾンに義理立てする必要はありません


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

きな臭いですね…

北の刈り上げ大王は困ったものです(T_T)

「北朝鮮は、25日、朝鮮人民軍の創設から85年の節目を迎えました。国営メディアは、「アメリカが先制攻撃の妄動を続けるならば、事前の通告なしに懲罰の先制攻撃を加える」と威嚇し、アメリカ・トランプ政権を強くけん制しています。

北朝鮮では、朝鮮人民軍の創設から85年となる25日、国営の朝鮮中央テレビが、通常よりも早い日本時間の午前9時半から放送を始め、キム・イルソン(金日成)主席やキム・ジョンイル(金正日)総書記が、かつて軍の部隊を視察した際の記録映画などを放送しています。

また、25日付けの朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、記念の社説を1面に掲載し、この中で、「アメリカが一方的にわれわれを核で脅す時代は終わった。われわれは、いかなる戦争にも対応する意志と力を持っている」としてみずからの核・ミサイル能力を誇示しました。

そして、「アメリカが南とともに無謀な先制攻撃の妄動を続けるならば、事前の通告なしにすさまじい懲罰の先制攻撃を加え、侵略の本拠地を火の海にする」と威嚇し、アメリカ・トランプ政権を強くけん制しています。

北朝鮮は25日、これまでのところ、軍事的な挑発の動きを見せていませんが、去年は、キム主席の誕生日にあたる4月15日に新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」を初めて発射し、建国記念日の9月9日には5回目の核実験に踏み切っていて、関係国は、節目の記念日に合わせた6回目の核実験やさらなる弾道ミサイルの発射に備えて、高度の警戒態勢を続けています」(NHKニュース4月26日より)

ミサイルなんて日本海に墜落するだろうと言う人もいますが、もしも、混雑している駅でサリンが撒かれたら…
若い人はピンと来ないでしょうけれど、地下鉄サリン事件の衝撃は今でも忘れられません。
用心するといっても、こればかりはどうにもなりませんよね
ただ、むやみに人の集まるところへは行かないようにしたいと思っています

刈り上げ大王を無視するかのように株は元気ですね~


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

ペットはお金がかかる

犬を車に乗せて観光地を巡っている老夫婦をよく見かけますが、ペットってお金がかかるんですよね~ 特に犬は(ノ_<)

「ペットを飼い始めた最初の年の諸費用は、猫よりも犬の方が約2倍ほど多くかかり、飼い主が愛犬のために投じる費用は、4700ポンド(約65万円)以上に上るとの調査結果が英国で発表された。

 英金融機関のネーションワイド(Nationwide)の住宅保険部門が発表した調査によると、1年目にかかった費用は、犬の購入費をはじめ、餌、寝床、おもちゃ、その他のペット用品、保険など平均で4791ポンド(約67万円)だった。

 一方、猫の飼い主には最初の年に約2455ポンド(約34万円)の費用がかかる。ウサギでは、1802ポンド(約25万円)、魚では769ポンド(約11万円)とさらに低く抑えられる。反対に、最もお金がかかるのは馬の1万2654ポンド(約176万円)だった。すべてのペットの平均は同3500ポンド(約49万円)となった。

 ネーションワイドの損害保険部門の代表、ロブ・アンガス(Rob Angus)氏は、「動物を飼うと、プラスの面が非常に多いかもしれないが、場合によってはお金も非常にかかる」と話す。そして「ペットは最期まで飼う必要がある。そのために予想される費用について前もって計画を立て、予算を組むことが大切だ。そうしておかないと金銭的な問題が生じる恐れがある」と指摘した。
 調査は、飼い主2300人を対象に行った。このうちの12%は、自身のパートナーよりもペットにより愛情を注いでいると回答している。

 また、ペットを飼育する費用としてあらかじめ貯金をしていたと答えたのは全体の約54%で、9%は継続的な費用を調達するためにクレジットカードを使用しているとした。残りの回答は、貯金を切り崩しているとのものだった。

 ペット関連のトラブルで住宅保険を請求したと答えた飼い主のうち、7%はカーペットへのダメージで5%はソファや椅子の損傷。同じく5%がテレビの故障での請求だった。

 英国保険協会(ABI)が先日発表したデータによると、2016年のペット保険の支払い額は7億600万ポンド(約983億円)という記録的な数字だった」(AFPBB News4月23日より)

犬種にもよるけれど、日本だったら100万くらいかかるのではないでしょうか?
昔は残り物を犬にやっていましたが、今はドックフードになり、それがまた結構なお値段です
安いのは怖いですから、皆さん、それなりのものを購入されているようですし
病気になったりしたら、本当に鳥でも軽く1回1万円は超えますから

安易にペットショップで購入して、嫌になって野山に捨てる輩が出ないことを祈っています
また、飼い主に先に死なれるほどペットにとって可哀そうなことはありませんから、高齢者は自分の寿命と相談しないといけませんよね…
ペットがいると本当に癒されるので飼いたい気持ちは理解できるのですが、子供(あるいは孫)が面倒をみてくれるとはかぎりません。
近くの団地には遺族が引き取らなかったために野良と化した猫が数匹います。飼い猫はだいたい数か月で死んでいます。そういうのを見るのは辛いです


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

延命の是非

ずいぶん前に脳梗塞で半身不随になり、認知症も出始めた農家のご主人(80歳前後)を奥さんが自宅で必死に介護してきたのですが、2週間ほど前に夜中に大いびきをかき出し、救急車で病院に運ばれました。
救急担当の医者から回復の見込みはないと断言され、奥さんも覚悟を決めていました。ところが、現代医学によって延命され、意識不明で大いびきのまま今も病院で生きています。
これが果たしていいのか悪いのか…明日、転院するそうです

別の農家の奥さんは「脳梗塞はそう簡単に死なないよ。うちの姑は4回入院したわ」と話していました
意識があればともかく、意識不明の状態での延命には考えさせられるものがあります。
脳死状態の子供からの臓器移植がニュースになっていましたが、脳梗塞での意識不明は脳死ではないのでしょうか?

奥さんは認知症になったご主人でも側にいてほしいと思っていたようで、医者に宣告された時は本当に悲しんでいました
だから、周囲の人達も安易に「死んだ方が家族のため」などと口にはできません。
長期入院となると費用も馬鹿にならないので、保険に入っておこうと考える人もいますが、うわさによると、今、掛け金がかなり高くなっているそうです。癌だけなら安いけれど、脳梗塞などの病気を入れると高額になるとか…
年金もどんどん減らされているので、貧乏人は病気にならないように気をつけるしかありません

癌も怖いですが、脳梗塞にならないように血液サラサラ生活を心がけようと思っています


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

厚労省、飲酒規制へ

お酒が飲めない人にとっては朗報です

「日本は世界的に見ても酒の規制が極めて少ない“呑んべぇ天国”だが、4月1日、厚労省に「アルコール健康障害対策推進室」という部署が新設された。国際的に広がるアルコール規制を日本でも推進するためだ。

 アルコール規制は世界的な流れだ。WHO(国際保健機関)は「世界で毎年約330万人が死亡している」として2010年に「アルコールの有害な使用を減らすための世界戦略」を採択した。
 その中で各国が取り組む酒害対策の例として「酒の安売り禁止」「飲食店での飲み放題禁止」「酒類の広告規制」などをあげ、酒の値段の引き上げ(酒税の税率アップ)、公共の場所での販売規制などが推奨されている。
 すでに世界では欧米はじめ、シンガポール、インド、タイなどアジア諸国にも規制の動きが急速に広がっている。日本も2013年に「アルコール健康障害対策基本法」を制定し、アルコール健康障害対策基本計画をまとめた。

 政府のアルコール規制の大義名分が医療費削減だ。日本人の喫煙率は19.3%(約2300万人)なのに対して、飲酒率は男性の83.1%、女性の60.9%(合わせて約7472万人)とはるかに高い。厚生労働省研究班の調査では、このうち健康被害が予想される問題飲酒の人は1353万人にのぼる。飲み過ぎによる病気やけがの治療にかかる医療費は年間1兆226億円と推計されている。
 さらに、飲酒による事故、労働損失を加えた社会的損失は年間推定3兆947億円で、医療費との合計は年間4兆1483億円に達する。アルコール飲料の国内市場規模は約3兆6000億円だから、「飲酒は経済効果より損失の方が大きい」という論理である。
 そして飲酒規制の実現性が高いのは、WHOのアルコール世界戦略が酒造メーカーと共同で推進されていることだ。

「WHOはタバコの場合は廃絶を目的にしているが、アルコールについては酒造メーカーの国際団体とも協議しながら有害な使用を減らすという目標を掲げた。
 WHOの世界戦略には、酒の廉価販売禁止、飲み放題の禁止があるが、実は、それらは酒メーカーも困っている商慣習。小売り店が廉価販売で競争すればメーカー間でも値引き合戦になる。飲食店が定額で飲み放題にすると、提供する酒は安いものばかりになり、メーカーは儲からない。
 そうした商慣習をやめさせたい酒造業界と飲み過ぎによる健康被害を抑制したいWHOの利害は一致しており、共同で規制を推進している側面もある」(アルコール規制推進団体の幹部)
 さらに飲み過ぎを防ぐために酒税を大幅に上げる(価格の引き上げ)というWHO戦略は、財務省も大賛成だろう。タバコ規制に関わってきた厚労省官僚が予告する。

「日本のアルコール規制は遅れている。世界のほとんどの国では公園やビーチなど公共の場所での飲酒は禁止が常識で、外国人観光客は公園で花見酒に酔い、大学の学園祭で学生が酒を出す日本の飲酒習慣に驚いている。
 受動喫煙防止法が成立すれば、次は東京五輪に向けてアルコール規制の議論を本格化させることになるだろう。具体的な検討課題は自動販売機の全面禁止、屋外や公共施設での飲酒の規制、店での飲み放題禁止などになるはずだ」

 お上による“花見酒禁止令”が迫っている」(週刊ポスト2017年4月28日号より)

この件について友人知人に聞いたところ、関西ということもあるのか「飲まなきゃなってらんなぁ~い!」という声が多かったです
人様に迷惑をかけず、適量のお酒を嗜むのは全く問題ありませんが、飲酒運転による悲惨な事故も起きていますからやはり規制はやむを得ないでしょうね…

夜の会合で、まずはビールという習慣も徐々に廃れていくかもしれません。
昭和の頃は「男は黙ってサッポロビール」でしたが、最近は酒豪の女性をよく見かけます。
酔い潰れて寝ている女性の姿はあまり目にしたくありません

酒の上でのトラブルも増えていますけれど、一方で「アルコールは一切飲まない」という人も徐々に増加傾向にあるようです。
ただ、田舎ではまだまだ冠婚葬祭に酒は欠かせませんよね…
個人的には、何でもやり過ぎず、他人様に迷惑をかけなければOKだと思います
「ほどほどに」というのが難しいところではありますが


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア