老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

外貨建てMMFを売らねば!

えらいこっちゃ!来年から20%も税金がかかるそうです
今年中に売らねば

「2016年1月より証券税制が一部変更になります。大きなものの一つが「公社債投資信託の売却益への課税」です。従来は公社債投資信託の売却益は「非課税」だったものが2016年1月からは「課税対象」になります。大半の公社債投資信託にとっては影響がありませんが、「外貨MMF」を利用している人は場合によっては2015年12月中に年内売却を検討するべきです。
外貨MMFは2015年末までは非課税

外貨MMF(マネーマーケットファンド)は、証券会社でよく利用されている外貨建ての公社債投資信託です。
外貨MMFの商品性などについて詳しく知りたい方は「外貨MMF投資ガイド」もご覧ください。

この外貨MMFは外貨建てなのですが、原則として為替レートの変動による損益が「非課税」になっているという特徴があります。たとえば、米ドルの外貨MMFを1ドル80円のときに購入して1ドル120円の時に売却したとすると1ドル当たり40円の利益が為替差益となります。

外貨預金やFXなどの運用であればこの為替差益は「課税対象」となるのですが、外貨MMFの場合はこの為替差益が「非課税」となっていたのです。

ところが、この税制が2016年1月より変更になり、外貨MMFでも為替差益が生じた場合には20%(申告分離課税・復興特別所得税別)が課税されるようになります。

為替差益が生じている方

2013年くらいまでは1ドルが100円を切る状況が長く続いており、その後のアベノミクスによって大きく円安が進行しており、2015年12月10日現在の為替レートは121円台です。近年の為替レートの推移から考えると外貨MMF投資を数年単位でやってきた人は為替差益が生じているという方が多いのではないかと思います。
そういう方は、一度年末までに一度売却(益出し)をして非課税での為替差益を確定させておくことをお勧めいたします。
今後も引き続き外貨MMFを買いたいという方は売却して、再度購入し直せば良いだけです。
(なお、その際は当日ではなく翌日以降に購入し直すようにしましょう)

為替差損が生じている方

残念ながら、為替の差損が生じているという方は無理に売る必要はありません。
むしろ、2016年以降であれば、、株式投資や投資信託などの売買益などとの損益の通算が可能になります。これによって下部の売買益が生じた時に外貨MMFの為替差損を実現すれば、株式の売却益と為替差損を通算して税金を安くすることができます」(Money Magazine 12月10日より)

民主党時代に購入した米ドル、豪ドル、年内に売るつもりですが、現在はFOMCを前に株暴落&円高進行中…
早いところ、落ち着いてほしいです

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NISAは使いづらいですね

海外のリート投信(毎月分配型)を売却しました。
理由は20%の税金です

実はこの投信には一度泣かされています。分配金受け取り型の分を購入してまもなく、リーマンショックで、な、なんと基準価格が3分の1になってしまい、100円だった分配金も一気に減額されました。
しかし、そこでめげずに新たに買い増しし、ついでに少しだけ分配金再投資型の分も購入して、今までずっと持ち続けてきました。
そして、再投資型は元本の3倍、受け取り型は1・5倍で売却できました。
もうちょっとホールドしたかったのですが、いかんせん、税金で2割持っていかれるのはどうも…

こまちは大暴落の時に果敢に突撃したので、プラスで売却できましたが、担当者によると、リーマンショック前に購入した投信を売るに売れず、じっと分配金をもらっていたものの、税金が20%になり、どうしたものか大勢相談に来ているそうです。
ただ、皆さん痛い目に遭っていますから、新たに投信を購入しようとはなさらないようです
そりゃそうですよね。虎の子の退職金をど~ん!という方が多いのですから。。。

リートで投資を考えた場合、やはり投信のほうが無難だと思いますが、NISAは難しいです。
無税になる100万円枠の中に毎月の普通分配金がカウントされるので、総額で100万円を超えると課税されるとか
実にややこしい上に、複利効果を狙うなら5年ではちょっと足りませんし、リーマンショック並みの大暴落に襲われれば基準価格が一気に下がってしまいます。買い増すにしても、その時に枠が残っているか分かりませんし、また5年という期限がどうも引っかかります。
ということで、既に10万円分だけ北米のリート投信を購入してしまいましたが、基準価格が上がったら即売却して、今後はNISAでは配当のいい株、値上がりの期待できる株にしようかなと思っています
株でもNISAは問題があって、暴落したら損失計上できないんですよね…
NISAなんてもう廃止にして、税率を10%に戻してほしいです

投信にしても、株にしても、高値掴みはしないようにしたいですね。
今年も残りあとわずか…NISA枠が残っている方々、市場の鴨ネギにされないように気をつけてくださいね

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

同僚が投資を始めた!

これまで投資に対して否定的だった同僚が海外のリートを購入しました ボーナスほしさに首相の座にとどまった?菅さんや政治家に愛想を尽かした感があります(´-д-;`)


菅さんのボーナスは強制的に国庫へ返還させてほしいです


企業も日本人へのリストラを加速させていますから、公務員も危機感を持ったほうがいいですね…税金が入らないのに、高額な給料を支払うことができるとは思えません 小学生だって分かることですよねヽ(#`Д´)ノ


先日、事故を起こしたことを同僚に話したら、体が無事でなによりだと思わなきゃダメ こまちさんが入院でもしたら、こっちに仕事が回って来るでしょうが~(゚Д゚)ゴルァ!! と怒られました(爆)


たしかに…この暑いのに骨折でもしていたら、こまちもたまったもんじゃありませんヮ


それにしても、国産車は悲惨な状況です 営業の方は大変です…一生懸命セールスしても納車が1カ月後なんて言ったら、買ってくれません


こまちの担当が年輩の管理職から営業の若い男性に代わっていました 「どっちかというと、おじさんより若い子のほうがいいなぁ~」なんて、こまちは単純に喜んでいたのですが、営業は歩合制なので、管理職の方が配慮してあげたみたいです


日本の若者は常識がないとか、アンポンタンとか、言う人がいますが、しっかり頑張っている人もいます…本当に営業の方を見て、かわいそうになりました


長野県で大きな地震が起きましたね…怖いです(((( ;゚д゚)))


* 小出先生のご見解です…


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=hvmGLZT40HQ


ここで↓↓↓いろいろな投資ブログが見られます 
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ

米経済2番底の危険?

株価が上がっているけれど、失業者は増えています


既にご存知の方も多いと思いますが、
コロンビア大教授が二番底が来る可能性を指摘してます


「世界銀行の元主任エコノミストでノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授は3日、一部メディアとのインタビューに応じ、回復の兆しを見せている米経済について、「住宅差し押さえや商業用不動産向け融資の焦げ付き増加で金融不安が再燃し、二番底をつける可能性が非常に高い」と述べ、景気の先行きに強い警戒感を表明した。
 さらに、「米国は日本と異なり国内に貯蓄が少なく、低金利で国債を発行し続けることができない」と指摘。財政赤字拡大と金利上昇リスクを抱え、「(1990年代の)日本よりも事態は深刻だ」と警告した。
 米大手金融機関の財務については、「時価会計の緩和で不良資産の評価損を計上しなくて済むようになり、損失処理が先送りされた」と述べ、「金融システムに対する信頼は回復していない」と業績改善に懐疑的な見方を示した。
 同教授はまた、米国の相対的な地位低下と世界経済の多極化を受け、ドル基軸通貨体制は終わりを迎えつつあると述べ、「新たな通貨体制をつくるために各国は協調すべきだ」と訴えた」(ニューヨーク時事2009/09/04-15:21)


…アメリカでは銀行の破綻が止まらない


米地銀5行が破たん、年初来の米銀破たん件数は89件に



 [ワシントン 4日 ロイター] 米銀行監督当局は4日、地銀5行を閉鎖した。年初来の米銀破たんはこれで89件となった。


 連邦預金保険公社FDIC)の預金保険基金が負担する金額は、5行合計で4億0130万ドルとなる見通し。


 以下は破たんした5行の詳細。 


 バンタス・バンク(アイオワ州) 資産規模:4億5800万ドル 
                    預金規模:約3億6800万ドル


 インバンク(イリノイ州) 資産規模:2億1200万ドル
                預金規模:約1億9900万ドル


 ファースト・ステート・バンク・オブ・フラッグスタッフ(アリゾナ州) 
                資産規模:1億0500万ドル 
                預金規模:約9500万ドル(2009年7月24日時点)


 ファースト・バンク・オブ・カンザス・シティ(ミズーリ州) 
                資産規模:1600万ドル
                預金規模:約1500万ドル


 プラティナム・コミュニティー・バンク・オブ・ローリング・メドーズ(イリノイ州)
        資産規模:1億4800万ドル(貯蓄機関監督庁(OTS)発表)
              :3億4560万ドル(FDIC推定/09年8月29日時点)


 2008年の米銀破たん件数は25件、07年は3行に過ぎなかった。


 またFDICによると、「問題」行として監視対象リストに含まれる金融機関の数は第2・四半期末時点で416行」(ロイター9月7日より)

景気回復はまだまだ遠いですね~


米大手銀行の破綻が大暴落のきっかけになるのでしょうか
それとも米ドルが???為替の動きも注視していきたいです

銘柄は絞らないと…

こまちには分散投資と銘打って、あれこれとつまみ食いする悪い癖があります


あっちの花がきれい~ こっちの花も素敵~
そんなことをやっていた結果…数は増えるわ、損失も拡大するわ
いくら含み損があるのか計算するのも面倒に(爆)


投信を整理したのも、あまりにも数が多く、証券会社の人に「似たようなファンドをいくつも持っているなんて、管理しきれないでしょ」と指摘されたからです


たしかに、豪ドル債券型ファンドだけで5つもありました…
だったら、一つにしておけ~ということで
今は若干利益の出ている短期豪ドル債のみ、ホールドしています


キャッシュができたので、どんな株を買おうか物色しているのですが、
証券会社の担当者が…


担当者 「投信、やっと整理できて良かったですね
こまち  「おかげ様で、これで株を買えま~す

担当者 「どんな銘柄がいいんですか
こまち  「三菱商事とか、あっ、丸紅もいいですよね
      味の素も下げたらほしいし、日産もコマツも…(・◇・)
      そうそう 三菱重工も魅力的~


担当者 「まさか…たくさん買うつもりじゃないでしょうね
こまち  「買いますよぉ~ ちょっとずつ一杯


担当者 「ダメです
こまち  「…(´-д-;`)…」
担当者 「仕事をしていたら管理しきれないでしょ
こまち  「…はい……」

担当者 「多くても5銘柄までですよヽ(#`Д´)ノ
こまち  「……」


仕事に追われるようになると、それこそ株価どころではなくなるので、ターゲットを絞るつもりです
本当はチョコチョコつまみ食いをしたいんですけど…


しっかり管理できないと、売り時を逃して、結局は損することになってしまいます
こまちは買ったはいいけれど、その後の管理がダメなので、複数回攻撃しても、突撃場所は5か所のみにします


 


 

プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア