老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

銀行神話が崩れた!

オバマ大統領が公的支援を受けている金融機関が社員に多額のボーナスを支給していたことにブチ切れていましたが、日本の銀行にも問題があるようです


今週、外貨を証券会社に送金するために、某大手銀行へ行きました

銀行の外貨預金は保証の対象外であり、また、為替差益に税金がかかってくるので、1か月定期にしていた外貨預金を解約して、証券会社に送金することにしたのです


銀行の担当者は若い女性行員でした。通帳を差し出すとPCで金額を見て、〇〇ドルですと言うので、必要な書類に記入して、会社に戻り、証券会社にその金額を伝えました


すると、その日の夕方、銀行から電話がかかってきて、金額を間違えたと(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
定期の利息を加算していなかったそうで

訂正印が必要なので…と、こまちの会社までやって来ました。
やれやれ…新人のミスだから仕方ないかと思って、しっかりしてよ~と言いながら印を押しました。


すると、翌日、また間違えたと


今度は何かと言えば、1か月定期にしてあったので、自動的に定期は継続されますが、こまちは1か月と数日で解約したので、1か月分の利息はもらえますが、その後は中途解約になるのに、2か月分の利息をつけてしまったそうです


ちょっと待って 一度ならず二度までも
銀行が金額を間違えてどうする
外貨の送金手数料は5000円

高い手数料を取って、初歩的なミスを重ねるとは(*`Д')
「新人のミスはともかく、その後のチェック体制はどうなっているんですか
「申し訳ございません
銀行は平謝り 謝ってもらっても…時すでに遅し


こまちのその銀行に対する信頼は一気に崩れ去ってしまいました 銀行が金額を間違えるなんて、こまちの辞書にはありませんでした 最初に新人が間違えたのは許せるとしても、その後の処理がいけません まったくチェック機能が働いていないと判断されても仕方ないですよね


誰もが知っているメガバンクなのですが、大きいだけに細かいところに目が届かず、チェックが甘くなったとも考えられます
しかし、許されないミスです
証券会社の担当者も「●×銀行さん、大丈夫かな???」と言っていました 早期退職を促すのは結構ですが、新人が束になってかかってもベテランにはかないません


金額を間違えるなどということは銀行にとっては致命傷
リストラより、まずは業務第一ではないでしょうか

スポンサーサイト

虫入りジャム

最近、デパートなどでお歳暮商品をバラバラにして安く売るセールをしています 先日、こまちも北海道産牛乳を使ったプリンを格安でゲットしましたが、その時、一緒にいた同僚が高級ジャムを二つ購入しました


ところが、な、なんと、そのジャムに小さな虫が入っていたのです(つд⊂)ゴシゴシ
同僚はびっくりしてデパートに電話…デパートは即対応してくれたそうです。問題なのはその一件でジャムがすべて製造元に返品されたことなのです


虫が入っているということは、ある意味安全な食品とも言えます。虫一匹入っていないようなジャムはかえって危険なのではないでしょうか


消費者が過敏に反応することで必要以上の農薬が使用されるようになるのでは…こまちはそのほうが怖いのです


皆さんは蜂の入っている蜂蜜でも大丈夫ですか???
青虫のついているキャベツは平気ですか???
台所で青菜から虫が出てきたら、スーパーに苦情の電話をかけますか???


きれいな野菜や果物には目に見えない危険が潜んでいることを消費者が認識しない限り、食品の農薬汚染は出口の見えない闇の中にとどまるのみだと思います


では、現時点でどうすればいいのか…虫が入っていても苦情は言わないから、作ってくれと生産者に直接交渉するしかありませんね


ちなみに、こまちは野菜や果物のジュースやジャムは一切口にしていません。なぜなら、昔、農家から店頭で売れないものを加工していると聞いたからです
もちろん、無農薬ですが、虫一匹入らないように細心の注意をして、加工している業者もおられるかもしれません…

なんにしても、消費者の目が問われる時代になりましたね

頑張るコンビニのお兄さん

コンビニ業界は浮き沈みが激しいと思いますが、こまちの近くに元気なコンビニのお兄さんがいます


35歳くらいで、オーナーから店を任されている雇われ店長 
だけど、彼が来てからお客が倍増 オーナーもホクホク

彼はサービス業に向いているんです。まず、笑顔がいい、そして、しつこくなく、かといって、そっけなくもない…この辺のところって難しいですよね


先日、コンビニ本体から営業指導の方が来ていて、その人はかなり上の幹部なのですが、完全に「お客様は神様です」という対応でした
両手を重ねておつりを渡すというように…そこまでしなくても 
こまちには店長の対応のほうが自然で好きです

日本人はサービス業に対する見方が厳しいです。馬鹿丁寧な態度をされると、ちょっと引いてしまい、あまりに他人行儀な、形式的な文言を並べられると、お客をなめてんのかと思ってしまいます


サービス業に向いている人じゃないと、コンビニの店長は務まりませんね 他の業種でも同じ…派遣切りに遭った人のために求人を出してくれた居酒屋がありましたが、果たして何人残るのか


知人の知り合いで早期退職をした人がいますが、彼がやっと見つけた仕事がスーパーの苦情受付係…近年モンスター化している客の扱いは大変で、胃が痛くなる毎日だそうです


適材適所、自分の性格に合った職で食べていける人は幸せですね

農林漁業に希望者殺到!

農林漁業への就職を希望する人が増えているそうです


「農林水産省や関連団体が、派遣切りなどの雇用問題に対応するため08年12月24日に設けた窓口への相談件数は、20日までで3000件を突破した。後継者不足に悩む農林漁業にとっては、不況の深刻化が思わぬ「追い風」となっている形で、この機会に人材を確保しておこうという農業法人や林業組合などからの求人も1900件近くに達している。

農水省は雇用問題への緊急対策として、本省や全国7カ所の地方農政局、39カ所の農政事務所などのほか、都道府県や関係団体なども常設の窓口を設置し、就労希望者を対象に相談会などを開いている。同省の集計では、これらの窓口に20日までに寄せられた相談件数は計3149件で、希望職種は林業が最多で農業、漁業の順という。求人は林業855件、農業837件、漁業195件の計1887件に上る。

就農希望者をあっせんするため、全国農業会議所(地方の農業委員会の全国組織)が常設している全国新規就農相談センターも、8~21日の相談件数は258件で、通常の2倍程度のペースになっている。これまでに23の農業法人に就職が決まった47人は、すべて家電メーカーで「派遣切り」に遭った人など失業者だった。昨年末に100人規模で求人した日本養豚生産者協議会によると、今月23日までに応募した88人の2割近くが派遣を打ち切られた人だという」(毎日新聞1月24日より)


食糧危機が懸念されるなか、日本は食糧を自給自足できる国にならなければいけません。そういう意味で、希望者が殺到することはいいことなのですが、都会とは全く違う農村漁村での生活に若者が耐えられるかどうか…


テレビもPCもなければ、ないなりに快適な生活を送れるとは思いますが、こまちは定年までは田舎に帰りたくありません

「大阪市で9、10日に開かれた全国森林組合連合会の相談会には、昨年より8割多い1254人が詰めかけた。同連合会は定期的に就職相談会を開いているが、「今年は農林業に縁の薄い文系学生の就労希望も増えている」と話す。
新規就農者数はバブル崩壊後の90年代も増加傾向を示したが、03年に8万人を突破した後は横ばい状態で、引退する高齢者の穴を埋められない状態が続いている。農水省は「就労希望者を農山漁村に定着させることが今後の課題」と話している」(毎日新聞前掲より)


若者のパワーに期待です

地銀も苦境に…

いよいよ金融機関が瀬戸際に


徳島銀行と香川銀行が経営統合することになりました。


「[東京 26日 ロイター] 香川銀行<8556.T>と徳島銀行<8561.T>は26日、2010年4月1日をめどに銀行持ち株会社を設立し、経営統合すると発表した。地域経済の縮小などから経営環境が厳しくなるなか、統合によって収益基盤の強化を図る。
両行は統合準備委員会を設置し、持ち株会社の概要など具体的な協議及び準備を進める。本部機能は最大限持株会社に集約し重複を排除することでコストメリットを追求するほか、組織・人材の融合により経営を強化する」


香川銀行の損失は大きいですね


「香川銀行(本店・高松市亀井町)は16日、08年12月末時点で、保有する有価証券の評価損35億4600万円を計上したと発表した。10~12月期に新たに21億6900万円増えた。昨年秋以降の米国発の金融危機の影響で保有する株価などが急落したためだ。
同行によると、35億4600万円のうち、株式によるものが4億7900万円で、投資信託などの金融商品によるものが30億6600万円」(毎日新聞1月17日より)

信用組合も苦しいです


「全国信用協同組合連合会(全信組連)は26日、全国5つの信用組合に対し、資本支援を検討していることを明らかにした。支援規模は計50億円程度になる見通しで、年度内に注入する。不良債権処理や金融市場の混乱などで悪化した信組の財務基盤を強化するのが狙い。
 支援するのは、かみつけ(群馬県高崎市)、城北(東京都文京区)、半原(神奈川県愛川町)、三河(愛知県蒲郡市)、滋賀県(滋賀県甲賀市)の5信組。このうち城北は、中ノ郷(東京都墨田区)と合併に向けて調整している。全信組連は今年度、既に仙北(宮城県栗原市)に対し資本支援を実施している」(時事通信1月26日より)


これから続々とこういうニュースが出てきそうです


地銀や信用組合、信用金庫は中小企業にとってなくてはならない存在だけに、統合や合併によって、企業への融資が打ち切られることのないように願うばかりです


大手銀行も合併の危機かしら
東京三菱UFJ銀行がみずほ銀行と合併なんてことになったら、名前をどうするんでしょうか

笑うに笑えない!

森山中のイベントに来たのがたった15人だったそうで


「お笑いトリオ・森三中の村上知子(29)が24日、都内でダイエット本「村上知子のカロリーオフレシピ」(1000円)PRイベントを行った。昨年12月の発売から1か月で5万部を突破するヒット…のはずだが、この日の観客はわずか15人ほど。ガラガラの会場に「こんなにきて下さってうれしい、ってこれが現状です。(当初は)150人限定ですが、さらに限定させていただきました。私のファンは山奥にいる」と自嘲気味に笑いを誘った。イベントには森三中の大島美幸(29)も応援に駆けつけた」(スポーツ報知1月24日)


森山中はやせるレシビ本とかを出しているんですよね
でも、100キロが80キロになったところで、ダイエット効果を見にわざわざ会いに行くでしょうか まあ、50キロ減とかいうんだったら、大阪のおばちゃん辺りが話のネタに行ってくれるかもしれませんが


松坂慶子はずいぶんふくよかになられましたが、彼女が1か月で5キロ痩せたなんてニュースが流れたら、野次馬が押し寄せれるかもしれません。いつの世も美人は得ということかしら…

テレビ業界も不況ですし、これからはタレントのイベントには人は集まらなくなるかもしれません…時代の流れですね

何でもあり?

またまた食品偽装…今度は鰹節
偽装しようがないと思いきや、笑うしかありません


先日、ブログに豚肉の話を書きましたが、同僚によると、なんと、魚も危ないそうです 奇形は豚に限ったことでなく、魚にもあって、中国辺りではかなりの量らしいです(((( ;゚д゚)))


奇形の魚は本来は廃棄すべきなのですが、それを日本の某食品会社が一括してタダ同然で購入し、加工して日本国内に流通させているとのことです
おにぎりの具の鮭…これなどは奇形であっても消費者には分かりません


恐ろしや~ その業者は港に薬漬けにして数年置いてある中国産の山菜などを平気でお弁当のおかずとして販売しているとか('A`|||)


お昼休みにコンビニのおにぎりにパクついている同僚がいました…


こまち 「ねえ~ 子供ほしいんだったら、
     コンビニのおにぎりは食べないほうがいいわよ
同僚A 「アハハ~ 何をおっしゃるウサギさん
     お昼に2個食べるくらいは大丈夫でしょう
一同  し~ん… … … …
同僚A … ←おにぎりを持っている手が止まる

同僚A 「えっ そんなにヤバいの?」
同僚B 「…と思うけど
同僚C 「デパートとかのお惣菜もやめといたほうがええよ
同僚B 「別に子供とか作らないんだったら、
     何を食べてもいいでしょうけれど
同僚A 「そんな 癌も嫌よ~ 末期は痛いんだって


同僚Aは大阪人、そうは言いつつ、全部完食(゚∀゚)アヒャヒャ
奇形の豚や鮭を食べたら、人体に悪影響が出るのかどうか、まだ明らかではありませんが、食べないに越したことはありませんよね


中国で回収餃子を横流ししていたそうな…
元祖何でもありの国、中国ならではですね
日本産も怖いですが、中国産はさらに怖い('A`)
石橋を叩いて渡りましょう

希望退職というけれど…

アメリカではマイクロソフト社が5,000人を削減、ドイツでは半導体メーカーが破産申請…市場は猛吹雪です


日本も例外ではありません…

ソニーが業績悪化に伴い、希望退職者を募るそうですが、この「希望退職」という言葉…こまちは嫌いです

なぜなら、それは多くの場合、「希望退職」ではなく「強制退職」だからです
まず、ターゲットになるのは退職間近の管理職…


同僚の知人は某大手会社の管理職でした。定年まで、あと数年…
ある日、人事部長に呼び出されて、「非正規社員も首を切られているのだから、当社が苦しいのは分かっていただけますね。ついては、退職金を××円増額しますので、早期退職を希望されてはいかがですか? そうでない場合、〇〇支店で営業をしていただくことになりますが」というようなことを言われたそうです

彼は営業などしたことがありません。また、PCなどは部下に任せていたので、まったくできません。しかし、無遅刻無欠勤で業務に徹してきました それが突然、管轄外の営業とは…


企業が一番に切りたいのは中高年の事務職 それでも特殊な資格を持っている人は難を逃れられるでしょう…でも、そうでない人は

それで、彼は早期退職しました。が、再就職先がなかなか見つかりません 考えてみれば、大手企業にいた管理職の人間を誰が雇うでしょうか 彼自身はそうでないと思っていても、中小企業にすれば、長年管理職という地位に胡坐をかいていた人間はプライドが高く、PC入力もろくにできない…
そういう人よりも、何も知らない若い人のほうが教育しやすいし、使いやすい…


60歳くらいで、もし、早期退職をした場合、夫婦二人で80歳まで生きるとして、いくら必要でしょうか…同僚に聞いたら、1億円だと もちろん、それぞれの生活水準もありますが、それくらいないと安心できないと言っていました…


では、数千万を1億にする方法は 
投資しかありませんよね。でも、これも一攫千金を夢見ると、とんでもないことになってしまいます…

病気になったら、あっという間にお金は消えますからね~ 
一方、雑草は強いです 掃除だろうが、書類整理だろうが、何でもしますという人が生き残っていけると思います


仕事が見つからないけれど、蓄えのある人は、まずは、欲をかかずに、焦らずに、じっくりと投資していくことが大事だと思います。 こまちも体が丈夫じゃないので、明日は我が身…将来がとても不安です。でも、不安感ばかりに囚われていても、何のプラスにもなりませんので、市場を冷静に見て、ここぞというときに投資していきたいです


 

変な風邪が流行っている…

数日前、変な風邪を引いてしまいました 
熱はないのですが、胃腸に来る風邪で、突然、はき気に襲われたりします
同僚は1週間鼻水が出て、その後発熱 また、別の同僚は夜中に激しい寒気がしたと思ったら、朝、高熱でダウン


なんだか、風邪のオンパレードですね(・◇・)ゞ 
電車の中もマスクをしている人が多いです… 
こまちは京都で仕事をしているだけなら大丈夫なのですが、
大阪へ行くと必ず何らかの病原菌をもらってしまいます


環状線は避けているのですけれど、ターミナル駅の人込みでもらってしまうんでしょう。゜(´Д`)゜。しばらく、大阪の仕事はないので、今のうちに免疫力をつけなければ


うがいや手洗いを慣行しているのですが、やはり免疫力勝負ですね とはいっても、いろいろな風邪を引けば、体内に抗体ができるから、インフルエンザに強くなるという説もあるので、引いてしまった場合は、観念して、こじらさないように、人様に移さないように、しっかりと治したいと思います

欧州大丈夫 !?

昨日はオバマ大統領誕生でご祝儀相場と思いきや、大風邪を引いた欧州がカウンターパンチをくらわした感じですね


オバマさ~ん、市場は大変なことになってますよぉ~ あなたの国のせいで~ だから、しっかりと肝に銘じて市場を立て直せ~ということでしょうか


今も欧州は低迷していますが、アイルランドの不動産王が拳銃自殺しました


「英紙タイムズ・オンライン版は20日、アイルランドの不動産王パトリック・ロッカ氏の遺体がダブリン近郊の自宅で発見されたと報じている。報道によると死因は拳銃自殺とされている。ロッカ氏は英国の不動産へ巨額の投資を行っていた。住宅不況を苦に自殺に追い込まれた可能性もある」(為替ニュース1月21日より)


かつて、不動産王と呼ばれた日本の演歌歌手もバブル崩壊で借金王となりましたが、彼はたしか完済したはず…
アイルランドの不動産王は一生働いて返せるような金額じゃなかったんでしょうね


オバマ大統領就任でアメリカばかりに目がいってましたが、欧州も心配です
トヨタショックは欧米にも及んでいて、同僚の知り合いも失業してしまったそうです 世界中に工場を持っていますから、影響大ですよね
そうとう解雇しているみたいです。それこそ速やかにワークシェアリングを導入しないと企業イメージが悪くなります


こまちはトヨタやキャノンの株は持ちたくないし、同僚もトヨタと聞くだけで嫌だと言っています。日本人だけでなく外国人までも
中小企業を痛めつけ、一生懸命働いていた従業員を、派遣というだけで有無を言わさず解雇したツケは大きいですね…

優良中小企業が倒産したら、日本はおしまい
欧州も瀕死の状態… 中国も農民工暴動危機…
もはやアメリカに期待するのみです

上海万博に暗雲が…

もうすぐオバマさんが大統領になるのですが、今のところ市場は反応なし、というか株価、下げています。朝になるまでご祝儀相場になるのか、洗礼相場になるのか、分からないので、中国ネタにしたいと思います(・◇・)ゞ


2010年に上海万博が行われますが、それによる株価上昇はあまり期待できないかもしれません


「2009年1月18日、米紙ロサンゼルス・タイムズは、米国が2010年に開催される上海万博への出展を取りやめる可能性が高いと報じた。金融危機の影響で資金繰りがつかないという。環球時報が伝えた。

深刻な金融危機にある米国は、パビリオンの建設費用に頭を悩ませている。建設責任者によると、4月までに8400万ドル(約76億円)を集めなければならないが、いまだ目処は立っていない。このままでは出展取りやめという事態も起こり得るという」
(Record China 1月19日より)

まだ1年以上あるので、出展する可能性もありますが、市場に北京五輪ほどの効果があるのかどうか???


それにしても、中国富裕層は羽振りがいいですね


「去年のクリスマスに、中国人の億万長者がシャルル・ド・ゴール国際空港内の免税店で4.6万ユーロ(約585万円)のワインを購入、空港のワイン売上額の最高記録を樹立した。また、別の中国人観光客が同空港の免税店で2.3万ユーロ(約293万円)のワインを購入しました。


これに対し、フランスメディアは中国では仏製品の不買運動が起こっているのに、仏製の高額ブランドワインを購入した“中国人富豪”は何のためらいも感じないのだろうかとの冷ややかな反応を示した」(Searchina 08年12月26日より抜粋)


日本の成金もかつて世界の名品を買い漁りましたが、成金というのはどの国でも同じようなことをするんですね


昨日でしたか、オバマさんがボランティア活動をされていましたが、成金さんには奉仕の精神はかけらもないようです( -д-)


上海万博はごく一部の人だけを儲けさせ、中国国内の格差を広げ、紛争の火種を作るだけじゃないでしょうか 現時点では上海万博を機に中国が急成長するとは思えないのですが…

明暗を分けたローンの有無

今までブログで何回かローン問題を取り上げてきましたが、ここにきて、ローンで苦しむ人が増えてきています


同じ給料をもらっているのに、明るい顔と暗い顔…この差はローンの有無にあるようです リーマンショック以前に描いたシナリオが一気に崩れ、残ったのが重いローン負担…とくに住宅関係が大変です。不動産価格の下落で、売るに売れない


5~6年前のことです。こまちの田舎では新築一戸建てブームが起きました。田舎にありがちな「~さんが家を買った、~さんも家を買った、だから、私も」という感じで我も我もと


もちろん、「ローンの恐ろしさ」を知っている人はローンを組んでまで買うくらいならボロ屋のままでいいと頑として動きませんでした。「皆、家を買っているのに買わないのか?」と嘲笑されたりもしましたが


「皆」という言葉は落とし穴です
日本人は「皆」という言葉に弱い… 
だから、銀行も証券会社も盛んに「皆さん、買っておられますよ~」「皆さん、損しておられるんですから、大丈夫です」などと、よく言います。こまちは「私はその皆さんと反対のことをするようにしているんです」とからかってやりますが


ともあれ、今やローンで家を買った人はにっちもさっちもいかない状況になっています 60過ぎの老夫婦が家を建てるケースが多いので、理由を聞いたところ、子供夫婦と折り合いが悪くなり、結局、年よりのほうが出ることになるのだそうです 口うるさい田舎ですから、いい歳をして市営住宅は…まぁ見栄ですね。


企業のリストラはまだ止む気配はなく、中小企業の倒産も相次いでいます 失業者で溢れているところに住宅ローン難民までやってきたら、一体どうなってしまうのでしょうか…

テレビ局のリストラ加速!

「たかじんのそこまで言って委員会」で取り上げられていましたが、くだらない番組ばかりを放送してきた民放各局もいよいよ追い詰められたみたいですね


民間企業並みに廊下の電気を消したり、節約、節約のオンパレードらしいです。そんなことをするより、社員の給料を削減すればいいのに


みのもんたの「動物奇想天外」をはじめ、3月末で終了する長寿番組もぞくぞくと それに伴い、高額ギャラをもらっていたキャスターも崖っぷち…
もともと、どうでもいい内容の番組だったのですから、高額のキャスターは不要なわけで…


3月末までに、どのくらいのリストラが行われるのか、注目ですね まあ、くだらないのでほとんど見ませんが、全く無視すると、周囲の話題についていけないところもありますし、ときどき覗いています


気になるのはCM、優良企業が撤退し始めているので、サラ金、パチンコ、外資系保険会社のが目立ちますね
驚いたのは細木数子のCM こんなのを流しているようじゃ、
民放も終わりです

テレビで占いを流しているのは日本くらいなもので、朝、横一列で占いを放送するのも問題なのに、CMまで


お金がないなら、低俗な番組を作るより、かつて評価を得ていたドラマの再放送や映画のほうがましじゃないかしら


大食い、温泉、クイズ番組、占いはもうやめてほしいです

うなぎより怖いコンビニ弁当

中国産のうなぎから農薬が検出されました


「中国産ウナギを回収命令 基準値3倍の農薬検出

千葉県は15日、中国産の活ウナギから基準値の3倍に当たる農薬の有機塩素系殺虫剤ジコホールを検出したとして、千葉県成田市の輸入業者「丸勝」(西勝光治代表取締役)に対し、輸入販売したウナギ1500キロの回収命令を出した。(中略)
ジコホールは果樹や野菜に付くハダニ類の駆除に使われており、大量に摂取すると吐き気や知覚異常、肝障害などを引き起こすという」(共同通信2009年1月15日より)


土にもぐる貝やウナギは危険で、とくに中国産は…


けれど、もっと怖いのがコンビニ弁当


西日本新聞社発行の『食卓の向こう側』によると、福岡の養豚家が、餌代を浮かせるために廃棄になったコンビニ弁当を毎日3kg与え続けたところ、死産が相次ぎ、生きて生まれた子豚も奇形もしくは強弱体質で早死、透明なはずの母豚の羊水はコーヒー色に濁るなどの現象が見られたそうです


そして、さらにさらに恐ろしいことに…

イオンは30日、売れ残った食品を再利用した飼料で育てた豚肉を、関東地区の「ジャスコ」と「マックスバリュ」の計55店舗で6月から販売する、と発表した。
千葉県内の25店舗から出た廃棄食品を、肥飼料製造会社のブライトピック千葉 (千葉県旭市)が飼料化。
これで育てた豚肉を週約10トン販売する計画。価格は通常の国産豚肉と変わらない。

イオンは30日、事業者に食品廃棄物の再利用を促す改正食品リサイクル法に基づく 初めての「再生利用事業計画」の認定を政府から取得。モデル事業として、順次全国へ拡大する方針だ」(スポニチ2008年05月30日より)


もしかすると、すでに奇形豚は庶民のお腹に入っているかもしれません… 


コンビニのお弁当もおにぎりも、凄まじい量の薬を使っています。保存料を一切使用しなければ、おそらく、すぐに悪くなってしまいます。臭いが変、腐っている、食中毒になった、そんな苦情はコンビニにとっては致命傷になりかねません


薬は摂取してすぐに害が出るものではありません。数年後に肝臓癌になったとしても、その原因がコンビニのお弁当だとは誰も思わないでしょう


スーパーの食材も安全とは言えません。こまちは肉は食べないことにしていたのですが、●×高原の国産豚ソーセージを買ってみました。ちょっとだけ食べて、美味しくなかったので、残りは冷蔵庫に入れてありますが、10日経っても変わらず… これもきっと薬漬けでしょうね


あれもダメ、これもダメでは、食べる物が無くなります。だから、コンビニのお弁当も、食べたい人はたまには食べてもいいんじゃないでしょうか
ニュースにはなっていませんが、コンビニよりファーストフード店のほうが怖いかもしれません ハンバーグなんてミンチにして味をつけてしまったら、分かりませんから…


面倒でも、自分でご飯を炊いて、おかずは自分で作る、それでも避けられない汚染は仕方ないとあきらめるしかありませんね

日本とアメリカ、どっちが危ない?

米国債が暴落するのでは?アメリカが新通貨を導入するのでは?などと恐ろしい話が出てきています 長期ホールド、静観を貫いているこまちも、米ドルが心配になってきたので、某証券会社の担当者に聞いてみました


こまち  「米国債の暴落が心配なんですが
担当者  「米国債ですか~ 
      その前に日本の国債がアウトでしょ 
      日本国債が危ないなんて話、
      ずっと昔からあるでしょう(・◇・)ゞ」
こまち  「…ですね
担当者  「円が強いって言っても、それは日本の国力を
      反映しているものではありませんし
こまち  「…ですよね


たしかにアメリカの心配をしている場合じゃありません
選挙のことしか頭にない政治家、首相が簡単に辞める国、投資家に不利な制度、これじゃあ、外国に相手にされません


それでも、資源があればいいけれど、資源はなし
人的資源はというと、輸出企業は国内での人材育成は放棄したようなもの、案の定、学生の希望職種で自動車各社はランクを落としています
たしかに優良・成長企業はありますけれど…


外国人投資家がアメリカと日本、どちらかの国債を買うとしたら、どうするでしょうか 同僚の外国人は国債もリートもアメリカだと言っていました。
こまちは日本人なので日本と言いたいところですが、10年後を考えたときアメリカのほうが明るいと思うのです
もちろん、清き一票を投じて日本を変えたいですが、腐敗している政財界、マスコミを見ると一朝一夕にはいきませんね 


で、問題の米ドルですが、円安到来までキープすることにしました

甘い話にご用心!

短期間で儲けられる!そんな旨い話があるでしょうか


これは詐欺かもしれないと思っていても、実際に身近に「セレブなあなただけに」とか「他の方にはお勧めしないのですが、あなただけに」などと言われて、再三勧誘されると、ついつい投資してしまう人が多いようです


昨夜、テレビで放送されていたので、ご存知の方もおられると思いますが、こんな事件が取り沙汰されていました


「外国為替証拠金取引(FX)で運用するとして出資金を集めたまま昨年11月に配当を停止し、代表者が行方不明になっている「アライド」(大阪市中央区)について、大阪府警と高知県警は15日にも、同社本社など関係先を金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で家宅捜索する方針を決めた。両府県警は同社が全国の数百人の顧客から数億~十数億円を集めたとみている。


ホームページ(閉鎖)によると、アライドは07年6月に設立。同社は昨年11月以降、顧客への説明がないまま配当を停止しており、両府県警は詐欺容疑も視野に、資産運用の実態について捜査する。


 両府県警などによると、同社は07~08年、国に金融商品取引業の登録をせずに、「1口10万円で金額に応じて2~5%の配当を毎月払う」などと顧客から投資を募り、それを元手に外貨を売買する資産運用業を営んだ疑いが持たれている。


高知県立消費生活センターなどによると、高知市に勧誘の窓口になっていた別会社があり、昨年10月までは毎月10日に配当が振り込まれていたが、顧客から11月以降、「配当が止まり、代表者と連絡が取れない」との相談が相次いでいた。関係者によると、大阪市の本社事務所も同月閉鎖されたという」(朝日新聞1月15日より)


民放テレビによると、1,600万円も投資してしまった女性もいるとか  株価低迷のこの時期、百戦錬磨の投資家でさえ、焦って10万を100万にしたいという衝動にかられる方もおられます。ですが、ハイリターンの陰にはハイリスク有りです


自分だけは大丈夫と思っていても、知らず知らずのうちに相手のペースにはまってしまうことがあります('A`)


FXだけでなく、個別株も危ないです
こまちは個別株はしていませんが、なさっておられる方はグッチーさんのブログをご一読ください →グッチーさんのブログ


一攫千金を夢見たいですが、世の中、そう甘くはありません
株価低迷の時期は詐欺が横行します
ここは、騙されないように、安易に資金を投入しないように、
石橋を叩いて渡りましょう


 

中国23億人大移動

中国では23億人が大移動を開始します






「今月26日からの春節(旧正月)を前に、中国の鉄道などで11日から、「春運」と呼ばれる帰省ラッシュに対応する特別輸送態勢が始まった。

今年の「春運」の実施期間は2月19日までの40日間で、国家発展改革委員会によれば、この期間中に前年より3.5%多い延べ23.2億人が移動する見込みだ。うち、鉄道の利用者は前年比8%増の1.88億人、水路は同8%増の3100万人、空路は同12%増の2420万人、道路は同3%増の20.7億人に上るとみられる」サーチナ(1月12日より)

 

中国では春節を機に、大リストラが行われるのではと言われています。日本もお正月前に大量のリストラが強行されました


企業側は里帰りを一つの首切りタイミングと捉えているのでしょうか これはむごい仕打ちだと思います。農村で首を長くして待つ家族にお土産を携えて帰ろうとする農民工にリストラという手土産を持たせるとは…

 

春節明け以降、リストラされた農民工などの暴動が危惧されます。全国各地で続発した場合、政府が抑えきれるのか… 
中国の治安悪化は株価暴落の新たな引き金になるかもしれません

 

日本も迅速に政策を打っていかないと、中国と米国のはざまで、にっちもさっちもいかない状態になりかねません

なのに、まだ「給付金」がどうのこうの(*`Д')…

審議するのしないの 選挙のことしか頭にない二世議員

税金の無駄遣いだゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

この国で一番平和ボケしているのは政治家ですね

 


 

物価、上がってきていませんか?

最近、物価がじわじわと上がってきているような…

こまちの金銭感覚がおかしいのかと思って、同僚に聞いてみたら、皆、上がってると…( -д-)
今日見たデパートのお弁当は普通サイズで700円~1,000円くらい、そして、安いのは量が少ない

パンが高くなったと思っていたのですが、今や500円のお弁当も探すのが大変 もちろん、100円ショップへ行けば、それなりのお弁当をゲットできるかもしれませんが、ちょっと怖い…


デフレ、デフレなんてマスコミでは言っているけれど、目に見えないところで徐々にインフレが進行しているような気がします それで、沈黙しているマスコミが騒ぎ出したときは時既に遅しなんてことがあるのでは


現在の流れは現金保持ですよね。けれど、インフレのスピードに対応できる金利なのか…


投資はリスクを伴うけれど、何らかの理由…たとえば親の病気、事故、会社の倒産などで、今貯蓄してある現金に手をつけたら、それはあっという間に消えてしまうような気がします('A`|||)


もちろん、ずっと何事もなく平穏無事に働いて高額の給料を得られる人もいます。しかし、人生、何が起こるか分かりません 最悪の事態に備えて、大事な大事な現金はキープしつつ、節約して資金を捻出し、少額でも投資に回していきたいです

必ずや利確しましょう!

トリシェECB総裁が「新興国も含めて2009年の世界経済の減速は顕著になる、2009年において主要国はネガティブな経済指標の結果を目の当たりにするだろう」(為替ニュース1月12日より)と発言したそうです。


しかし、相場は誰にも読めません
市場は投資家の予想を超えた動きをします。
ということは、爆上げがないとも言えません

今が踏ん張りどころ
悲観的な見方に左右されず、低迷が続くのなら、時を味方につけ、いつか必ず利確しましょう.。゚+.(・∀・)゚+.゚

成長したミニタコを侮ることなかれ



自分で顔に注射 !?

しわ取りのために、インターネットで薬を購入し、自分で顔に注射した人が大変な目に遭っているそうです


以下、毎日新聞(1月10日)より抜粋


「神奈川県内の女性(36)は04年春ごろ、美容クリニックでこの注射を受け、口の両脇のしわに注入して約8万円払った。その後、費用がかさむため、ネットの掲示板で話題になっていた自己注射に興味を持った。

クリニックで使用していたものと同じメーカーのヒアルロン酸を、香港の輸入代行業者を通して1個約2万円で2個購入。備え付けの注射器を使い、掲示板の体験談などを基に07年12月、自分のほおや目の下に注射した。

「失敗しても半年で元に戻る」と考えていたが、2、3カ月後、注射した部分の一部が膨らみ、しこりになった。クリニックでヒアルロン酸を分解する注射を打ったがしこりはなくならず、その後、皮下にひきつれが起きる「異物肉芽腫症」と診断された。完全に元に戻すことは難しく、女性は「すごく後悔している」と話す。

香港の業者は「日本からは月に100件ほど注文があり、ほとんどは個人だと思う。医師の処方せんに基づいて使うという前提で販売しているので、自己注射に関する質問には、医師に相談するよう勧めている」と話す。

百束教授は「ネットでは自己注射の利点ばかりが強調されるが、後遺症に加え、注射によるショック死の可能性もある。水面下にはたくさんの事故例があるのではないか」と警鐘を鳴らす」


韓国ではウォン安で従来50万だったのが20万で整形手術を受けられるようになり、手術を受けに行く日本人がかなりいますが、一方で、失敗例も多いです


しわ取り注射も失敗すると、顔の皮膚が一気にたるんでしまい、ブルドックのような見るも無残な状態になってしまうそうです。
その顔は扇風機と呼ばれています(((( ;゚д゚)))
皮が風でブルンブルン揺れるからだとか


整形医も失敗することがあるのに、自分で注射など…
誰でも年は取りたくないし、いつも若く美しくありたいです
だけど、俳優やタレントでなければ、年相応の顔でいいんじゃないでしょうか…整形した顔って、どこか不自然ですよね


どうしても整形したい場合は、お金がかかっても、きちんとした病院でやってもらわないと、取り返しのつかないことになってしまいます


散々お金をかけて、最終的に整形する前のほうが良かったなんていったら、笑い話にもなりません

陣内さん、プライド捨てないと…

某民放テレビ局で、ギャル曽根が高速道路のサービスエリアを大食いして渡り歩く番組を放送していました

また大食いものか…と思って見ていたら、なんとギャル曽根のお付き役に突然陣内さんが現れました スタートから、無名に近いお笑いタレントが代わる代わる出てきて、それで、陣内さん登場…う~ん、ここまで落ちたか

で、陣内さんのコメントが実に見苦しかったです
ジョークのつもりか、「スッピンのギャル曽根は坂田師匠みたいだ」「俺の奥さんはやっぱり美人だ」とか言った後…

これって人気企画なの? 俺、全然楽しくない!
食えって言わんでも食いよるし!


「何で、ギャル曽根の使い走りをやらなきゃいかんのやぁ~」という気持ちがありありと出ていました


だったら、仕事を引き受けるな
見ているほうも引きましたよ(TДT)

彼としては、痛くプライドが傷ついたんでしょうね…
これで、ギャル曽根のお供の仕事も来なくなるでしょう。
削除されたコメントもあったようですし

芸能界というのは浮き沈みが激しいですね
紀香さんと結婚した当初は飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに
一度、大風呂敷を広げた人が謙虚になるのは難しいと思いますが、陣内さんの器の小ささが際立ち、ギャル曽根の大食いもかすんで見えました


陣内さんは無職になっても、女房の稼ぎで食べていけるから、いいのかしら
紀香さんも年を取ったら、普通のおばさん…
しっかりしないと、10年後に「あの人は今」に取り上げられるようになるかも(・◇・)

農水省の「田舎で働き隊」

農水省が「田舎で働き隊」を昨年12月末から募集しています


「農林水産省は、農山漁村で働く人材を都市から地方へ派遣する事業を08年度中から始める。派遣の期間は最大1年間だが、若者や失業者に地域の新たな担い手となってもらい、その中から農林水産業の後継者を発掘したいという狙いがある。雇用情勢が悪化する中、失業者に就業機会を提供する側面もある。旅費や手当の助成に、08年度2次補正予算案と09年度当初予算案に計12億円を計上している。【工藤昭久】

事業の名称は「田舎で働き隊!」。2月16日まで、「仲介役」となってくれる特定非営利活動法人(NPO)や大学、農漁協、森林組合などを公募している。

仲介役となる組織は、農業、漁業に関心を持つ学生や定年退職者、専門技術者らを募集し、地方の市町村や第三セクター、現地で活動するNPOなどの職場に送り込む。08年度中は10日程度の短期派遣を約800人、09年度は1年を限度にする派遣を約50人仲介することを計画している。働く場を失った非正規労働者らの農村への転身にも期待する。

農山漁村での具体的な業務内容としては、グリーンツーリズム(滞在型農村観光)や都市・農村交流イベント▽農産物直売所▽農林水産物の加工▽棚田の保全活動--などの企画・運営・手伝いを想定している。

農山漁村は若者の都市への流出が進み、地域の活性化を担う人材が不足している。地域活性化を目指した都市との交流イベントなどが最近は増えたが、イベントや直売所の運営ノウハウやビジネス感覚を持った人材の確保が大きな悩みだ。

一方、都市部にも田舎暮らしを希望する人はいるが、農山漁村に安定した就業の機会がないことがネックになり、移住者の数は限られている。農水省は「農村に定着する若者らが増えてくれたら」と期待を寄せている」(毎日新聞1月9日より)
募集の具体的な内容は→農林水産省


日本のお米は海外では評判がいいので、中国などの富裕層に高く売れるのではないでしょうか 一朝一夕にはできないことですが、消費者は国産の食品を望んでいますし、田舎は過疎化が進んで、老人ばかり…
今、外国から穀物の輸入ができなくなったら、日本人は飢餓地獄に陥ってしまいます 遺伝子組み換え大豆が怖いといっても、アメリカの大豆のほとんどが遺伝子組み換え 


農水省の「田舎で働き隊」は自給自足に向けての第一歩 
優秀な人材が活躍できる政策をどんどん実施していってもらいたいです 

中国に食人鬼出現!

夕刊フジ(1月9日)によると、中国・広州で男が女児の遺体を8つに切断し、それを「火鍋」にして食べたそうです


昨日、酢入りカレーの話をしましたが、酢入りどころか人肉入りなんて 中国は何でもありの国ですが、ここまで来たら、チャイナフリーを断固として敢行しなければなりません(*`Д')


以下、夕刊フジより抜粋
「男は張と名乗る30代の人物で四川省出身。工場に勤務していたが、逮捕時は失業中。女装し、徘徊する等の異常な行動をし、戦争映画にも熱中。自宅前で刃物を振り回す等、粗暴な一面を持っていた。


ある住民は男が「人肉はとてもおいしく香ばしい」などと語っていたと証言している。冷蔵庫には女児の頭部と解体された複数jの肉片が見つかった。

現場近くでは、これまでにも多数の児童が行方不明になっており、警察は連続食人事件の可能性も視野に入れて捜査している」


食品の偽装事件は日本でも日常茶飯事になりつつありますが、人肉とは…
江戸時代や戦中に餓死寸前に追い込まれた末、人肉を口にしたという話は聞いたことがありますが、この男は鬼畜同然、恐ろしいことです

どんなに貧しくても人間でありたいです
中国だけが特別とは思えません。こういう異常な犯罪は、欧州でも日本でもありました。ただ、今、人間のあるべき倫理・道徳観が崩れつつあるような気がするのです。肉はミンチにして味をつけてしまえば分からなくなります。デパートで売られているハンバーグとかコロッケは大丈夫でしょうか


何でもあり 混ぜてしまえば分かりません(((( ;゚д゚)))
恐ろしい世の中になりました
お肉は嫌いではありませんが、しばらくは形の見えるお魚だけを食べたいと思います


 

酢入りカレー!

人の味覚というのは環境によってかなり左右されると思いますが、関東と関西では相当違いますね( -д-)ノ こまちはどちらかというと、関東風の味付けが好きだったのですが、関西に住むようになって、薄味にかなり慣らされました でも…

お正月に友人(滋賀県出身)の家でカレーを御馳走になりました ところが、そのカレーに、なんと酢が…(´;ω;`)
もはや国民食とも言えるカレー、家庭の味?おふくろの味?ですが、この一件で、「昨日の残りのカレーがあるけど、食べる?」と言われても、こまちは99%断ることにしました


こまちの好きなカレーはインドレストランのチキンティカマサラかサグマトンで、ナンにつけて食べます 自分で作るときは1日煮込んで1日寝かせて食べることにしています。だから、市販のルーで短時間で作ったカレーは…ましてや酢入り 

まずかったです これほどにまずいカレーを食べたのは初めてです レストランなどでまずいカレーに当たったときはソースかお醤油をかけて、なんとか食べますが、酢入りカレーにソースやお醤油をかけたら、この世のものとも思えぬ恐ろしい味になりそうで怖くてできませんでしたε=ε=(;´Д`)ハァ~


皆が黙々と食べているのに一人だけ残すわけにもいかず、死ぬ思いで流し込みました 数人が集まっての新年会だったのですが、こまち以外は関西生まれの関西育ち

関西の人は酢が好きですね。天ぷらもポン酢で食べる人がいます。だから、カレーも…分からないでもないですが、せめて、五目焼きそばのように食べるときにお好みで酢を加えるようにしてほしかったです('A`|||) 
この日、もう一つ、こまちの常識が覆されることになったのですが、そのお話はまた今度 

今回の大河ドラマは…

NHKの大河ドラマ「天地人」をご覧になりましたか


利を求める戦国時代にあって、兜に「愛」の一字を掲げ、義と仁愛を貫いた武将・直江兼続の生涯を描いた戦国時代ものですが、子役や脇役がいいので、第一回はおもしろかったです

というか、民放テレビ番組があまりにくだらないので、光って見えたのかもしれませんが


いつもテレビを見ているわけでなくても、一つくらい次回が楽しみという番組がないと寂しいですよね(☆゚∀゚)
それにしても、日本人は赤穂浪士の「殿のためには命を捨てても惜しくない」というストーリーを好みますね 

親日派の欧米人は「日本のさむらい精神はすばらしい」と言いますが、ドラマのストーリーとしては「妻子のためには」が好きみたいです


市場は円安方向ですね(・◇・)
早く100円台になってほしいです

KYなのは麻生首相だけじゃない!

「坂本哲志総務大臣政務官は5日、総務省の仕事始め式で、仕事や住居を失った労働者らが宿泊していた日比谷公園(東京都千代田区)の「年越し派遣村」について、「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのかという気もした」と述べた。失業者を支援する市民団体などの反発を招きそうだ。
同政務官は派遣村の活動について、「40年前の学生紛争の時に『学内を開放しろ』『学長出てこい』(などと学生らが要求した)、そういう戦略のようなものが垣間見える気がした」とも述べた」(時事通信社1月5日より)


たしかに日比谷公園にいる労働者の中には定職に就きたいと思わない人もいるかもしれません しかし、大企業が非情なリストラをしたのは紛れもない事実であり、大多数の人は働きたいのに働けない状況に追いやられたのです


中小企業が熟練工を失うことは会社の死を意味すると必死で社員を守っています 大企業はそういう中小企業をいじめ、誰にもできる単純労働だけれど真面目に何年も一生懸命働いてきた人を突然解雇し、寒空に放り出しました


政治家も官僚も自分達に火の粉が飛んで来なければいいと思っているのでしょうか もう足元まで火が回って来ているのに 多額の税金を使って銀行は助けたのに、中小企業や底辺で日本を支えていた人は助けないつもりなのでしょうか
ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!


ボランティアや市町村が救済に動いているときに、政務官の不謹慎な発言、こういう連中の天下りは害こそあれ利なし、一刻も早く廃止し、彼らに使っている税金で雇用を創出してもらいたいですヽ(#`Д´)ノ

新年早々大地震ですか…

「【ジャカルタ4日時事】米地質調査所によると、インドネシア・ニューギニア島の西パプア州で4日午前、マグニチュード(M)7.6とM7.3の強い地震があった。ユドヨノ大統領によれば、同州マノクワリで4人が死亡、20人が負傷した。地震で多くの家屋が倒壊したという」(時事通信1月4日より)


インドネシアは地震が多いですね。昔、バリ島近くの小さな島が地震による津波で一夜にして消えてしまったことがあります

海外旅行中に災害にあったら怖いですね(((( ;゚д゚)))
こまちの友人は鉄の心臓の持ち主なので、只今、インドを旅行しています。テロが起きたばかりで、さすがの彼女も一瞬ためらったようですが、キャンセル待ちしてやっと手に入れたチケットだからと


インドネシアは自然も豊かで、南国の魅力にあふれる国なので何度か行ったことがあります。日本人にはバリ島が人気ですが、ジャワ島中部にあるバンドンも南国京都といった感じのところです ただ、移動が大変で、飛行機で行くしかないのですが、国内線は今にも落ちそうなボロ飛行機が多いです 


こまちは一度死にそうになってから乗っていません 政情も不安定だから、観光で行くならバリ島が無難…そのバリ島も最近はちょっと危ないですが、タイよりはいいかも


地震、暴動、テロ、戦争…なんだか世界的におかしくなってきています こういうときは、国内にいるのが一番
通貨もドルやユーロより円 株も内需関連株 かしら


だけど、どこかで転機があるはず…
変化のスピードが速いので、もしかすると、オバマ大統領就任が潮目?(・◇・)ゞ 
とにかく、世界の流れが良い方向へ、経済、政情の安定へと向かってほしいですね


 



 

寝正月?

アメリカ市場は幸先のいいスタートを切りました
この調子で今年は大いに株価を上げてほしいです


今年のお正月は遠出を控え、自宅で過ごしている方も大勢おられると思います 昨年の大暴落に「飲まなきゃやってらんないよぉ」っということで、おせちを肴に一杯…で、↓↓↓

節約なんて、もう嫌だワン  株価上げろ~



去年は参ったニャン でも、果報は寝て待て


節約生活とはいっても、お正月くらいは好きなだけ飲んで寝てもいいんじゃないかしら 
ましてや株価が上がった後は気分がいいですよね
明日が楽しみです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

100万を1億にした男

書店で私は株でこうして儲けた類の本が並んでいますが、こまちの身近に100万円を元手に株に投資して1億儲けたおっ様がいます おっ様というのは年配の男性を指す方言です


そのおっ様(70代)は若い頃、仕事がうまくいかず、多額の借金を背負ったこともありました。おっ様は土方や行商をして生計を立てていた40代のとき、一念発起し、100万のなけなしの金をはたいて、株に投資しました


すると、あれよあれよと言う間に、100万が200万、1000万、5000万、1億と資産は増えていきました そして、おっ様は町中の人の羨望の的になりました 


この話を聞いた八百屋の大将がおっ様の指南を受けて株を始めました ところが、大将は儲けるどころか損ばかりして、資産は減る一方です


おっ様と一緒に投資しているはずなのに…
そこで、おっ様に聞いてみました

こまち 「おじさん、どうしてそんなに儲かったの
おっ様 「なぁ~に、株なんてものは安いときに買って、
     高いときに売るだけの話じゃ
こまち 「だけど、八百屋の大将は大損してるじゃない
おっ様 「わしが売るなっちゅうものを売るんじゃから
こまち 「おっ様は売らないの
おっ様 「損して売ってどうする そのうち上がるわな


大将は欲をかいて、数年後に必要になるお金まで投資につぎ込んだため、大損をしてしまったのです。大将には子供もいるし、お金がかかりますが、おっ様は夫婦二人だけの生活…


おっ様は生活に必要なお金には決して手をつけません。
一方、大将は八百屋の仕入れなどに使うお金まで投資してしまいます
肝心なのはあくまで余裕資金で投資することのようです。
虎の子の現金には絶対に手をつけない
手をつけるくらいなら投資はするな
鉄則ですね(・◇・)ゞ


おっ様 「姉さんも株をやっとるんかい(・◇・)」
こまち 「株なんて怖いから投信だけ…
おっ様 「投信? そんなもん、わしゃぁ知らん
こまち 「プロが運用してるんだけど…
おっ様 「プロ? 自分の金は自分で動かさにゃ~
こまち 「おじさんみたいに見る目ないから
おっ様 「金増やすんなら、株だぞぉ~ 株


おっ様はひたすら日本株で儲けてきたみたいです
PCはできないので、新聞やラジオから情報を得て、証券会社に電話して売買しています 天性の勘というか才能があるんでしょう…


今や億万長者になったおっ様ですが、幸せかというと、微妙なところです…楽隠居なんですが、元来けちなので、旅行などは一切せず、朝晩1時間以上の散歩をして、八百屋の大将の仕事を手伝い、たまに安い温泉に日帰りで入りに行くぐらい…食べ物も贅沢といえば、スーパーのちょっと高めのお寿司です


貧乏人の子沢山と言いますが、何が幸せか分かりませんね。
こまちは1億円にならなくてもいいから、ちょっと儲けたら、ゆっくり老舗温泉宿に泊まって、美味しい料理に舌鼓を打ちたいと思います

日本人が売り急ぐのは四季のせい?

デイトレは安い時に買って、高い時に売るから儲かるのですが、投信は株とは違って、中長期的視野でみないといけません。
でも、日本人はそれが分かっていて、損切りをしてしまう人が多いようです

外国人からも不思議がられるのですが、投信は最低3年から5年は保有する商品だと購入時に説明を受けていても、今回のように暴落したりすると売る人が増えます

なぜ日本人に売り急ぐ人が多いのか、考えてみました


今、寒いですよね。けれど、2か月もすれば、小春日和になり、桜を見て春だなぁ~と思っているうちに、暑い夏が訪れます そして、暑い、暑いと言っているうちに秋風が吹き始め、また寒い冬になります
3か月毎に季節が変わるのですから、服装も季節に合わせて変えねばならず、1年中ぼうっとしているわけにはいきません


それに、よく雨が降りますから、毎日天気予報をチェック
こんな国土に住む日本人にとっては、じっと待つということは耐えがたいことなのかもしれません('A`|||)
頭では分かっていても、株価が暴落したりすると、精神的に耐えられなくなってしまい、売ってしまう…初めて投信を買った日本人にとっては、ここが試練だと思います


もちろん、株価が暴落し始めた時にうまく損切りして、大底辺りで買える人もいますが、そういう方は投資のプロです

大金持ちはお金があり過ぎるから、投信を10年放っておけるのだと思います 株でも何十年も持っていますよね 
庶民が投資で勝つにはプロ級に腕を磨いてFXや個別株で市場に挑戦するか、投信で時節を待つしかありません

時は金なり といっても、売り時、買い時がありますので、
市場チェックは欠かさずしていくつもりです
買い場ばかりだと資金が尽きてしまいますよね
アメリカがしっかりしないとどうにもならないので、寝る前にアメリカに向けて「株価を上げろ~」と雨乞いならぬ株価乞いの祈祷をしようと思います

プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア