老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お寒い新聞業界

夕刊を廃止する新聞社が増えています


「新聞社の夕刊の廃止や休刊が相次いでいる。1日、鹿児島県の地方新聞である南日本新聞(鹿児島市)が来年2月末をもって夕刊を休刊すると発表した。同社の夕刊は、1934年から始まり、鹿児島県内で約2万3000部を発行している。


地方紙の中では比較的経営状況も良好と見られてきた南日本新聞の夕刊廃止決定は、業界関係者に驚きを与えているが、夕刊の廃止についていえば、すでに毎日新聞社が北海道内での夕刊を8月末に、東北地方で最も長い歴史を持つ秋田魁新報が9月一杯で、さらに10月には創刊62年の夕刊紙、名古屋タイムズが休刊しており、夕刊の廃刊は全国的な動きとなっている。なぜ新聞社は相次いで夕刊の廃止に追い込まれているのだろうか。


南日本新聞は、休刊の理由として発行部数や広告収入の減少、用紙代など製作コストの増大などを挙げているが、実際に現在新聞社を取り巻く環境は非常に厳しい状況にある。原油高騰で紙代が値上げしている他、パソコンや携帯電話の普及によって情報収集の用途が多様化しており、若者を中心に「新聞離れ」が深刻な問題となっている。新聞離れが進むことによって失うのは購読料だけでない。広告出稿も10年前の水準より2割ほど減少している。電通の調査によると、2007年の新聞広告費は、9,462億円(前年比94.8%)と推定されており、2年連続で1兆円を下回り、広告費の減少傾向は歯止めがきかなくなっている。




とくに全国紙は国内に販売店を持っているため販売コストは非常に高く、少子化による人口減が進むことにより、以前から業界では「新聞社のビジネスモデルはいずれ崩壊する」との声も出ている。ただし売上や広告費の減少は新聞社だけでなく、テレビ業界や出版社などを含めたマスコミ全般に共通する問題となっている」(MONEYzineより)


こまちは以前は新聞をとっていたのですが、なにしろ、平日は家に帰って、パソコンで株価等をチェックするので手一杯 
で、読みたいときに駅で買えばいいかなと思って、とるのを止めました 


ニュースなどはネットの画面より、紙に印刷されたもののほうが読んだ気がするので、本当は、朝、ゆっくりコーヒーを飲みながら、新聞に目を通したいです

「朝、玄関に新聞が入っていて、それを眠い目をこすりながら手にする…」 一昔前だったら、どこの家庭にでも見られた光景だと思いますが、今や「コーヒーを飲みながらパソコンチェック」…
時代の流れとはいえ、なんとなく寂しいですね

スポンサーサイト

AIGがアリコを米政府に譲渡?

アリコが米政府に譲渡されそうです


「米政府による事実上の管理下で経営再建を進めている米保険大手AIGが、公的資金を政府に返済するための資産売却交渉に行き詰まり、代わりに日本での保険事業などを米政府に譲渡する“現物弁済”の検討に入ったことが25日、米メディアの報道で明らかになった。

また、英紙フィナンシャル・タイムズは、AIGが事業を3分割し、米政府が各部門を管理する再建案についてAIGと米政府が交渉していると報じた。

一連の報道によると、AIGは3月2日にも発表する2008年10~12月期決算の純利益が、米企業として過去最悪の約600億ドル(約5兆8000億円)の赤字に陥る見通しで、政府への事業譲渡も同時に発表するという。

AIGは昨秋、政府から受けた総額1500億ドルの支援のうち、資金繰りに充てる融資600億ドルを返済するため事業の売却を模索してきたが、買い手が見つからず、事業自体を政府に譲渡して返済を免除してもらうことを検討している。 (読売新聞2月26日より)


つまり、どこも怖くて買えなかったということですよね
政府の管理下に入ったら、しつこいCMでアリコに入った人達の保険は、とりあえず、大丈夫なのかしら


どうも先行き不透明な話ですね…(つд⊂)ゴシゴシ
CDS爆弾made in AIGが世界中に投下されないだけ良しとしましょうか

刻みのりはさみ買ってみました!

先日、ブログに書いた「刻みのりはさみ」の件ですが、100円ショップで「シュレッダーはさみ」として525円(税込)で売っていたので、買ってきました

2タイプあって、ハサミの数が2つだと300円台だったのですが、2つしかないのでしたら、普通のはさみとあまり変わらないんじゃないかと思って、7連タイプを購入しました


で、早速、使ってみました(・◇・)ゞ


ものの見事にシュレッダー状態になりますが、あまり厚いとダメです シュレッダーも一度にたくさんはできませんよね
あんな感じです

それと、はさみのように、ジョキジョキと前に切っていけません。だから、一回ジョキッと縦に切ったら、今度は横からジョキッと切るというふうに、少しずつ切るしかありません 家庭に来る郵便物はたかが知れていますから、いいのですが、枚数が多い場合はシュレッダーを買ったほうがいいかもしれません


家庭で2~3枚シュレッダーするのなら、525円はお得だと思いますので、100円ショップに行かれた際は見てみてください 
値段が値段ですので、中国製です

AIG破綻? アリコはどうなる?

AIGがいよいよ危なくなってきました


「米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ (AIG)は、商業用不動産をはじめとする資産の評価損が響き、600億ドル近い損失を計上する見込み。関係筋の情報としてCNBCが
23日報じた。

ロイターが関係筋から入手した情報によると、同社は追加の公的資金注入の可能性をめぐり米政府と協議している。米政府とは債務の株式交換なども話し合われているという。

同筋は、状況は流動的で他の選択肢も協議されており、どのような結論に至るかは不透明だとした。

CNBCによると、AIGの取締役会は3月1日に会合を開き、政府との合意に向け話し合う。交渉決裂に備え、法律事務所ワイル・ゴットシャル&マンジェスの弁護士が経営破たんの準備をしているという。AIGはコメントを控えている」(ロイター2月23日より)


600億ドルなんてアメリカ政府にAIGを救済する余裕があるのでしょうか 交渉が決裂したら、破綻ですよね


ということは、バンバンCMを流している、あの会社はどうなるのでしょうか AIGとは別会社で関係ないなんて言っていますが、そんなことはありません

「経営再建中の米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が、東京・丸の内に保有するオフィスビルの売却を決めたことが13日、分かった。米政府から受けた公的資金の返済に向けて進めている事業・資産売却の一環。 売却を決めたのは「AIGビル」。昭和49年の完成と古いが、皇居の堀に面した一等地にあるため、不動産市況が悪化している現在でも買い手が付くとみられている。 傘下のアリコジャパンとAIU保険が登記上の本社所在地としている。
ただ、グループの生損保会社の本社機能の大部分は東京・錦糸町に移っているため、事業への影響は少ない。

AIGでは、傘下のアリコ、AIGスター生命保険、AIGエジソン生命保険の売却先選定を進めているが、交渉は難航している。
保有ビルを売却して、公的資金の返済に充てるとみられる」(産経新聞2月13日)


関係あるじゃない 
登記上の本社所在地がAIGによって売却されるんだから


2ちゃんねるでは、「GM、クライスラー、AIGのトリプル倒産が終わるまで相場は回復しないんじゃない?」なんて言っていますが、本当にそうかも('A`|||)


掛け捨ての保険はともかく、外貨建年金保険は元本保証どころか こまちは米ドル建てのをちょっと持っていたので、AIGに公的資金が投入された頃、ブログで大騒ぎしましたが、プラスのうちに解約しておいてよかった~


もし、破綻ということになったら、あれだけCMを流していたテレビ局にも責任がありますよね 
お金さえもらえば、どんな会社のCMでも流すというのでは、キャノンの御手洗さんと同じ穴のムジナ…金の亡者です


株式市場は不透明で、株への投資はちょっと…、金は高過ぎる…、公的年金は当てにならない…、じゃあ個人で「年金保険」を…年金なら(・∀・)
これが危ない 「年金」という甘い言葉に惑わされないようにご注意を とくに外資は 5年後に倍になって返ってくるかもしれないけれど、それまでに保険会社が破綻したら? 5年後の為替は? 元本割れのリスク大


しかしながら、5年後の相場なんて誰にも分かりません。倍以上になって戻ってくる可能性もゼロではありません こまちの同僚の中には、米ドル建て個人年金保険を解約しないで保持している人がいます。「アメリカは最強だ」と信じているからです


投資はすべて自己責任
こまちも今は「解約してよかった」と思っていますが、数年後には「あぁ~、あの時解約しなければよかった」となるかもしれません。素人の投資なんてそんなものですよね(・◇・)ゞ


 

癒しのペットカフェ

猫カフェなるものが人気を集めているそうです


「猫カフェ「ねこ・ねこ・ねこ」は昨年12月、青葉区の晩翠通沿いのビルにオープンした。約50平方メートルの店内は、休日の昼ともなると20~30人の客でいっぱいになる。(中略)

部屋には無料の自動販売機が置かれ、客たちは、猫を抱っこしたり、おもちゃで一緒に遊んだりできる。カメラのフラッシュをたく、ひげを引っ張るなど猫が嫌がる行為はご法度だ。

マンション住まいで猫を飼えない女性が客の中心だが、癒やしを求める男性客も多いという。午後10時までの営業なので、仕事帰りに立ち寄り、ストレスを解消してから家路につく人もいるのだとか」(読売新聞2月22日より)


こまちも犬や猫が好きですが、最後まで責任を持って世話をできるか自信がないので飼えません  
動物を飼うなら、まめに掃除をしないといけません
花粉や黄砂だけでも大変なのにペットなんて、とてもとても でも、たまに犬や猫と戯れたくなります

関西にも猫カフェや犬カフェができないかしら
いいストレス解消になると思います.。゚+.(・∀・)゚+.゚

個人情報保護に助っ人登場

民放テレビも、たまにはいい情報を提供してくれます


便利グッズ特集で「刻みのりハサミ」が出てきました
これは使えます


パンフレットなど受け取ってすぐゴミ箱行きの郵便物って結構多いですよね。銀行も証券会社も経営が苦しくて節約をするのなら、まず、顧客にポイ捨てされるような郵便物を送らないことだと思います 送られたほうも大迷惑です

住所や名前が書かれたところを手で細かくちぎっても、誰かが張り合わせようと思えばできるでしょう
最近、ゴミ置き場を漁る人がいるので、収集車が来る直前に出すようにしています


「刻みのりバサミ」はシュレッダーほど場所を取らないし、電気代ゼロです
値段は2,000円弱とのこと、ちょっと高めですが、スーパーへ行ったら、見てみようと思っています(・◇・)ゞ


ただ…無駄な郵便物が少なくなったような気もするので、すぐには買わずに、ちょっと様子をみるつもりです
企業も必要不可欠なものだけにするようになってきたのかもしれません

中川さんに暴風波浪警報!

へろへろ会見を終えた中川さん、その後、博物館で展示品に触り、警報が鳴らされていたそうです


美術品に興味があったからだとか新聞には書いてありますが、千鳥足だったんじゃないでしょうか


「関係者によると、中川氏は14日夕、財務省幹部や上野景文・駐バチカン大使、安藤裕康・駐イタリア大使らとともにミケランジェロの彫刻「ピエタ」などで有名なバチカン博物館を約2時間、バチカン関係者の案内で見学した。その間、複数の展示品に手で触り、ある彫刻作品を見ていた際には後方にふらふら回って近づき過ぎ、警報機が鳴ったという」(読売新聞2月21日より)


泥酔するまで飲んだお酒のお相手は、なんと、今引用させてもらった読売新聞の美人記者だそうな(゚Д゚)ゴルァ!!
読売新聞も、「当社の女性記者は飲ませるのが仕事ですが、今回は飲ませ過ぎてしまいました」と謝罪すべきです


まずはお酒


飲みも飲んだり、3日で5回も

「中川氏は出発した13日から帰国した15日まで最低でも計5回は飲酒していた事実が明るみに出た。ローマに向かう機内から飲み始め、“事件”が起きた14日はG7の昼食会で「ワインに口を付けた」(中川氏)だけで途中退席した。財務省幹部や女性記者らとホテル内のレストランでの会食で5回目の飲酒。自らワインを注文し、再び「口を付けた」(同)程度だったが、酒席は会談開始5分前まで続いた」(スポーツ報知2月21日より)

次に女 問題の女性記者はこの人です


021_top

読売新聞社の刺客 中川さん好みなのかしら


日本の政治家が「女と酒」に弱いことを世界に知らしめてしまいましたね
日本からお金をもらいたければ、「美女とお酒」…
これさえあれば、交渉する必要なし 北朝鮮が喜びます

なんとも情けないことです

そろそろ買い? でも…

株価、下げに下げていますね


そろそろ買い時かもしれませんが、素人は怖くてなかなか手が出せません(((( ;゚д゚)))


こんなふうにおそるおそる相場に近づいてみましょうか





で、「やっぱり、や~めた」となる確率は高いです


そんなら、いっそのこと、こっちがすっきりしていていいかも





市場に春よ来い は~やく来い
でないと、個人投資家は皆、死んだふりをしてしまいます

貧乏人の子沢山というけれど…

アメリカで八つ子を産んだ母親(33)が問題になっています


報道によると、この母親、スルーマンさんは既に6人(7歳~2歳)の子供がいて、夫とは昨年離婚 体外受精の精子は友人から提供を受けたものです。だから、彼女は不妊で悩んでいたわけではありません。では、なぜ子供を産んだのでしょうか


「スルーマンさんは無職で、子供たちと共に母親の実家で生活。州から毎月約2300ドル(約21万円)の補助を受けているほか、生活困窮者に対する毎月490ドル分の食料配給券も受け取っていた。八つ子の出産費なども未払いで、スールマンさんがネットで募金を呼び掛けたところ、非難するメールが殺到したという」(読売新聞2月14日より)


お金目当てだったのねぇ~(・◇・)
でも、世の中、そんなに甘くない 
柳の下に2匹目のどじょうはいなかった
かわいそうなのは14人の子供達…
施設へ行くしかないかもしれません 


日本では、子供はほしいけれど、経済的余裕がないという夫婦が大勢います。日本版スルーマンさんが出てくるくらい、子供のいる家庭を支援してほしいものです

アメリカ 頑張れ!

アメリカ、元気がありませんね


夜に暗躍するアメリカ市場…


気持ちよく上げてくれないと辛いですよね…





先が見えないのが投資の醍醐味ではありますが…
爆下げのときは寝るに限ります

竹のようにしなやかに

「自殺対策白書」によると、2007年の自殺者数は過去2番目の多さで、10年連続で3万人を超えるそうです

小学生の自殺も増えています 一昨日、川崎市で小学4年生の女児(10)が同区内の自宅マンションの自室で首をつりました(産経新聞2月16日より)。自殺と思われます。子供が親より先に逝くなんて…、それも自ら命を断つなんて…


平和ボケした日本で、大人も子供も打たれ弱くなってしまったのかもしれません


固い木ほどポキッと折れてしまいます。大人がまず、竹のように風に流されるようでいて流されず、折れそうでいて折れない、強い人間にならないと、子供達を守れないと思います

リストラ、倒産、失業…「私だけが不幸」なんてことは絶対にありません このど不景気の中、多くの人が辛くても悲しくても口に出さず、なんとか乗り切っていこうとしているのです 
これぞ大和魂


どこかの大学教授が子供に死生観を教えるべきだと言っていますが、公立の小学校では、学級崩壊が進んでいて、先生は基本的な躾をするだけで手一杯 親も節約して家計を成り立たせるのに必死 とにかく子供にはお金がかかります


もちろん、きちんと躾ができている子供もいます。ただ、一見何の問題もない普通の子がある日突然、柿の木のように折れてしまうことがあるのです


そのサインを担任の先生に見抜けというのは無理な話です
子供は国の宝 かけがえのない命
親や学校の先生だけでなく、地域社会の大人も協力して、子供達を温かく見守り、真に強い子に育てていかなければ日本は沈没してしまいます(((( ;゚д゚)))


今こそ和の精神を呼び覚まさなければ…

といっても、今のこまちにはボランティア活動は無理です 
ここは他力本願で…団塊の世代パワーに期待です

中川さん、お酒は厳禁!

中川さんがとんでもないことをしでかしてくれました


「中川昭一財務相は16日午後、国会内で記者団に対し、ローマで行われた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の記者会見で、時折、ろれつの回らない口調でやりとりしたことについて、「風邪薬を(ローマに向かう)飛行機の中で飲んだ。それが多めになってしまったことが原因。酒も飛行機で飲み、その相乗効果で誤解を招いたのは事実で申し訳ない」と陳謝した。同時に「会見前には飲んでいない」と強調した」(毎日新聞2月16日より)


風邪薬じゃないでしょう どう見たってお酒の飲み過ぎ


日本人は「お酒の上のことだから」とか「無礼講」などと飲酒に対して甘いところがありますが、飲酒を禁じている国もあるくらい外国人の目は酔っ払いに対して厳しいのです


戦後最悪といわれる不況を乗り切ろうと、休みなしで仕事をしている人もいるというのに、G7という大舞台で、酩酊して、世界に醜態を晒すとは(゚Д゚)ゴルァ!!


情けないですね… どうしましょう
これはもうアメリカに頑張ってもらうしかないですね

大麻汚染ついに京大生にまで

14日に法政大学が多摩キャンパスに通う2年生の男子学生8人が大麻を吸引していたことが分かったとして、全員を13日付で無期停学処分にしたと発表した(産経新聞2月15日より)ばかりなのに、今度は京大生が大麻所持で逮捕されました


「大阪府警南署は15日、乾燥大麻を所持していたとして、京都大法学部2年生、谷口将隆容疑者(20)(京都市東山区)を大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕した、と発表した。谷口容疑者は「吸うために持っていた」と供述している。

発表によると、谷口容疑者は14日未明、大阪・ミナミのアメリカ村の飲食店で、客とトラブルになり、近くの交番に行った際、同署員が、乾燥大麻0・8グラムと吸引用パイプを持っているのを発見。現行犯逮捕された」(読売新聞2月15日より)


以前、大学の深夜の実験や締切間近になった論文作成をするとき、覚醒剤を使うと、物凄く集中できるから、大学に相当覚醒剤汚染が広がっているという話を聞いたことがあります


今回の逮捕は大麻だけれど、徹底的に覚醒剤を取り締まってほしいですヽ(#`Д´)ノ 人間の人格も体も破壊する恐ろしい薬…興味本位に手を出すには代償が大き過ぎます


消費者や国民の信頼が裏切られ続けている昨今、日本は「健全に生きること」ができない「不健全な社会」になりつつあるのでしょうか


今日はちょっぴり悲観的になってしまいました 週明けの日経に頑張ってもらって、こんな気分を払拭いたいです


 

腱鞘炎が再発…

右手の腱鞘炎が再発してしまいました
親指だけだったのが、肘の方まで痛くなってきたので、病院へ行ってきました


土曜日は、いつもの医者(お酒と安定剤併用のおもしろ先生)じゃなくて、若い医者です こまちはいつもの医者がいいのですが、そうも言っていられないので…三か月ぶりに若い先生の診察を受けました


こまち 「先生、お久しぶりで~す
医者  「久しぶりだねぇ~
こまち 「先生、この指が朝固まるんです
医者  「もう、何回も注射してるんだっけφ(.. )?」


こまち 「2回です…注射すると調子が良くなるんです
医者  「痛いぞぉ~(・∀・)」
こまち 「○×先生もそう言っていたけど、そうでもなかった
医者  「僕のは痛いぞw~ (医者が脅してどうする)」


注射開始…


こまち 「先生、そうでもない
医者  「これから痛くなるんだ
こまち 「う~ん、静脈注射に比べれば全然大丈夫
医者  「えっ 静脈注射よりこっちのほうが痛いはず

こまち 「下手な看護婦さんに当たると3回も4回も針を刺される
     んだもの その点、先生は1回でクリアー
医者  「…(゚Д゚)…まさかこの病院で
こまち 「はい
医者  「…(゚Д゚)…」

看護婦 「私じゃない、私じゃない、私じゃな~い


こまち 「去年の話です 
     右手穴だらけになって左手にしました
医者  「それじゃ、静脈注射はなしだな
こまち 「はい、静脈注射はただの気休めだということが
     分かりましたので
医者  「…たしかに…ビタミン剤とかだけだからなぁ
こまち 「先生の注射だけでいいです
医者  「(´∀`*)>>…じゃ、様子見てまた来て


今回、こまちがしたのはステロイドの注射で、頻繁に打つと副作用があります 数か月に1回くらいが理想的だそうです

手が使えないと不便極まりないですね 
手と言わず、足も、腰も、病んで分かる有難さ…
一つしかない体…大事にしたいですね

一休み、一休み…

13日の金曜日の大暴落はありませんでした
良かった…良かった


アメリカが3連休…連休明けがちょっと心配

詐欺の記事ばかりだったので、ちょっとブレイク


我々は今、百年に一度の金融危機の真っ只中です
だから、慎重に、慎重に、慎重に


焦って動くと…


←http://www.youtube.com/watch?v=YbaO2XnmdbM


皆さん、足元に気をつけて、歩を進めていきましょう


そうすれば、数年後には…





もう春一番が吹きました… 頑張りましょう

また出た!今度は70億円詐欺!

また詐欺事件です…
今度は元バレーボール日本代表詐欺


もはやコメントのしようがありません
皆さんも、またかでスルーしてください


「大阪で投資会社を運営する女性が、元バレーボール日本代表と偽り、70億円以上の出資金を集めていたことがわかった。現在、配当は止まっていて被害者は警察に告訴している。出資者の代理人などによると、投資会社「EMIKO・フィールド」などを運営する44歳の女性は、自らを元バレーボール日本代表とかたり顧客を信用させ元本保証と年60%の配当を約束して70億円以上を集めた。しかし一昨年、配当は停止し出資金も返していないという。女性は運用先にだまされたと主張しているが出資者側は、はじめから配当金を支払う意思がなかったとして女性を告訴した。この女性は80年代に実業団バレーの名門チームに選手登録されているが日本代表の経験はない」(関西ニュース2月13日より)


こんな詐欺事件が多発している一方で、本日、京セラドームで
開催された野村資産管理フェアは1万人を集める盛況ぶり


長い目でみたら、たしかに買い場ではありますが、パンフレットを手にしてウキウキの投資家達…カモネギにならなければいいけれど… 


 

野村證券元社員が数億円詐欺!

野村證券も災難続きですねぇ~


10年も前に辞めた社員が「野村證券」の名を語って、元顧客を騙すとは


昨日(12日)のNHKニュースによると、大阪府枚方市に住む野村證券の元女性社員が約4000万円を詐取したとして、詐欺の疑いで逮捕されたそうです。


「この女性は70歳で、平成11年に野村證券退社。15年に枚方市に住む50歳代の元顧客の女性を、野村證券には「退職者向けに高金利で預金を運用する制度がある」と騙し、数回に分けて計約4000万円を銀行口座に振り込ませた疑い。被害者はほかに十数人いるとみられ、被害総額は数億円になる見込み」(産経ニュース2月12日より抜粋)


元社員のしたことだから、野村證券がこの件で尻拭いをする必要はありませんが、営業にはかなりの影響が出ますよね

看板はもう擦り傷、刺し傷…傷だらけ 
相当輸血が必要になるんじゃないかしら(゚∀゚)アヒャヒャ 
今、野村證券の社員から投資を勧められたら、こまちは断固として拒否権を行使します


皆さん、証券会社元社員にも気をつけましょう(・◇・)ゞ


また、この手の話題が出てくるかもしれませんが、ビックリネタ
だけにしますので、どうかお付き合いください

御手洗会長って、民間版守屋?

キャノンの御手洗さんは知らぬ存ぜぬで通すつもりなんでしょうけれど、法も秩序も権威という名のもとに消し去って、私利私欲に走ったのは間違いなしですよね 


だいたい、従業員をリストラするのなら、まず先にトップにいる御手洗さんが辞めるべきでしょう こんな悪事を成しておいて、厚顔無恥としか言いようがありません。キャノンで一生懸命働き、一方的に解雇された方々は本当にお気の毒でなりません

「キヤノンの工事は大賀社長を通すのが決まり事になっていた。求められれば、裏金でも支払わざるを得なかった」

キヤノンの工場新設工事を巡る法人税法違反事件で逮捕されたコンサルタント会社「大光」(大分市)社長・大賀規久容疑者(65)側に30億円以上のリベートを提供していた鹿島の幹部はこう証言した。下請け業者に過ぎない大賀容疑者が大手ゼネコンを恐れさせるほどになった力の源は、財界トップに上り詰めた御手洗冨士夫・キヤノン会長(73)の威光だった。

「私は社員の結婚式には一切、出ないことにしていますが、新郎のおやじの友人として出席しました」

大賀容疑者の知人によると、2003年5月に都心のホテルで開かれた結婚披露宴で、御手洗会長はこうあいさつした。当時はキヤノン社長に就任して9年目。新郎はキヤノンに勤めている大賀容疑者の長男だった。

大賀容疑者は、御手洗会長との関係を「200年の仲」と称していた。大賀容疑者の親族らによると、両家はともに大分県佐伯市で江戸時代から続く旧家で、御手洗家は庄屋を務めたような家柄だという。

御手洗会長の叔父でキヤノン創業者の毅・元会長(故人)と大賀容疑者の父親は親友で、御手洗会長は大賀容疑者の実兄と佐伯鶴城高の同級生。実兄は1961年、キヤノンの前身のキヤノンカメラに入社し、御手洗会長も同期だった。

実兄は実家の工務店「日建」を継ぐため77年12月に退社するが、「退職後もアポなしで御手洗会長に会いに来ていた」(キヤノン元幹部)という。日建はキヤノン新宿本社の内装工事などを受注し、御手洗会長も91年に横浜市内の自宅を同社から購入した。

 ◆私設秘書

初めは日建の社員だった大賀容疑者は、この一族ぐるみの付き合いを強固にした。御手洗会長がゴルフをする時には予約や送迎を引き受け、地元・大分に帰ると移動用の高級車を用意。常に影のように付き添う大賀容疑者は、いつしか「会長の私設秘書」と見られるようになった。

43歳でキヤノンUSAの社長、2年後に本社の役員に就任。「将来の社長」と目されていた御手洗会長に、大賀容疑者が尽くした理由は同郷のよしみだけだったのか。

以前、大賀容疑者と取引のあった鹿島元社員は、「独立して、東京で活躍したい」と言われたことを記憶している。その数年後の90年、大賀容疑者はキヤノングループの工場や社宅用地の取得・開発を目的に「大光」を設立。元社員は「御手洗会長らの人脈でやっていけると思ったから、独立したのだろう」と受け止めたという。

元社員の感想通り、大光などは静岡県裾野市の研究施設などの用地開発を手始めに、キヤノン関連のいくつもの工事でゼネコンの下請けに入り、大分事業所の警備も請け負った。御手洗会長が副社長、社長、日本経団連会長と階段を上ると、大光などのビジネスも拡大。やがてキヤノンへの売り込みで、企業から謝礼を受け取るようになった。

 ◆大賀詣で

04年10月、脱税事件の舞台になったデジタルカメラ工場が大分市に完成した。完工式の会場にできた輪の中に御手洗会長や広瀬勝貞・大分県知事とともに、大賀容疑者の姿があった。工事や資材調達を請け負いたいと、大賀容疑者の前に名刺を手にした地元業者の列ができたという。

鹿島に工場用地の造成を発注した大分県土地開発公社の幹部は「大賀さんに特別な便宜は図っていない」と言いながらも、「知事や御手洗会長と対等に話をするような人で、私たちには雲の上の存在」と話す。

今回の事件では、大賀容疑者とともに逮捕された元大分県議会議長の長田助勝容疑者(80)も御手洗会長の親類にあたる。

御手洗会長は10日、大賀容疑者の逮捕を受けて東京・大手町の経団連会館で取材に応じ、「友達が起こした事件。非常に遺憾に思っているが、それ以上でもない。徹底的に調査し、事件にはキヤノンも私も関与していないことははっきりしている」と話したが、キヤノンの代理人のように振る舞う大賀容疑者を知るゼネコン関係者は、御手洗会長の責任は重いと指摘する。

鹿島の元幹部は完工式で見た光景が忘れられないという。「式を主催したうちが呼んでもいないのに、大賀さんがキヤノンの側にいるんだよ。大光や日建はうちから見たら下請け会社。施主の方に座っているのは、おかしいでしょ」
(読売新聞2月11日より)


この記事を読むとなぜか防衛省の守屋さんが浮かんでしまうのですけど、民間企業のトップにも餓鬼が…強欲ぶりは霞が関の官僚といい勝負ですね


ホリエモンより長い期間牢屋に入ってもらいたいです

だけど…これって、御手洗さんだけのことかしら(つд⊂)ゴシゴシ

今度は「携帯電話かけ放題」詐欺か?

景気が悪化していると、詐欺事件が多発しますが、今回は詐欺の芽、始まりの段階の話です


週刊文春(2月12日号)はこまちの好きな話題が盛り沢山。で、また引用させてもらいます 文春さん、ありがとう


携帯電話を巡って、胡散臭い話が…

「現在持っている携帯電話が、月々4千円でかけ放題になるんです。ドコモにかけてもauやソフトバンク、固定電話にかけても通話料が定額です。さらに、そのサービスを人に紹介するだけで、お金までもらえちゃうんですから…」


「~放題」と「紹介料」というのは要注意です 

そして…人を騙す常套文句が


「ただし、入会金2千円を払って」
「エキスパートアライアンスという会社の会員になって」
「人を紹介すればコミッションがもらえて」
「月々の会費を払うと健康食品などを販売できます」

「去年の12月時点で申込者が4万人も集まりました」
「一時募集を停止したけれど今二次募集を始めたからチャンスです」


1月30日に大阪で約150人を集め、「エキスパートアライアンス社」の事業説明会が開かれました。その話の内容はというと…

「皆さん、5人くらいなら紹介できますよね。その5人がさらに5人ずつ紹介し、さらに5人…(省略)、少なく見積もって4千人が客になったとすると、月に約63万円の収入になります。これに健康食品や他の商品も販売すると、少なく見積もって月額約100万円の収入に」


これって、何かに似ていませんか
完全なマルチ商法ですよね。

この事業を展開している人物はなんと、かの有名なアリコジャパンの副社長やアクサ生命の社長を務めていた中川氏


う~ん、保険もますます胡散臭くなってきました


この携帯電話かけ放題サービスは3月からとのこと、皆さん、
くれぐれも引っかからないように気をつけてくださいね


週刊文春は、弁護士で東京経済大学教授の言葉を引用し、記事の最後をこう結んでいます。

「一般的にマルチ商法は、自分の周りにいる信頼関係のある人のリストを作れと指導され、親戚や友達、同僚などをリストアップし、毎日電話やメールをするように言われる。深刻なのはお金だけではなく、親しい人との信頼関係を失ってしまうことなんです」うまい話にはご用心を。

また13日の金曜日暴落説浮上

13日の金曜日…昨年も暴落説が紙面を踊りましたが、早くも週刊文春(2月12日号)で取り上げられていました(・◇・)ゞ


こんなのは迷信だと一蹴したいのですけれど、なにせ時期が悪いです

「ヘッジファンドの45日ルール絡みで、投資家が三月末の解約を希望する場合、2月15日が通告期限ですが、今年の場合、14、15日が土日のため、13日の金曜日が実質的な期限となります。したがって、ヘッジファンドが日本株を投げ売りして、株価が暴落すると懸念されています。


また、UBSやバークレイズなどの欧州金融機関の内実が2月上旬の決算で明るみに出ると、非常にまずい」(週刊文春前掲より抜粋)


14日がバレンタインで、デパートやスーパーではチョコレートコーナーを設けて、売り込みに必死ですけれど、前日に爆下げなんてことがないように祈っています
ちなみに、こまちはチョコレートが大好きですが、今は買いません。バレンタインを過ぎると、半額になるので、それを待ちますこまちはキリスト教徒ではありませんので…(゚∀゚)アヒャヒャ


市場の場合、投資家が下げる!下げる!とヒヤヒヤしていると、意外や意外、織り込み済みで爆上げすることもあるので、実際にどうなるか見守りたいと思います


 

ハマコーが破産していた!

最近、テレビで雄叫びが聞こえないと思っていたら、
ハマコーこと、浜田幸一氏が破産していました


「1月19日千葉地裁から破産手続き開始の決定を受けた。破産の申し立てを行っていたのは二者で、債務の額はそれぞれ4億円と7千万。裁判所はハマコー氏に返済能力がないと判断。実際の借金の総額は10億円を超えるとも言われている」(週刊文春(2月12日号)より抜粋)


どん底に落ちたハマコー氏ですが、かつては極楽でした 


「04年には千葉県内の高額納税者に名前が載り、05年には東証マザーズ上場企業の大株主に名を連ね、その株を売却したことで、巨額の利益を得たと噂された」(週刊文春、前掲より)


巨額の利益を得た時点で止めておけばいいものを、人間というのは欲深い

「いろいろな投資に手を出し、モンゴルの金鉱山開発や石垣島の農地開発にも投資しているが、いずれもカネを生んでいない。消去法で見込みがあるのはモンゴルの件ぐらい。

ハマコー氏は議員仲間からも資金を工面しようとしていたようで、鈴木宗男さん(事務所は否定)をはじめ、一千万を超える額を貸している議員もいて、浜田先生は『あなたを男と見込んで』という口説き文句で頼みごとをしてくるという」(週刊文春前掲より抜粋)


政界にもキツネやタヌキがいるようですね(゚∀゚)アヒャヒャ
それにしても、ハマコーさん80歳を騙した人は誰
ハマコーさんに男と見込まれ、お金を貸した議員の顔も見てみたいものです

債権者集会は5月13日とのこと。
民放テレビ局、とくにTVタックル辺りで取り上げてほしいです
債権者VSハマコーで一戦交えたら、視聴率アップ間違いなし


こまちは投資で大損していますが、長い目でみたら、大儲けしたときが一番危ないのかもしれませんね 
投資がギャンブルになってしまったら、終わりです
投資も財テクの範囲内でほどほどに…ということでしょうか


おわびと訂正: 引用した雑誌記事ですが、週刊文春だったのに週刊新潮と記載してしまいました。
文春さん、皆さん、ごめんなさい

不景気太り

2日夜のABCニュースでやっていたのですが、アメリカでは不景気太りが問題になっているそうです


不景気になると、庶民はホットドックやファーストフード、チョコレートなどでお腹を満たそうとするので、その結果、太ってしまうのだとか

おまけにアメリカ人にとってのComfort food(馴染みの食品)はハンバーガーやホットドックなど高カロリーのものばかり


日本人もお米を主食としていれば良かったのに、食が欧米化したことによって、肥満に苦しむ人が出てきてしまいました


お肉もチーズもパンも美味しいですものね

番組ではバランスの良い食事はお金がかかると言っていました。たしかに「煮野菜、おかず、ご飯、味噌汁」は100円では作れません。その点、ハンバーガー1個100円は魅力的です


また、外へ出るとお金を使ってしまうので、家でビデオを見たりして過ごす…すると、運動不足になる…でも、小腹は空くので、ついついスナック菓子やケーキに手が出る


視点を変えれば、安くて低カロリーの物もたくさんあります。たとえば、スナック菓子を止めてお茶漬けにすればいいのです。が、こってりとした味、刺激的な味に慣れてしまった人はあっさり茶漬けでは満足できないかもしれませんね~
海外でも日本のすしは大人気のようですが、お茶漬けが大好きという外国人は少数です…


蕎麦もうどんも高くなりましたが、それでも、節約&ダイエットなら、自炊+和食だと思います

政府紙幣の発行…劇薬やむなし?

政府紙幣導入論が浮上しています


経済アナリスト森永卓郎氏は次のように述べています。


「本来、通貨供給増による景気対策は、中央銀行の仕事だ。しかし、今の白川日銀総裁は金融緩和に極めて後ろ向きだ。これだけの経済危機に直面しても、量的金融緩和どころか、ゼロ金利にもしていないのだ。日銀の金融緩和の遅れが急激な円高をもたらし、景気失速の原因をつくったことに対して何の反省もしていない。日銀が金融緩和をしなければ、政府がするしかないのだ。政府紙幣の発行には日銀の量的金融緩和よりメリットがある。日銀の通貨供給では、例えば、国債を購入する代金として日銀券を発行する。購入した国債の金利は、日銀の経費を差し引いた後、最終的に政府に納付金として納められる。通貨発行益だ。しかし、政府紙幣の場合は、発行額を政府の負債とする必要がないから、発行コストを差し引いた全額が政府の造幣益となる。それを景気対策に活用できるのだ」(NSJ日本証券新聞1月19日より)


たしかに、今のデフレ・円高不況を打開するには、もうこれしかないような気がします。
ただ、その副作用が怖いですね…


「政府紙幣が発行できるようになれば、与党からの歳出圧力はますます高まり、財政規律が失われる危険がある。また、政府紙幣の大量発行は市中に出回るお札の流通量を急増させ、急激なインフレを引き起こし、通貨の価値が低下する懸念もある」(毎日新聞2月4日より)


政府紙幣の発行は劇薬と言わていれますが、この際やってもいいのでは しかし、その前に解散総選挙です
麻生首相のもとでは、絶対にやめてほしいですね
主義主張がコロコロ変わり、人の名前も覚えられない人に、禁断のマリファナを渡したら…
それこそ未曽有の事態になってしまいます

ネズミ講 おそるべし!

またまた詐欺の話題です
最近、この手のニュースが多いですね

知人の紹介、友達からの口コミというのはメリットもありますが、ものによりけりで、情報発信者本人が騙されていた場合は共に蟻地獄へ

銀行や証券会社ではなく、長い付き合いの親友から、こっそり耳打ちされたら…知り合いが急に羽振りが良くなったら…
自分はする気がなくても家族に懇願されたら…
断れなくて、つい、お金を出してしまう
そんな人間の心理をうまくついたのがネズミ講です

以下、L&G事件被害者の声です


「年金では足りない。私が皆さんにお金を行き渡らせる」。東京・新宿の高級ホテルで04年11月に開かれたパーティーで、波会長は約1000人の参加者を前に豪語した。壇上のスクリーンには、多額の配当を手にして笑顔を見せる会員の映像が流れていた。熱気に押され、関東地方の60代の女性は300万円を投資した。

直後から新規会員の勧誘を求められるようになった。社員は「年間2人の会員を紹介しなければ解約になる」と説明した。慌てた女性は夫と長男を紹介し、飲食店の経営で蓄えた老後の生活資金を切り崩してさらに約3000万円を投資した。

07年2月、配当が円天に切り替わった。結局約2500万円が返金されなかった。「落ち込んでいるお前の姿を見ていると、こっちが病気になるよ」と心配していた夫は昨年2月に病死した。女性は「許せない」と憤る。

東京都大田区の女性会社員(38)は、母親に誘われて投資を始めた。当初はやめるよう母親を説得する側だった。だが付き添いで行った講演会で大学教授の話を聞き、「有名大の教授が参加するなら」と信用した。

06年6月以降、数回に分けて計約1000万円を投資した。配当などで戻ってきたのは約130万円だけ。07年1月には入金が途絶えた。女性は「金は戻ってこないだろう。勧誘した幹部会員の責任を問うために損害賠償を請求したい」と語気を強めた。

千葉県船橋市の男性(59)は07年2月、貯金を切り崩して100万円を出資した。自宅マンションのローンはあったが、「従来の6倍の円天がもらえる」との話に引かれた。出資金は一切返金されていない。「テレビで見る波会長は、金も返していないのに人ごとのようだ。金がどこに消えたのか明らかにしてほしい」と訴えた。

L&Gは01年、「1口100万円を出資すると3カ月で9%の利息を支払う」と約束し協力金などの名目で出資を募り始めた。その後、「使っても減らないお金」を売り文句に、10万円を出資すれば同額の電子マネー「円天」を毎年受け取れる円天受取保証金制度を導入した。警視庁などの特別捜査本部によると、総額で約1200億円を集めたとされる」(毎日新聞2月4日より)


L&Gが今までのネズミ講と違うのは「円天という通貨を使う共同体」を組織することで、地域の仲間意識を利用したことです


「健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」による被害を拡大させたのは、使っても減らないお金、「円天」だった。10万円を一度払えば、同額面の10万円天が、毎年振り込まれる。2年で倍、3年で3倍……。そんな夢のような話で、高額な配当やブランド品をほしがる女性やお年寄りらがだまされた」(毎日新聞2月5日より)

仲間外れにされたくないという孤独な老人心理も巧みに利用しています 今後、詐欺の手口はさらにさらに巧妙になっていくと思います


他人を全く信用できないのも寂しいですが、今は、「人を見たら泥棒と思え」ぐらいのスタンスでいないと、自分を守れないかもしれません

不況の波 DINKSも直撃!

こまちの会社では同時通訳などの専門職として臨時職員を採用しています。今、問題になっている派遣社員とは違って、高給なのですが、3月末で女性十数名が一斉に退職することになりました


リストラではありません。こまちの会社にとって必要な人材であり、数年かけて手塩にかけて育てた大切な人達なのです


なぜ辞めるのか…実は、ほとんどがDINKS(double income no kids)で、夫婦二人で働き、子供がいない分、リッチな生活をしていたのですが、ご主人が突然の転勤に


転勤先は東京、中国、インドなどです。ともに生きていくために結婚したのですから、別居はしたくない…では、どちらをとるか…
正社員か臨時職員か…やはり正社員ですよね

妻の収入がなくなると、家計は厳しくなります。能力がある人達だから、きっと新たな仕事を見つけるとは思いますが、当分は専業主婦にならざるを得ないでしょう


夫のほうはといえば、中国やインドでの仕事は過酷です。現地に慣れるまでも大変…それでも、社命とあらば、行かなければなりません。拒否すること=辞職です

雇用情勢は悪化の一途をたどっています
「厚生労働省は4日、景気悪化による雇用調整で、昨年10月から今年3月までに職を失ったか、失う正社員が1月26日時点で約6000人に上る見通しであることを明らかにした」(読売新聞2月4日より)

高級マンションで二人で夜景を楽しみながらカクテルをなんて生活を持続するには、やっぱり投資をしないといけませんね もっとも、こまちはそんな生活は絶対したくないです。密閉空間が大嫌いですし、夜景なんて一回見たら十分(・◇・)ゞ

それより、木造の庭つきボロ屋に住んで、月に数回日本各地を旅行したり友達と遊んだりしたほうがいいです
夢は人それぞれです 違うからまた価値があると思います

それにしても、世界的に大きな変革の時期に来ていますね 

株価、上げていますが、為替が…
為替が大きく動いたら、チャンスなのか もう遅いのか
暗中模索('д` ;) なかなか動けません

風邪じゃなくてノロウイルス?

各地でノロウイルスによる食中毒が起きています

「宮城県は1日、同県気仙沼市磯草の「大島観光ホテル 丸栄」に先月宿泊した団体体旅行の参加者72人が下痢(や嘔吐などを訴えたと発表した。 9人からノロウイルスが検出され、県は集団食中毒と断定、ホテルを3日まで営業停止処分にした」(読売新聞2月1日より抜粋)


「県は31日、所沢市くすのき台2の飲食店「割烹みはら」で、ノロウイルスを原因とする食中毒が発生したと発表した。同店を31日から3日間の営業停止処分にした。県食品安全課によると、20日と23日に食事した23~56歳の男女18人が下痢や発熱、嘔吐(おうと)などの症状を訴え、うち11人と従業員1人の便からノロウイルスを検出した」(毎日新聞2月1日より抜粋)


山梨では14名が病院内で感染し、徳島では飲食店のお弁当で4人が、そして、栃木のホテルで21人に下痢や嘔吐などの食中毒症状がみられ、ノロウイルスが検出されたとのことです


鳥インフルエンザも怖いですが、ノロウイルスも侮れません


ノロウイルスは空気感染もするのです(((( ;゚д゚)))

「ノロウイルスの場合、少数のウイルスが侵入しただけでも感染・発病が成立すると考えられており、わずかな糞便や嘔吐物が乾燥した中に含まれているウイルス粒子が空気を介して(空気感染で)経口感染することもあると考えられている」


そして、そして…風邪と似た症状になることが…

「症状の始まりは突発的に起こることが多く、夜に床につくと突然腹の底からこみ上げてくるような感触と吐き気を催し、我慢出来ずに吐いてしまうことが多い。それも一度で終わらず何度も激しい吐き気が起こり、吐くためにトイレのそばを離れられないほどである。無理に横になろうとしても気持ち悪くて横になれず、吐き気が治まった後は急激且つ激しい悪寒が続き、さらに発熱を伴うこともある。これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることもない」
詳しくは→ノロウイルス

先日、帰宅したら突然吐き気がこみ上げ、しばらくトイレにしがみついていました。そして、横になっても気持ちが悪く、夜中に物凄い寒気に襲われました。こまちは寒気がしたので、てっきり風邪だと思っていたのですが…これはノロウイルスだった可能性大です('A`|||)


本当に外食・市販のお弁当はしばらく止めます…
皆さんも気をつけてくださいね

関西の女狐相場師

世の中はキツネとタヌキの化かし合いなのでしょうか


関西の女狐相場師が欲深い人間を化かしました

オレオレ詐欺、ネズミ講など、人を騙してお金を奪う事件が多発しているのに、自分だけは大丈夫だと思うのか、平和ボケが過ぎているのか…


そんなうまい儲け話なんてあるはずがないと思いつつも、「私にお金を預ければ、倍にしてあげる」などという甘言に惑わされ、大金を渡してしまう…欲という悪魔のなせる業


「高配当を約束し、知人ら約200人から15億円以上とされる資金を集めながら、行方をくらましていた大阪府泉佐野市の主婦(54)が31日、読売新聞の取材に応じ、着物などを売却してつくった数百万円を“逃走資金”に、家族と車で寝泊まりしている現状などを明らかにした。

残った出資金は200万円に満たず、「運用に失敗した。刑事責任を追及されれば、甘んじて受けたい」と涙交じりに話した。

主婦の説明によると、株取引を始めたのは約20年前。予想以上に利益が出たため、自宅を改築したり、着物や貴金属を次々と購入したりした。うわさが口コミで広がって運用を頼まれるようになり、7~8年前からは本格化した。

運用は証券会社を通じて行い、月2~3%の配当も出していたが、米大手証券会社リーマン・ブラザーズが破綻(はたん)した「リーマンショック」で状況が一変。着物や貴金属を売って作った資金を、返還や配当金にあてるなど自転車操業に陥った。

今年に入ってからは、資金の返還を求める出資者が続出。未明まで「金を返せ」と言われるなど心身共に疲れ果て、26日早朝に家族で家を出た。

主婦は、出資金の私的流用を否定する一方、出資法に抵触する元本を保証しての資金集めについては認め、今後については、「弁護士と相談し、謝罪と出資金の返還方法を考えたい。法的な裁きも受けるつもり。本当に申し訳ないことをした」と話した」(読売新聞2月1日より抜粋)


金を返せ~と言ったところで、ない袖は振れぬ…戻って来ないでしょう 預けるほうも預けるほうだと思いますが、人間、魔がさすときというのがあるのかもしれません


団塊の世代が続々と退職しますから、退職金を狙って、また同じような事件が起きそうな気がします…
一朝一夕に資産が倍になるわけがありません


銀行や証券会社にも要注意です 某証券会社はリーマン破綻の前日までリーマンの社債を売り込んでいたのですから
しつこく勧誘されても、断固として断る勇気が必要です。
「皆さん、投資していらっしゃいますよ~」とか
「とにかく利回りがいいんです」などという言葉に心を動かされてはいけません


こまちは証券会社に「社債とかは一切買う気がないから怪しげな商品は一切勧誘しないで~」と言っているのですが、
ときおり、変な商品を勧めることがあります
そんなときは「だ・か・らぁ~ 買わないって言っているでしょうがぁ~ ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!
と怒鳴ってやります こまちのストレス解消法でもあります

人のいい方々が甘い罠に落ちないように祈っています

無知の悲劇

アフリカのケニア中部で、横転したトラックから漏れた油に引火し、住民ら110人以上が死亡しました

「事故があったのは、ケニア中部のモロ近郊の路上で31日、油を積んだトラックが走行中に横転しました。そこへ漏れた油を盗もうと多くの住人らが集まったところ引火し、111人が死亡、多数が重傷を負いました。救助関係者によると、何者かがたばこの火を落とした可能性がある一方、事故現場で警察が道路封鎖をしたことに怒った人が故意に火を放った疑いもあるということです。ケニアでは、数日前にも首都ナイロビのスーパーマーケットで25人以上が死亡する火災があったばかりでした」
(ANN News 2月1日より)


ガソリンは揮発性で危ない!というのは日本では常識…油が漏れているなんて聞いたら、あわてて避難すると思います
油を盗もうと100人以上も集まるなんて信じられません


考えてみたら、日本では一家に一台、あるいは数台、車があります。車を持っていない人でも、友人、知人、親戚の誰かが所有していますから、ガソリンが危険なことは大抵の人が認識しています。


警察が道路封鎖をしているのに、それをかいくぐって、盗もうとしたのはガソリンについて無知だったからではないでしょうか


日本でも駐車中の車からガソリンを盗んだり、ストーブの火を消さないで灯油を足して火事を起こしたりする輩がいます
が、路上に流れているガソリンを素手で掬おうとする人はいないと思います


油を盗もうとしたことは悪いことです。
でも、それが命と引き換えの行為になると知らずにしたことだとしたら…あまりにも重い天罰です


アフリカには小学校へ行けない子供達が大勢います。学校どころか、生命の危機に瀕しています。だからといって、こまちには何もできません
今はアフリカの子供を助けるどころではありませんが、将来、少しでも寄付をする余裕が持てるように、市場の低迷に負けずに
頑張っていきたいと思います

年金難民

ご覧になられた方も多いと思いますが、28日の毎日放送で年金問題を取り上げていました


そこで出てきた言葉が「年金難民」 ネットカフェ難民とか派遣難民とか、マスコミは難民という言葉がお好きですね こまちは「難民」という言葉からは政治的・宗教的な迫害を受けて逃げてきた人々という印象を受けてしまうので、ちょっと違和感があります。


番組では「年金難民」を「日本国内では豊かな生活ができないので、海外に移住した人」という意味で使っていました 今、年金生活者がぞくぞくと東南アジアに流出しているそうです


タイのチェンマイには2,000人以上の年金難民が生活していて、番組に出ていた夫婦は月18万円の年金でした。それだと日本では節約、節約の味気ない生活しかできない、しかし、タイだと
10万円で豊かな生活ができます が、その一方で、バスタブや台所のない部屋の不自由さ、孤立しがちな環境に耐えなければなりません


若いうちは海外で生活するのもいいと思いますが、年を取ってから海外で生活するのは… 若くて体力があったとしても、楽しいのは1~2年ぐらいで…だんだん体のあちこちに疲れが出てきます。とくに暑い国はそれが顕著です


日本国内を隅々探せば、安く住めるところがあるのではないでしょうか
「難民」と題しているのですから、それが決して楽園ではないことは確かです。金銭に余裕があって海外へ行くのならいいのですが、生活が苦しいから海外へというのは…今は円高だから、いいかもしれませんが

海外生活でトラブルに巻き込まれたり、病気になったりしたら、節約どころか高い代償を支払うことになりかねません


でも、東南アジアで幸せに暮らしている人もいるのですから、どうしても老後は海外でという方には「難民」と揶揄されないように、しっかりと計画を立てて夢を実現してもらいたいです
「年金難民」といわれないために

プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。