老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂とトイレは要注意!

立春なのに寒さはピーク


こういう時に気をつけなければいけないのがお風呂とトイレ


「入浴中に高齢者が急死する事故が相次いでいる。


 大阪市のまとめでは、下旬から急に冷え込みの厳しくなった昨年12月には、前年の2倍にあたる30人が死亡。各地でも11月から3月にかけて毎年事故が集中することから、医療関係者らは寒い時期の入浴に十分注意するよう、呼びかけている。


 こうした事故は、一般に「ヒートショック」と呼ばれる。脱衣による寒さで血管が収縮すると血圧は上昇するが、熱い湯に入ると血管が広がり血圧は下がる。血圧や脈拍数の急変動が引き金になって、浴槽でおぼれたり、脳卒中、心筋梗塞が起きたりする。


 家庭の浴槽内での溺死者は年間約4000人に上り、うち高齢者は89%(厚生労働省調べ)。原因を心臓・脳疾患発作まで広げると、東京救急協会は「入浴中の死亡者は全国で年間1万4000人以上」と推計している。


 大阪市消防局によると、2011年の入浴中の死亡者は171人(速報値)で、うち65歳以上が90%。これまでを分析すると、約80%が自宅で入浴中に亡くなっているという。


 周囲に誰かがいる共同浴場に比べ、「個室」の自宅浴室の事故は、救護が遅れるケースが多い。大阪市でも、昨年12月だけで「風呂から出てこないので家族が見にいくと、頭まで湯につかっていた」(70歳代女性)、「脱衣所で倒れ、心肺停止状態だった」(80歳代女性)などの事例が相次いだ。救急課の担当者は「少しでも気分が悪くなったら、風呂の栓を抜いて。それで少なくとも溺死は防げる」と呼びかける」(読売新聞2月4日より)


こまちの親戚でも、一人暮らしのお婆さんがお風呂で死んでしまって、親族が1週間後に発見したのですが、それはそれは見るも無残な状況だったそうです


若い人も近年、高カロリーの物ばかり摂取している人が多いので、油断大敵です…こまちの従兄弟は学生時代応援団に入って、連日連夜の暴飲暴食…その結果30代で世を去りました
きれいな奥さんをもらって、子供もでき、これからという時でした 彼の場合は職場で倒れたので良かったのですが、温泉などで死んだ場合は施設側から相当な賠償を求められるそうです


去年、日帰り温泉に行った時、お風呂に入りながら、冷たい生ビールを飲んでいた人がいたのですが、さすがに施設側が自重したようで、お風呂での飲酒は禁止になっています


湯上りのコップ一杯のビールはいいとしても、その逆は危ないですよね


田舎の家は広いので、冬がとても寒いです こまちの家はボロ屋なので、隙間風も入って、寒い、寒い なので、冬は絶対に帰りませんε=ε=(;´Д`)
普通、居間だけ暖房をつけているので、トイレで倒れて亡くなるケースが多いです トイレで倒れた場合はほとんど助からないと近所の人が言っていました


資産だけでなく、体調もしっかりと管理していきたいものですね


チーちゃんのつぶやき


インコ 箱の中2


 


 


只今、お食事中です


この中は暖かいです~


 


 


インコ 箱の中1


 


 


なぬ ダウが上がったって


操作されているとしか思えません


 


 


ここで↓↓↓いろいろな投資ブログが見られます
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スポンサーサイト
コメント
No title
お風呂の温度が寒さで上がりません。寒いです。
2012/02/05(日) 17:45 | URL | masaru #79D/WHSg[ 編集]
No title
masaruさん



底冷えする寒さですね…



不覚にもインフルエンザをもらってしまったようです
2012/02/05(日) 18:25 | URL | こまち #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。