老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本中、どこへ行っても同じかも…

こまちの親戚はほとんど中部地方に住んでいるのですが、最近、鼻水や咳が止まらないので花粉症かもしれないと言っています


マイナス15度で花粉症???
こまちは放射能を疑っています…(´-д-;`)


政府は隠し続けていますが、今でも放射能が漏れていると思います


「国の原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)が東京電力福島第1原発事故直後に実施した子供の甲状腺の内部被ばく検査で、基準値以下だが線量が高かった子供について内閣府原子力安全委員会からより精密な追加検査を求められながら、「地域社会に不安を与える」などの理由で実施に応じなかったことが分かった。専門家は「甲状腺被ばくの実態解明につながるデータが失われてしまった」と国の対応を問題視している。

 対策本部は昨年3月26~30日、福島第1原発から30キロ圏外で被ばく線量が高い可能性のある地域で、0~15歳の子供計1080人に簡易式の検出器を使った甲状腺被ばく検査を実施した。

 安全委が設けた精密な追加検査が必要な基準(毎時0.2マイクロシーベルト)を超えた例はなかったが、福島県いわき市の子供1人が毎時0.1マイクロシーベルトと測定され、事故後の甲状腺の積算被ばく線量は30ミリシーベルト台と推定された。対策本部から調査結果を知らされた安全委は同30日、この子供の正確な線量を把握するため、より精密な被ばく量が分かる甲状腺モニターによる測定を求めた。安全委は「ヨウ素は半減期が短く、早期に調べないと事故の実態把握ができなくなるため測定を求めた」と説明する。

 しかし、対策本部は4月1日、(1)甲状腺モニターは約1トンと重く移動が困難(2)測定のため子供に遠距離の移動を強いる(3)本人や家族、地域社会に多大な不安といわれなき差別を与える恐れがあるとして追加検査をしないことを決定した。

 対策本部被災者生活支援チーム医療班の福島靖正班長は「当時の詳しいやりとりは分からないが、最終的には関係者の合意でやらないことになった。今から考えればやったほうがよかった」と話す。安全委は「対策本部の対応には納得いかなかったが、領分を侵すと思い、これ以上主張しなかった」と説明する。

 国際原子力機関(IAEA)は昨年6月、甲状腺の積算被ばく線量が50ミリシーベルト程度の子供でも甲状腺がんのリスクが上昇するとして、甲状腺の発がんを防ぐためのヨウ素剤服用基準を100ミリシーベルトから50ミリシーベルトに引き下げている。30ミリシーベルト台はこれに近い数字だ。

 東京工業大の松本義久准教授(放射線生物学)は「データに基づけば、福島で実際に甲状腺がんが増えることはないと思う。しかし当時精密に計測していれば住民の安心につながっていた」と指摘している」(毎日新聞2月21日より)


福島だけでなく、東京もかなり被曝しているでしょう…
同僚の息子は東京で働いているのですが、「避難すること」は「仕事を辞めること」になるので、動くに動けないと嘆いていました


京都で今日、地震がありました…西日本へ避難したと思ったら、福井でドカンということもあり得ますから、仕事を失ってまで逃げることはないと思います 田舎の人にとって、とくにお年寄りは住み慣れた土地を離れることは地獄の苦しみです…


こまちは関西に来て長いですが、いまだに大阪の文化にはなじめません 「自分(あなた)は何やねん!」とか言われるとむかっときます 


お笑い芸人を見た人は分かると思いますが、関西人の中には平気で他人の頭を叩く人がいるんですよね…悪気はないのでしょうけれど、こまちにとっては許せない行為です


昔、東京から2年間の出張で大阪へ来た人が重度の大阪アレルギーになって、「東京へ帰りたい~」と叫び続けていました


お年寄りは寿命が知れているので、無理をしてまで移住しなくてもいいと思います ただ、病院やスーパーがなくなり、ライフラインまでもがダメになると移住せざるを得ませんが、その際には政府が保証すべきですよね…テレビで人のいなくなった町を特集していましたが、隣町まで買い出しだなんて、本当にお気の毒です


明日は我が身…もしものことがあったら、地域共同体で助け合って乗り切っていきたいです


小出先生の動画です…



ここで↓↓↓いろいろな投資ブログが見られます
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スポンサーサイト
コメント
No title
腹立たしい報道は目に付きますけど、まあ学者が何と言おうが、物理の法則から逃れられないわけで。



自然の事象は法則に従って時間軸に応じて淡々と進みますからね。

4,5年後に、結局チェルノブイリと変わらなかったというのは本当に笑えない話です。



潜在的リスクは、少なからずどこにいようが3.11以降は包含しているわけで。

まあどこまで許容できるか、個々人の判断となりますね。



ただまあ、心配しすぎて体に触るということもありますから、時には鈍感になることも必要かもしれません。
2012/02/22(水) 01:41 | URL | みっちー #79D/WHSg[ 編集]
No title
みっちーさん



鈍感にならないと、今の民放は見られないですね



小出先生じゃないけれど、3.11以降、世界は変わったと腹をくくるしかないかもしれません



往生際の悪い人ほど海外へ逃亡しているのでは?な~んて、貧乏人の勘ぐりですけれど
2012/02/22(水) 17:51 | URL | こまち #79D/WHSg[ 編集]
No title
今日は病院でした。
2012/02/22(水) 20:23 | URL | masaru #79D/WHSg[ 編集]
No title
masaruさん



私も2つの病院へ行きました



病院って疲れるんですよね…



お大事に
2012/02/23(木) 01:12 | URL | こまち #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。