老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー豆まで中国依存!

衣料品も100円ショップの商品も中国製ばかり
そして、コーヒーまで…


「あなたがオフィスや家庭、外出先で飲むコーヒーは、ひょっとしたら中国・雲南省産のコーヒー豆から作ったものかもしれない。すでに雲南はアジアで最も大きく、最も高品質な小粒種コーヒー産地となっている。その中でも最大の生産地が、世界的にお茶の産地で有名なプーアル市だ。

 昨年11月12日、この地に飛んできたのはスターバックス社のハワード・シュルツCEO。同社は雲南省農業科学院、プーアル市政府との間で、コーヒー産業の発展を推進する協力覚書に調印した。雲南に原料供給基地を設立するというのが趣旨。そのときは珍しく、シュルツ氏自らがビジネス計画を披露した。これは雲南を戦略的に重視している何よりの証拠だろう。

 だが、その9日後にはコーヒー企業の巨人、ネスレ社もプーアル市政府と協力覚書に調印した。双方は雲南でコーヒー生産に必要な人材を育成し、技術開発をしてブランドを打ち立てるなど、多方面で協力することを約束した。実は、このネスレこそ雲南をコーヒー産地としたパイオニアといえる。

 「一昨年、弊社がプーアル市で調達したコーヒーは8000トン程度だが、今後数年で倍増するだろう」

 ネスレ(中国)有限公司・グレートチャイナCEOのローランド・デコルベット氏は、『中国経済周刊』の記者にそう語った。

 ネスレ社は、1988年に雲南省でコーヒーの実験栽培に入り、その後すぐに雲南でのコーヒー作りを正式に決定した。この20年で同社は5000万元を投資し、5100人以上の研修生を受け入れた。

 「現在、ネスレが中国で販売しているコーヒーのうち、小粒のコーヒー原料は雲南で作れるようになり、さらに輸出もできる」と、デコルベット氏は雲南との覚書をさらに拡大する意向を明らかにした。

■五カ年計画でコーヒー豆増産

 そもそも雲南で、プーアル茶を生産していた現地農家がなぜ、コーヒー生産に乗り出したのか。2007年ごろ、プーアル茶が投機的な相場展開になったことがある。価格が乱高下し、地元農家は天国と地獄を味わった。そのとき、「すべての卵を一つのかごに入れるべきではない」との教訓を得た。以来、それまで「人も牛も馬も食わなかった」コーヒーが注目の的となり、プーアル茶に次ぐ新たな産業となった。

 現在、世界の5大コーヒーメーカー(ネスレ、米マックスウェル、米クラフト、独ニューマン、イタリア・イカム)はすべて雲南に進出し、ここでコーヒーを作り出荷している。日本のUCC上島珈琲やシンガポール、台湾などのコーヒー関連企業もこぞって雲南に乗り出している。最近では「後谷」「景藍」「桑莱特」など、現地の有力コーヒーブランドも出てきた。雲南ではコーヒー産業の基盤が整ったといえる。

 世界には現在100余りのコーヒー品種があり、最も商業的価値を持っているのは、小粒種と中粒種。雲南は、世界でいちばん有名なコーヒー産地コロンビアとちょうど同じ緯度上にあり、小粒種コーヒーの生産に適しているといわれる。

 プーアル市の楊衛東副市長によると、11年10月現在、同市での小粒種コーヒーの作付面積は42.5万モ(中国の土地単位1モ〈畝〉は666平方メートル)であり、雲南省全体の65.8%を占める。11年の生産量は2.85万トンで、全国の57.5%を占めている。その売上高は、8.55億元にも上るという。中国における11年からの第12次五カ年計画期間中に、雲南省ではコーヒー産業に30億元を投資し、コーヒー豆の生産量を年20万トンまで増やすとしている。この5年間で、雲南のコーヒー産業は大きく発展していくだろう。

■大量収穫による値下がりを懸念

 一方、さまざまな課題にも直面している。

 世界のコーヒー生産量は年700万トンで、うち55%は南米で生産され、17%はアジア、11%はアフリカで産出されている。中でも、ブラジル一国の生産状況に、ほかの国も影響を受けるという。

 ここ1、2年、コーヒー価格は暴騰しており、この高値が今後10年間は続くといわれている。そのため、世界のコーヒーメーカーは新たなコーヒー産地の開拓に必死になっているという。実際、今回の取材でわかったことは、雲南のコーヒー豆の最大のバイヤーは、スターバックスとネスカフェ、マックスウェルだ。

 「苗を植えて3年後には結実し、5年目から7年目には、大量に収穫できる時期を迎える」と雲南省の地元政府関係者は話す。しかし、「豊作になれば、コーヒー豆の値が下がり、地元農家はかえって貧しくなる。何とかそれを避けたい」とその関係者は懸念する。プーアル茶のリスク分散で始めたコーヒー生産だが、悩みの種は尽きない。

(『中国経済周刊』12月19日号/孫 氷記者(北京で報道) =週刊東洋経済2012年2月25日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります」


コロンビアやブラジルからも輸入しているとは思いますけれど、過度に中国に依存するのは問題ですよね とくに飲食物は避けてほしいです 残念なことに福島原発の事故で国産品も危なくなりました 東日本の農産物に対して、輸入規制をかけている国も多いです。安全ならば、規制を解除するはずで、そうしないということは検査で危険信号が出ているのでしょう(´-д-;`)


原発のあるところに直下型地震が起きれば、その時点で北半球は終わりかもしれません これは日本だけでなく、中国や韓国でも同じことで、災害が起きないことを祈るしかありません


スーパーではペットボトルのお茶が山積みになっていますが、買う人はいません が、西日本の産地限定で作られた飲料水は売り切れです…
日本政府が安全と言えば言うほど、消費者は警戒するでしょうね


ここで↓↓↓いろいろな投資ブログが見られます
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

スポンサーサイト
コメント
No title
どんどん中国比率が高くなりますね。



ネスレの管理なら安心ですが。
2012/03/16(金) 19:55 | URL | masaru #79D/WHSg[ 編集]
No title
masaruさん



産地を表示していない商品は買わないほうがいいですね…



放射能も怖いけれど、中国の汚染は

バレなければ何でもアリなんて、日本企業の質も落ちたものです

ただ…最近、滋賀県の農家から直接買っている野菜でも、食べるとちょっと調子が悪くなることがあるので、日本全体が汚染されているのかもしれません
2012/03/16(金) 20:03 | URL | こまち #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。