老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクコストの呪縛

買うのは簡単なのだけれど、売るタイミングが難しいと証券会社に言われたことがあります。儲かっていたらともかく、損失を抱えたときに損切がなかなかできません。おもしろい記事を見つけたので、引用します。

「■サンクコスト
 運動不足が気になって、スポーツクラブに入会したとしよう。入会金に5万円を払い、会費は毎月2万円かかる。最初の1、2カ月こそ熱心に通っていたが、仕事が忙しくて足が遠のき早1年。「通わないのならさっさとやめればいいのに」と周りは言うが、本人は退会する気になれない。
 なぜか? 「サンクコストの呪縛」にかかっているからである。

 サンクコストとは埋没(サンク)した費用、つまり、すでに支払って、今後も回収できない費用を指す経済用語だ。この例でいえば、入会金と1年分の会費を合わせた29万円がサンクコストにあたる。今後、奮起して運動を再開する意欲もないのに、すでに払った29万円にとらわれて、ずるずると会費を支払い続ける。その結果、無駄な出費がますます嵩む。サンクコストの呪縛により、合理的な判断ができないのだ。

 サンクコストの概念は、時間を例に取るとわかりやすい。5年間付きあった彼女はどうやら結婚する気がないらしい。別れるべきか、否か。経済学的には、未来へ続く合理的な判断のために、「サンクコストはきっぱり忘れる」が鉄則である。したがって、この場合の正解は、今の彼女とは別れ、新しい出会いを求めること、となる。失われた5年間はサンクコストとしてきっぱり諦めるべきなのだ。

 企業が「失敗しそうな事業を継続する」のは、個人と同様、まさにこの「サンクコストの呪縛」に陥っているからといえるだろう。
 たとえば、3億円をかけて開発した新商品がまったく売れなかったとする。社内から販売中止を求める声が挙がったとしても、それまでにかけたお金にとらわれて販売中止に踏み切れない。投資の額が大きければ大きいほど、当然、心理的負担も大きい。開発に費やした時間も足枷になって、ますます損切りができない。


■最も怖いのは名誉やプライド

 念頭におきたいのは、投資がすべてサンクコストになるわけではないという点だ。そもそも商品やサービスの生産に関わるコストは、大きく二つに分けられる。一つは工場の建設や機械の購入など、生産量に関係なくかかる「固定費用」、もう一つは、原材料や燃料費など生産量に応じた「変動費用」だ。
 このうち、すでに支払った変動費用は回収することはできないが、固定費用は工場や機械を売却するといった方法で回収できることもある。その回収できる金額を差し引いたものが、サンクコストとなる。つまり、500万円で買った機械を200万円で売却すれば、300万円がサンクコストになる。

 ここで大切なのは、この300万円をはじめとする過去の投資を、一切、頭から消去すること。そのうえで、今後、発生する追加費用にも着目しながら、撤退か継続かを決める。過去のお金や時間の投資にとらわれていると、経済合理性に則った冷静な判断はできない。繰り返しになるが、「サンクコストは忘れること」とくれぐれも肝に銘じておくといい。

 もっとも、撤退を決めればさらなる損失は避けられるものの、会計上の問題が浮上したり、それまでの投資が減収益に影響して、株価を左右することもあるだろう。また、ひょんなことから、売れなかったその商品なりサービスが突然ヒットする可能性だって否定できない。現実の経営判断の難しさは実に複合的な要素が絡んでいる。
 さらに言えば、たとえサンクコストの呪縛やもろもろの懸念材料から解放されたとしても、組織では、また別の呪縛に陥ることも考えられる。それは、名誉やプライドである。誰々さんが始めたプロジェクトだから、自分の沽券に関わるから、と社内の人間関係や周囲の評価を気にして、赤字事業に固執してしまう。案外、こちらの呪縛のほうが闇が深いのではないだろうか。

-------------------------

経済学者・関西大学大学院特別任用教授
吉本佳生
よしもと・よしお●1963年、三重県生まれ。専門は、生活経済学、国際金融論。2009年1月から、NHK『出社が楽しい経済学』を監修・出演。消費者目線で語る行動経済学者として注目を集める。著書多数」(プレジデント12年8.13号より)

カタカナ言葉でなく、和語で表現してもらいところですが、まあ、こういう言葉を流行らせるのが昨今の学者が好むところでしょう。
企業の場合、撤退すべきかどうか、思案のしどころですね…

個人の投資に関しても、うまいこと底で買わないと、その後の運用が株にしろ、投信にしろ難しいです。リーマンショックの時に買った投信はいまだにプラス…つくづくタイミングって大事だと実感させられています。

応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
ワンマンオーナーの始めた赤字のゴルフ場とか、負けを認められないから撤退できないケースが多いですね。
2012/08/07(火) 12:13 | URL | masaru #-[ 編集]
No title
masaruさん

ワンマンオーナーって、うまくいっている時は行け、行けでいいのですが、他の人の意見を聞かないから逆になった場合、負のサイクルを大きくしてしまいますよね…

プライドや本人の思い込みもありますが、親分肌で社員思いの社長さんの会社が倒産するのは見るに忍びないです…
2012/08/07(火) 20:07 | URL | こまち #-[ 編集]
No title
> 1が達成されなくても結果として2が達成されればいい、というのがFRBの考えだと思います。
僕は、QEは銀行を助けるためのものだと思っています。
でも、延命させているだけに過ぎず、そうすることによりどんどんドルの価値は無くなっています。1度火がつけば大変なことになると思います。
まさにヘリコプター・ベンです(^^

> 夏はとくにお勧めです!
そうですね(^^
冬の雪景色や遠くに見える真っ白な白山の景色も好きです。
春、秋は鯖街道でしょうか。

> 休むも相場…おっしゃるとおりだと思います!
株は、かなり損をしてるのですが、今、売ってしまおうと考えています。
こうなったのも、サンクコストの呪縛ですね(^^v
そして、その資金を寝かせておいて、株が大暴落したときに備えることにします。
近い将来、株は大暴落しますよね?
あっ、その前に1度高騰します?
僕は、それを待っていたのですが、日経は9000円前後をウロウロしてるだけだし。。。
2012/08/10(金) 18:33 | URL | かず #-[ 編集]
No title
あっ!↑は、『リストラ部屋は恐ろしい』にレスするつもりでしたが、こんなところに入ってしまいました(;^_^A アセアセ・・・
今日は、酔っ払ってるわけじゃ無いですよぉ~(^^;
2012/08/10(金) 18:37 | URL | かず #-[ 編集]
No title
かずさん

鯖街道…いいですね~ 韓国の原発がドカンと行く前に食べておきたいですv-271

株が上がるか、下がるか、素人の私には読めませんが、オリンピック後の来週に注目していますv-391
中国が仕掛けてくるのか、欧州がこけるのか、それともアメリカがドタッとくるのか、楽しみです~
2012/08/10(金) 19:50 | URL | こまち #-[ 編集]
No title
かずさん。

うっかり見落とすところでした(^_^;)

銀行を助ける意味もあると思いますが、それはやや傍流なんじゃないですかね?日本を参考に処理は早めたが望んだ結果がついてこない、ってところじゃないでしょうか。

経済成長に適度なインフレは必要ですが、そのさじ加減が難しく、また見る人によっても見方が変わってくる微妙な部分ですね。バランス感覚をどうみるかですね。。
グリーンスパン総裁の頃はよく知らないのですが、彼がカリスマと言われるゆえんがどの辺の部分にあるのか興味あります。経済は勉強をし始めると、本当に材料には事欠きませんね。

鯖街道もチェックしておきますφ(..)m

損失の精算、見極めが難しいですよね。
時期は分かりませんが暴落はかなりの確率であると思います。直近だとやはり3.11の水準と比べてどうか、ってところですかね。
中長期でも上がる見込みの薄い銘柄は損切りですかね。

私も過去にTOB→上場廃止とPOでやられました。
つくづく損切りラインの設定は重要だと思います。
2012/08/11(土) 16:08 | URL | みっちー #-[ 編集]
No title
みっちーさん、すみませんm(_ _)m

書き直そうかとも思ったのですが、こまちさんの手を煩わすのもと思いやめました。

> 銀行を助ける意味もあると思いますが、それはやや傍流なんじゃないですかね?
ま、そうかも知れませんが、金融機関はイカサマ賭博化してますし、FRBは民間銀行ですしね。
ドルを維持させるためには奴ら何でもすると思うんですよ。

> 鯖街道もチェックしておきますφ(..)m
自然以外、何も無いところなんですけどね~(^^;
僕は川原でのんびりバーベキューしながら過ごすのが好きですけど。

> 中長期でも上がる見込みの薄い銘柄は損切りですかね。
そうですね~。もう製造業は駄目なんでしょうね。アメリカがそうであるように。
金融関係もドカっと来そうですし。
マニー、シスメックス、大研医器辺りでしょうか(^^
2012/08/12(日) 21:56 | URL | かず #-[ 編集]
No title
あっ! ↑途中でした。
> 直近だとやはり3.11の水準と比べてどうか、ってところですかね。
近い将来では、リーマン以上のことが起こると思っています。
アメリカ発世界大恐慌とでも言うか。。。

> 損失の精算、見極めが難しいですよね。
予測したって無意味なのかも知れませんね。
今回の野村の件でも判るように、市場はイカサマ博打ですから。

こんなのありました。
『悪者は野村だけか 主犯は外資で法の外』
http://diamond.jp/articles/-/22435
2012/08/12(日) 22:07 | URL | かず #-[ 編集]
No title
原子力ムラに負けず劣らずのムラ組織が金融業界にもありますね。

何でもやるぜ!の文脈からQEも出てくるんでしょう。やっぱ9月ですかね。それ以降は選挙もあるので難しいでしょうし。

しかしオバマが再選したとして、バーゼルⅢをやりつつ、財政の崖にも対応する。かなりの抵抗にあいますし実際、どれだけ有効かもよく分からない。かといって立ち止まることは許されず進むしかない。政権内部の分析班も揺らいでいると思いますね。何せ思った通りの結果が出ない。

考えただけでも嫌でしょう。オバマは当選しても落選しても地獄ですね。


LIBORも公正明大を追及すれば、じゃあリーマンショックのような危機対応はどうするんだい?という問題は残るわけで、落としどころがどこになるかですね。まあ交渉ごとは有利に進めたいんでしょうが、一歩間違えると塞翁が馬の状態にもなり得ます。こんなところでも一進一退の攻防があって全く先が読めません(^_^;)


製造業に関しては、全体のパイをみると、私は決して悲観はしていません。旧来型企業でシャープ、ソニー、パナソニックなどは先読みを誤った単なる経営の失敗とみています。
シャープとホンハイ、どうですかね?ホンハイは台湾企業らしからぬ、えげつなさをもった企業とみる識者もいます。ホンハイが更に大きく成長する可能性は高いと思いますが、その課程でシャープはどうなってしまうのか?

一方でレノボと組んだNEC。レノボとIBMは相性がいいかなと思います。やっぱり組む相手は大事ですね。

製造業でも経営陣がしっかりしているところ。日本電産とか村田製作所とか京セラとか。こういうところは強いなと思います。大型株の場合、軟調な市況ではなかなか株価が回復しませんが成績のいい企業は他にもたくさんありますね。手っ取り早いのは中小型株ですか。

しかし信用不安が後退して投資にお金が戻ってきたときには、これらの大型企業の株価も確実に回復すると思います。ただその時期がいつになるか、その辺が難しいと思います。
中小型株の欠点は流動性が低いこと。しかし業績のいい企業はホールドする株主も多いですから、結果的に市況が軟調でも値崩れしないなと思います。誰か売り浴びせる人がいても結局しばらく経つと回復していますね。

ヘルスケア部門もかなり成長は期待できますが、問題はいつ買うかです。落ちるナイフは拾ってはいけないが、下がった局面で買う、バリュー投資は今の市況では特に有効だと思います。ひふみ投信やJF・ザジャパンは回転率を上げて成功していますね。ああいうやり方は素人では無理なので、いっそのことこれらの投信を買うのも手だと思います。

マニーは上がっていますが、シスメックスはちょっと調整入ってますね。大研医器は強い。

医薬品だと社長交代でいったん株価が下落したツムラが戻ってきました。他に哺乳びんメーカーのピジョンや日本オラクルも強いですね。こういう銘柄はチェックしているうちにあれよあれよと上がってしまうので、信用買やミニ株の積立なんかが向いているのでしょうね。

これらの会社に共通しているのは経営がいいこと。中長期的にはファンドメンタルズ分析が利いてきます。ちなみに私が今持っているのは大研医器だけ。シスメックスは調整を見越していったん投げました。他は買い損ないました…。投資って難しいですね(汗)
2012/08/14(火) 16:08 | URL | みっちー #-[ 編集]
No title
みっちーさん

優良企業は生き残りますよね!

京セラはリーマンショックの時に4000円台になり、三菱商事も1000円割れ…買いたかったのに軍資金がありませんでした(泣)

今度こそ、買いたいと思っていますが、市場はチャンスをくれません…
本当に難しいですね。
2012/08/14(火) 19:46 | URL | こまち #-[ 編集]
No title
みっちーさん、分析ありがとうございます。

> 原子力ムラに負けず劣らずのムラ組織が金融業界にもありますね。
ムラと言うより、一握りの資本家(国に金を貸す連中です)が世界を操っていると思っています。

> 何でもやるぜ!の文脈からQEも出てくるんでしょう。やっぱ9月ですかね。それ以降は選挙もあるので難しいでしょうし。
なんだかこのところ非常に怪しい雰囲気ですね。近々なんか来そうですかね。

> 考えただけでも嫌でしょう。オバマは当選しても落選しても地獄ですね。
オバマは、アメリカ崩壊の立役者としての重要な使命が与えられているのではと思ったりもしてます。陰謀論?(;^_^A アセアセ・・・

> LIBORも公正明大を追及すれば、じゃあリーマンショックのような危機対応はどうするんだい?という問題は残るわけで、落としどころがどこになるかですね。
LIBORも、未だ燻ってますね。
住宅ローン、デリバティブ商品等契約無効?
金利そのものが関わっている商品は過去に遡って無効になる?
このことは、すべてが詐欺ということになる。ここから火がつくか?
市場の金額換算は300兆ドル。

> 一進一退の攻防があって全く先が読めません(^_^;)
そうですね~。ほんと分からない(^^;

> これらの大型企業の株価も確実に回復すると思います。
大型企業でも、家電はパスかな~。

国に関わってる重要な企業はどうですか?
三菱重工、日立、富士通等

> シスメックスは調整を見越していったん投げました。
へ~、この状況で売ったのですか。
1年、2年のチャートを見ると、たいして下がってる様子は無いし、過去10年を見ても上り調子なので、素人の僕からすると、売る理由が分からないです(^^;

> 信用買やミニ株の積立なんかが向いているのでしょうね。
へ~、そうなんですかφ(.. )メモメモ

日本電産、村田製作所、京セラ、ツムラ、ピジョン、日本オラクルφ(.. )メモメモ
2012/08/15(水) 21:50 | URL | かず #-[ 編集]
No title
かずさん。

この辺の話になると、やはりちょっと認識が違うなと感じます。
ロスチャイルド、ロックフェラー、またアングラ経済のことなど、これらの情報はしっかり頭に入れておくべき事だと思います。しかし私は、あくまで参考程度と考えていまして、あとは各国の外交史や経済構造についてしっかり学ぶことが必要と思います。これである程度、今後の情勢について先読みすることも可能だと思います。

言うまでもありませんが、各国政治は微妙なパワーバランスの上に成り立っていて、それらが激しくうごめくときに尖閣や竹島、北方領土の問題も出てくる。後ろ手にはアメリカ、ロシア、そして中国がいて、表だった領土問題の背後には、同時に経済的にいかに日本を取り込むか、という各国の思惑があります。

この辺ことは理解するのが非常に難しいですね。たまたま身内に、外交史を専攻している弟と政治史を専攻している従兄弟がいるので、今度この辺を議論してみたいと思います。
ともかくまだまだ勉強が必要です。しっかり励みたいと思います(^_^)


LIBORについては各国当局がどう判断するかですが、これ自体が何かの引き金になることは恐らくないと思います。銀行同士の訴訟合戦になると面倒ですが、まあ状況の推移を見守るしかないですね。

それから個別銘柄のことを随分書いてしまいましたが(^_^;)
この辺はかずさんと考え方が一致しますね。

同じく家電部門はパスです。
ここらはグローバル化の波で、海外勢力との過当競争で明らかに疲弊しています。立て直すのなら何らかのイノベーションで日本人にしか出来ない何か、をやらねばならないのですが、旧態依然とした巨大組織でなかなかままならず。日本で中小企業が強いのは何もたまたまではなく、元々危機意識が強いのと、ゆえにチャレンジャーな人材も揃っているってことなんでしょうね。

三菱重工はガスコンバインのタービンとリージョナルジェット、日立も不採算事業を切り離してスリム化し今期黒字計上ですし、富士通は農業分野のIT化に進出するなど、どれもなかなかアイデアに富んでいて面白い企業だと思います。
もっとも変化の早い現代にあって経営陣のさじ加減次第で、短期間でもどちらにも転ぶ可能性があるので、投資にあたっては財務諸表の分析は必須ですね。

シスメックス売りは私の懐事情によるものです(^_^;)
以前の買付から既に20パーセント以上利益が出ていて、ちょっと現金を確保したかったのでいったん投げました。折りをみてまた買い戻すつもりでいます。

テルモも徐々にですが戻してきていますね。やはり今の値付けは安いと考えている投資家が多いようです。あとは富士フイルムも下がりすぎかもしれません。こちらはあまり値は動いていませんが私は実力のある会社だと思っています。

評価が難しいのはドワンゴ。指標的には割高でも中長期だと買いでしょうか。にこにこ動画と同じことを、本当はテレビ局がやればなあと思うのですが(優秀な社員が多いので)いかんせん経営陣がアレなので期待できませんね。(TBSと楽天、フジテレビとホリエモン。孫さんも何かやってましたっけ?いずれも言えるのは先見性が無いということ。)
そういう点から考えると順調にプレミアム会員が増え続けていること、まだ本格的に世界戦略に打って出ていないことなどから、広がる裾野は広いと感じます。マイナス面としては外国に流れる文字が受け入れられるのかという問題(日本語は表意文字なので多少流れが早くても読めるが英語など表音文字はどこまで追えるかなど)やサーバーの設置費用がかさむこと、トラブル対応ですかね。

他にも最近上場したモブキャスト、エニグモ、エイチーム、ワイヤレスゲートなども悪くないと思うんですが、いかんせん情報通信関連は乱高下しやすく、手出しが難しい。

あとは、単なる人材派遣会社と思われているヒト・コミュニケーションズやタイヤ販売のフジコーポレーション、結婚式場経営のアイ・ケイ・ケイなんかもいいと思います。

いろいろ書きましたが、ご自身のポートフォリオと相談しながらやっていただくことと、多分にポジショントークも含まれますので、半分くらいは割り引いて読んでください。(^_^;)
2012/08/16(木) 10:38 | URL | みっちー #-[ 編集]
No title
こまちさん。

やはり今の局面では優良企業に投資していく、というのが一番安全な運用だと思います。
特に中小型株の場合、割安な株がずっと割安で放っておかれる…ということもありますけれども、余剰資金で投資していれば全く気にならないものです。

私も元々はポートフォリオを国内半分、海外半分と考えていたのですが、日本の株式市場の買付の7割が外国人という状況にあって円安に振れると即株高になる、という市況から、換金性の面からいっても国内の優良企業に投資する方が今は結果的にパフォーマンスが期待できるのではないかと思っています。

まあこれも国内企業の状態が盤石(一部を除いて‥)であるからこそ、できる投資方法だと思います。

それから銀行預貯金で国債運用、しっかり利ざやを抜かれて残った利息は雀の涙。企業貸し出しは低調で銀行の業績は絶好調。というのも何だかシャクですし(^_^;)

もっとも中長期的には海外向けの投資も増やしていく方向で考えていますが、これだけ安値で優良株が放置されている状況ですから、今は基本的に日本株買いですね。

いたずらにインカムゲインを狙うのではなくキャピタルゲインもしっかりもらっていく。業種にもよりますがある程度、株主の方もみながら経営をしている会社ですね。基本的に目をつけるのは。株価は企業の成績表でもあるので配当利回りが高すぎる会社が一概にいいとはいえないので、ストックとフローのバランスをしっかりみて計画的に投資できるように鋭意勉強中です。

あとは忘れてはならないのは余剰資金。今が低水準でもまた更に下がる可能性はありますね。
下がった時に買付られる資金は常に用意しておくべきと思いますし、それこそ生活資金は別に必ずとっておかなければいけないと思います。

ちまたには公認会計士、税理士、ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト等、金融にまつわる仕事をしている人はたくさんいますが、どれをとっても基礎知識だけでは不十分です。(職業人をバカにするわけではないので悪しからず…)
卓上の学問だけでなく実地でどれだけ役に立つ知識を身につけることができるのか、というのが最近の私の課題です。
2012/08/16(木) 10:59 | URL | みっちー #-[ 編集]
No title
みっちーさん

情報、ありがとうございます。
今日は日経、上げていましたが、欧米、中国等々悪材料があり、相場が一転するかもしれませんね。
じっくりと買い場を待とうと思います。

また美味しい企業がありましたら、ご教示ください!
2012/08/16(木) 20:43 | URL | こまち #-[ 編集]
No title
> この辺の話になると、やはりちょっと認識が違うなと感じます。
そうでしょうね~。
多分、世界情勢を見る角度が違うからだと思います。
僕は世界情勢の動きから投資を見ており、みっちーさんは、投資方向から世界を見ているからではないでしょうか。

投資情報ありがとうございます。
こまちさんへのレスを含めて参考にさせて頂きます。
2012/08/16(木) 21:15 | URL | かず #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。