老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の3大不良債権とは?

親戚の娘さんで、30歳を過ぎても、なかなか結婚を切り出さない彼氏に業を煮やして、「子供を産むなら早いほうがいいし…」と、それとなく結婚を促したら、「結婚したいのなら、他を当たってくれ!」とすげなく断られてしまいました。10年以上付き合ってきた彼氏だったので、彼女は結婚は当然と思い込んでいましたが、彼氏に結婚する気はさらさらなかったようです…

イーグルヒットクラブ(煽り?サイト)に次のような記事がありました

「奥さんが専業主婦であれば、それだけお金がかかるのだ。
子供がいれば、少なくとも成人するまでは責任を持たなくてはならない。
そのために、何千万円も必要なのだ。
そして、住宅ローン。これを借金と捉えていないなど論外の極みだ。
不良債権の権化である。

私が言いたいのは、「お金がないなら、結婚するな」とか「将来的に経済的不安があるなら、子供なんか作るな」ということではない。むしろ、日本の出世率の低下を憂うものであり、経済的事情から結婚を控えている若者たちに、苦言を呈したいほうだ。
国という組織の未来を測る重要な物差しは出生率であり、若者が結婚しない国に未来などありえるはずがないと考えている。

問題なのは、「結婚して子供を作り、家を買う」という行為が、不良債権と認識しなければならないということだ。こういった行為を当たり前と捉え、当たり前のように行うのではなく、結果的に大変なお金を必要とするとの認識を持たなくてはならない時代なのだ。住宅ローンを借金、あるいは不良債権と認識していないなんて、とんでもないことなのだ。

面白くもなんともない時代になってしまったのだ。結婚したり子供を作ったり、もちろん家を購入するということは、「完璧に不良債権が発生する」と未来不安予想図に書き込まなくてはならない時代なのである...。」(8月8日より)

人生の3大不良債権が「専業主婦」「子供」「住宅ローン」とは…小さいながらも楽しい我が家というのは昭和の古き良き時代の話なのでしょうか

実際に、男の人も独身を通す人が増えています。とくに最近、大企業のリストラも激化していて、先の見えない時代に突入した感があります。けれども、お金がかかるから、結婚しない人生なんて、殺伐としていますよね。こまちは「住宅ローン」だけは組まないほうがいいと思いますが、世の殿方には好きな人がいたら、結婚して家庭を持ってほしいです…

彼女は今、必死で婚活をしているのですが、30歳を過ぎると、なかなか難しいようです パソコンお見合いサイトでは1000件ヒットしたそうですが

応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
こんなんありました。
当たらずと雖も遠からず。

『何があっても消費税アップ』
http://mademoiselleai.nifty.com/madeailog/
2012/08/12(日) 22:49 | URL | かず #-[ 編集]
No title
かずさん

国会議員の定数削減の話はどうなったんでしょうね?
他国の飼い犬は要りませんゎ!
2012/08/13(月) 18:55 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。