老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業員を見殺しにした東電

フクイチを黙殺してきたマスコミも東電と同じ穴のムジナだと思いますが…

「8月22日、福島第一原発(フクイチ)内の休憩室で、男性作業員(57)が死亡した。この死の真相をめぐり、フクイチ内では、東電への不満が高まっている。作業員は言う。

「東電よ、オレたちを見殺しにするのか」----。

 亡くなった日立の下請け作業員はこの日、午前9時から作業を始め、9時50分に厚生棟(西門付近にある休憩室)で休憩中に体調不良を訴え、横になって休んでいた。同僚たちが仕事に戻った後の10時35分ごろ、意識不明の状態になっていたのを発見され、厚生棟の係員が10時43分、フクイチ内のER(救急医療室)に連絡をした。

 ここからが問題である。現場責任者は当時の状況をこう説明する。

「構内の日立休憩所から駆けつけた担当者が自動体外式除細動器(AED)を使うと、脈が戻りました。もうだいじょうぶと胸をなでおろしたんです」

 亡くなった作業員は、一度は"蘇生"したにもかかわらず、死を防ぐことができなかった。 現場責任者は続ける。「医師が来るまで20分以上が経過し、その間に容体が急変しました」。

 ERの事務所から厚生棟までは、約800メートル。車で駆けつければ2~3分の距離だ。亡くなった作業員は横になっているときに、大きないびきをかいていたことから、脳梗塞などの疑いがあり、大至急対応する必要があった。

 東電は「対応に問題はなかった」の一点張りで、医師の到着が遅れた理由について、現場に対する説明はないままだ。

 東電の硬直化した組織と危機意識の薄さは、事故後も不変だ。収束作業にあたる作業員の死は、これで5人目となった」(週刊朝日 2012年9月21日号より)

応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
1年半の間に、5人も死者を出す会社って、普通ならマスコミに徹底的に叩かれ倒産に追いやられるでしょうね。その他、表面化して無い人もいるかな。
亡くなった人達は、どんな層の人達なのでしょうか?
下請け会社、日雇い労働者?
2012/09/13(木) 01:11 | URL | かず #-[ 編集]
No title
かずさん

3.11の時に放射能で亡くなった方は多数いると思います。そして、今に至るまで何人亡くなっていることか…
噂では下請けではもう人手がないので、怖い筋の方にお願いしているとか…
リストラで切られた方々がローン返済のために最後の手段で原発に向かうなどということがないことを祈っています…
2012/09/13(木) 08:05 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。