老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金頼りの老後設計は破綻するかも…

私達の年金がとんでもないところに投資され、あげくに破綻ということもあり得そうですね。これはその入口でしょうか?

「厚生労働省は27日、AIJ投資顧問(東京)による年金消失問題を受け、企業年金の一つである厚生年金基金制度を廃止する方針を固めた。厚労省が28日に開く厚年基金の特別対策本部会合で、本部長の辻泰弘副大臣が、将来的に廃止する方向で制度改革を進めるよう指示する見通しだ。年内に改革案をまとめ、来年の通常国会に厚生年金保険法の改正案を提出することを目指す。
 廃止の時期は、積み立て不足の問題の解決や他の企業年金制度への移行準備などが必要なため、10年程度、先になるとみられる。同省は、加入者自らが運用を行う「確定拠出年金」などへの移行を促す方針。ただ、巨額の積み立て不足を抱える財政難の厚年基金の中には、解散を余儀なくされるところも出てきそうだ。
 改革案には、財政難の基金への対策として、基金の解散時に国に返還しなければならない積立金の減額を盛り込む見通し。複数の企業が加入する基金について、解散時の国への積立金返還に関し連帯責任を負う仕組みもなくす方向だ。
 厚年基金制度は、企業年金だけでなく、公的年金である厚生年金の一部も国に代わって運用するのが特徴。高金利や株高の時代は収益を伸ばしたが、超低金利や株価低迷の長期化で財政が悪化する基金が相次いだ。
 同省によると、約570ある厚年基金の半数で、企業年金部分の積立金が底を突くとともに、代行部分も積み立て不足となる「代行割れ」に陥っている。運用環境の改善が見込めない中、投資の失敗などによる「さらなる財政悪化を防ぐ」(幹部)ため、制度廃止はやむを得ないと判断した。
 厚年基金制度の存廃をめぐっては、民主党が「将来的な廃止」を掲げる一方、自民党は存続容認の立場だ。存続を求める厚年基金や自民党の反発は必至だ」(時事通信9月28日より)

自民党は存続容認といいますが、すでに積立金を取り崩している基金をどうやって救済するのでしょうか?企業年金はいい額だと言われていますが、それを当てに住宅ローンなど組んでいたら、大変なことになるかもしれません。廃止は結構ですけれど、積立金は返却すべきですよね!
どんな年金でも、無事もらえたら、それはそれで良いとして、もらえない場合の対策も考えておかないといけませんね。企業年金については国民年金しかもらえない人間にとっては他人事ですけれど、近い将来、年金がすべてフードスタンプになったりして…

応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
近い将来ハイパーインフレになる可能性もあるので、フードスタンプもあるかもですね。
アメリカではフードスタンプ受給者が5000万人を越えたとか。7人に1人が受給者になりますね。
2012/09/29(土) 18:07 | URL | かず #-[ 編集]
No title
かずさん

年金を払っていない人はフードスタンプももらえないことになりますから、やはり払うべきものは払っておくべきですよね。

明日、台風が直撃しそうですねv-12
2012/09/29(土) 18:57 | URL | こまち #-[ 編集]
No title
さっさとみんな確定拠出年金に移行してしまえばいいんですよ。
どしろうとのおじさんが運用する年金基金はみてられませんな。

かずさん、ハイパーインフレですか。。。

どう考えてもあり得ないと思いますが(^_^;)

山崎先生はこのような持論を述べてらっしゃいますね。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20120927-00007233-president-nb

一方でこういう風に批判する方も。
http://3line.blog51.fc2.com/blog-entry-125.html

どちらが信憑性あるかといったら、私は山崎氏の方を支持しますがね。

根拠を分かりやすく説明しているものとしては、
http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/searchdiary?word=%B2%C8%B7%D7&.submit=%B8%A1%BA%F7&type=detail

ハイパーインフレの言葉を勘違いしている人が多いのですが、一応の定義があって物価が1年で13000%以上上昇する場合を指します。最近ではジンバブエですとか、有名なのだと第一次大戦後のドイツですね。

自国通貨建てで、寝転んでいても1月に(1年じゃなくて毎月ですよ)1兆円の収入があり、その積み立てが既に二百数十兆あるのが日本です。
極端なこといえば、毎月赤字になっても200ヶ月以上=16年以上のストックがありますし、B/Sの方をみても確か2017年くらいまででしたか。自国内で完全にファイナンスできる。

それ以後のことを考えても、これだけ中央銀行がしっかり機能して健全性と流動性が担保されている通貨は他にないんですから、いくらでも借り手はつくわけです。

国債のデフォルトもなければ(ある意味、特例公債は爆弾ですが、数BP動くくらいでしょう。ちゃんと担保できる特別会計も後ろに控えているし。本当にダメだと思っている人なんて誰もいませんから)通貨安もちょっと考えにくい。

投資に関しては、M&Aや健全企業の株式などをかってどんどん海外にでていくべきでしょうけどね。
2012/09/30(日) 15:43 | URL | みっちー #-[ 編集]
No title
みっちーさん、まいどです!

> ハイパーインフレの言葉を勘違いしている人が多いのですが、一応の定義があって物価が1年で13000%以上上昇する場合を指します。
へ~、そういう定義があるのですか。

> その積み立てが既に二百数十兆あるのが日本です。
どこにそのお金があるのですか?
日銀の金庫?


> 自国通貨建てで、寝転んでいても1月に(1年じゃなくて毎月ですよ)1兆円の収入があり
そこなんですよ。
日本はGDPの1割近くが海外からの利子所得です。
その平均利回りが5%だとすると、GDP=約460兆円だとして、利子所得が40兆円としましょう(約8.7%)。その利回りが平均5%だとすると約800兆円もの金を海外に投資してると言う事になります。これは国民の総貯蓄額の6割が海外にまわってる訳です。
それが暴落するとどうなると思いますか?

きっちーさんは、ドルが基準通貨だから、ドルは大丈夫だと思っているようですが、僕はもう危ない、時間の問題だと思ってる訳です(QEで先延ばししてるだけ)。
2012/09/30(日) 16:56 | URL | かず #-[ 編集]
No title
対外純資産とは、簡単にいうと日本の居住者が外国に対して持っている資産と、負債を差し引きしたものです。

本年5月22日に財務省から発表された「平成23年末本邦対外資産負債残高の概要」によると、日本の対外資産は582兆円、対外負債残高は329兆円あり、差し引きで対外純資産は253兆円です。この対外資産には政府の外貨準備約100兆円も含まれます。

http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/iip/2011_g.htm

直接投資とは、企業買収や経営参加を目的とした株式の取得などをいい、これが74兆円(逆に海外からの買収は17兆円)
次に証券投資が約262兆円(海外からは157兆円)、金融派生商品が約4兆円(海外から6兆円)、その他投資が約140兆円(海外から148兆円)と発表されています。

もっと細かいのはこちら↓
http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/iip/2011.htm

証券投資のうち、中長期の債券は政府の持つ外貨準備100兆円を除いても、208兆円ありますが、対外負債である中長期の債券は45兆円しかありません。

これが外国勢が日本円を売り浴びせたとしてもうまくいかない理由の1つですね。

細かくみていきますと、公的部門純資産が34兆円、民間部門純資産は219兆円で、これには銀行部門の54兆円を含みます。つまり対外純資産の大半は民間が持っているということになります。


それで後半の部分は、ちょっとかずさんのおっしゃっている意味が理解できないのですが、例えば円が暴落すれば海外投資した分の価値はむしろ上がりますよね?
それならそれで円高の今、どんどん海外進出して企業買収していけばいいことじゃないですか?

 今の中国・韓国との関係、なぜ両国が及び腰になっているのかといえば、日本の、外需依存が高い分野ですと、特に製造業ですかね。これはどんどんニッチな分野で独自の進化を遂げていて、日本のコアパーツなしに各国の製造業自体が成り立たなくなっている、その辺のことを理解している人は理解している、ということに尽きると思います。

 この証左として、昨年震災後、6月に一転して、貿易収支がV字回復したのは覚えていらっしゃいますか?事前のアナリスト予測では1兆円超の赤字と言われていたのが、蓋を開けてみると707億円の黒字。震災後4月は4676億円の赤字、5月は8558億円の赤字でしたが見事にV字回復を遂げました。リーマンショックの最悪期(2009年1月)でも9560億円の赤字。

電力不足で原油の輸入が30%も増している状態で、これだけ急回復をしたということ。また貿易収支はタイムラグがあるので、結局これほどまで急回復することを予測できた人は誰もいなかったわけです。これから何が分かるかといえば、それだけ日本企業の製品が諸外国から必要とされていたこと、また代替が利かなかったことに他なりません。

 昨年のタイの洪水では逆サプライチェーンの寸断にあい、日本の企業にもこれでもか、というくらい影響がでました。私の周りでも話を聞くと、こんな企業までタイの洪水の影響が、と驚愕したものですが、世界中の企業が震災を経て実感した日本企業に対する感覚は、それ以上だったといえば分かりやすいかもしれません。

ですから、こういう面も一つの見方だと思いますが、これだけ必要とされている日本に対する価値が暴落することはちょっと考えにくいのではないか、と思うわけです。

 逆に円安になれば輸出企業は再びイキを吹き返すでしょうし、円高のままでも、結局コアコモディティの製品でを作っている限りはやはり日本は必要とされているので輸出は結局落ちません。もちろん季節要因も考慮する必要はありますが、今の世界情勢においてこの黒字が常に赤字に転落するということはなかなか考えにくいのではないかと思います。

 それとGDPの類は、ちょっと??です。
 GDPは国内総生産なのでフロー、資産負債残高=B/Sと考えればストックですよね。対外純資産は為替の影響ももちろん考慮する必要がありますが、ちょっとごっちゃになっていませんかね?数字を追うのは基本ですが、これは一面のみでなく、全体を立体的にみなければ本質が見えてこないと思います。

企業会計でも流動資産は容易に算定できますが、固定資産やのれんをどのように処理するのか、利潤をどのようにするかなど、経営者の一存でどうにでもなるわけで、ですから単純に平均利回りで考えることはあまり意味がないのではないかと思います。
 仮に利回りで考えるとしても、その分が毎年本国へ還流しているわけですし、それ自体が暴落に対する備えにもなりますよね?

 まあ何かこれは違うんじゃないかとかあったら、また遠慮無く指摘して下さい。私もまだまだ研究中なので、かずさんに聞かれて改めて調べている状態ですので(^_^;)
2012/10/01(月) 16:09 | URL | みっちー #-[ 編集]
No title
厚生年金基金の廃止について、山崎元氏がまとめてましたのでリンクを貼っておきます。

http://diamond.jp/articles/-/25731

あとはちょっと前のものですが、現役官僚の方の見立てです。

http://guccipost.co.jp/blog/konan/?p=558


2012/10/04(木) 13:38 | URL | みっちー #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。