老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定金利は決して固定ではない

長期金利が徐々に上がってきていますね。
ローンで住宅を買った同僚は「うちは固定金利にしてあるから大丈夫!」と言っていますが、固定金利でも上がるそうです。
→ http://blogs.yahoo.co.jp/nz3031/33412988.html
変動金利よりは安全ですが、ローンはないにかぎります。
金利が高かった頃を知らない人は金利の恐ろしさが分からないのでしょう。郵便局の預金金利が5%だった時代は大金持ちは金利だけで食べていけました。ということは、借りている人は…バブルの頃はイケイケどんどんで、猫も杓子も銀行からお金を借り、今も自己破産寸前で苦しんでいる人が少なくありません。

安部効果でインフレになれば、当然金利も上がりますよね。そのとき困るのは借金をしている人達…
ハイパーインフレになれば、国家破綻になれば、借金はチャラになるという話もありますが、金利はじわりじわりと真綿で首を絞めるように上がっているような気がします。

金利が上がって喜ぶのはまたも大金持ちということでしょうか…

応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
No title
> ハイパーインフレになれば、国家破綻になれば、借金はチャラになるという話もありますが、金利はじわりじわりと真綿で首を絞めるように上がっているような気がします。ハイパーインフレになれば、家賃が100万ってことになるかもですよ。借金がチャラになれば、少なくとも住む家は確保されるのかも知れません。
でも、国家破綻になれば本当に借金はチャラになるのでしょうか?
そこのところ、詳しい人教えてください。
2012/12/30(日) 02:05 | URL | かず #-[ 編集]
No title
かずさん

ネットではいろいろな意見が出ていますよね。
もし、これは!と思う記事を見つけたら教えてくださいね。
わたしは電気・ガス等は高くなっても、極端なハイパーインフレにはならないような気がしています…
アメリカさんがどう動くかにもよりますが。
2012/12/30(日) 17:41 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。