老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗店がなくなるのは残念です

創意工夫をして新製品を開発しても類似品が出てしまう…過去の実績に胡坐をかける時代ではないですね。

「民間信用調査会社の東京商工リサーチ宮崎支店は11日、宮崎名物「肉巻きおにぎり」の元祖として知られる宮崎市の食品会社「TORIAEZU」(屋号・にくまき本舗)が、破産申請の準備に入ったと発表した。負債総額は約1億6000万円。既に事後処理を弁護士に一任したという。

 同支店やにくまき本舗のホームページによると、同社は97年設立。06年夏からフランチャイズ展開したしょうゆだれの濃厚な味付けの豚肉で巻いたおにぎりが、当時の東国原英夫知事のPRやテレビの全国放送で爆発的な人気となった。10年10月期の売上高は4億5000万円を計上。直営を含めた店舗数は、一時10都府県の16店舗に拡大した。

 近年は類似商品が乱立し、ブームも去り業績が低迷。11年同期の売上高は2億5000万円まで落ち込み、債務超過に陥っていた。ラスク専門店の開店などで打開を図ったが回復せず、福岡市博多区の博多阪急店も昨年11月撤退した」(毎日新聞1月11日より)

常に前向きに新しい視点で商品を開発していかなければ、生き残れません。これは企業だけでなく、権威に胡坐をかいている大学の教授様にも言えることのようです。
年寄りの老教授は以前として安泰かもしれませんが、下っ端の研究員(非常勤)は5年で雇い止めになるらしいです。外国人留学生は文系の老教授の講義など聞くに値しないと言っています。もちろん、専門分野によりますけれど、某有名大では授業の最初から居眠りをしている学生が多々いるそうです。寝るほうも寝るほうですが、寝るような講義しかできない教授も教授です

田中元文部科学大臣がちらっと言っていましたが、大学は改革すべきですね。文部科学省も動き出しているのか、知人の話では、今、大学ではもっぱら非常勤職員(講師)がバッサリと切られているそうです。

円安が進み、株価は上げていますが、中国の動きが気になります…窮鼠猫を噛む???

応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。