老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期退職には裏事情がありそうですね

教員が多数希望退職をする裏には深い事情があるような気がします。

「今年度で定年退職する埼玉県の公立学校教員110人が、退職手当削減が始まる2月より前の退職を希望している問題で、希望者のうち学級担任は30人いることが22日、県教委などへの取材で分かった。

 上田清司知事は、県費削減効果と周知期間を勘案して2月1日施行にしたと説明、「2か月も残して辞めるのは無責任のそしりを受けてもやむを得ない」と批判した。

 110人のうち県採用教員は89人。教頭4人と教諭85人で、教諭の中には担任27人が含まれている。教頭の欠員は、他の学校や教育委員会から補充する方針。担任は、教頭や学年主任、副担任らが務めるよう各学校が調整中だ。早期退職を希望するさいたま市採用21人のうち、担任は3人。教頭はいない。県、同市とも校長は含まれていない」(読売新聞1月23日より)

退職金が減るからといって、手塩にかけて育てた教え子をおいて退職するでしょうか?
学校によりますが、今の中学・高校では担任が統制を取れないクラスが増えているそうです…ちょっと注意したら、親が乗り込んでくる…大阪の橋本さんではないけれど、荒んだ学校も少なくないと思います。

教員が退職した場合、学校はおそらく非常勤講師で補うでしょう。熱心な先生もいれば、適当に時間をつぶす先生もいるとか…
小学校低学年ならまだ何とかなるらしいのですが、大津のイジメ問題は他人事ではないと思われます。
一流と言われる大学の学生でも非常識な輩が多くて、大変らしいです。

仕事が大変で、退職金を少しでも多くもらって引退したいという気持ちは分からないでもありませんが、再就職が難しい昨今、退職後、どうするのでしょうか?
株で儲ける?危ないですよね。夫婦でのんびり旅をする?貯金は減る一方ですよね。でも、公立の先生なら、数千万(人によっては億?)の資産はあるでしょうし、恩給も年金も計算に入れてのことでしょう。過酷な仕事で命を削るより、人生を楽しみたいという選択肢もあってもいいと思います。
そうできる人が羨ましいです…こまちはまだまだ稼がなければ

応援ポチ、宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちは。
私の身内には教師が多いので、彼らの言い分は分かります。
実際に退職した人はいませんが、全員「やってられない。やる気がなくなる。こんなバカなことが許されていいのか」という論調は一致してます。

基本的に自分たちがどれだけ恵まれてるか、っていう認識がゼロなんですよね。
今、恵まれすぎてるから是正しよう、って話なのに、今が基準になってしまってて。

まぁやめて実際に民間経済を経験すれば、いやでも痛感することになるんじゃないでしょうか。
自分たちが今までどれだけいい思いをできていたのか、ってことに。

たぶん、「退職後はどうするんだ?」っていう危機感はゼロではないにしてもこまちさんが思うよりはるかに薄いと思いますよ。
2013/01/24(木) 10:08 | URL | koma22 #-[ 編集]
No title
komaさん

コメント、ありがとうございます。
教員も公務員(事務)も民間がどんなに大変か知らな過ぎますね。
一流企業に就職したエリートも同じで、早期退職して、のんきに数カ月も欧州を旅してから、ハローワークへ行って真っ青になったなんて話もよく聞きます。
地方公務員の場合、自治体にお金がなくなれば、給料は支払ってもらえないわけで、そういう意味では大手企業が撤退した地方から苦しくなっていくかもしれませんね。
2013/01/24(木) 11:47 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。