老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長生きせねば!

年金支給開始年齢をまた引き上げるようです

「政府の社会保障制度改革国民会議は3日、公的年金の支給開始年齢の引き上げを検討することで大筋で一致した。8月末にまとめる提言に盛り込み、政府に議論を加速するよう求める。会長の清家篤慶応義塾長は記者会見で「67~68歳に引き上げてしかるべきだ」と述べた。

 日本の公的年金の支給開始年齢は2013年度から段階的に引き上げ、男性は25年度に65歳となる。米国とドイツは67歳に、英国は68歳に段階的に引き上げる予定だ。日本は先進国の中でも高齢者人口の割合が高い。年金制度の持続可能性を高めるためには、支給開始年齢の引き上げは不可欠との指摘が多い。

 支給開始年齢の引き上げは定年延長などの雇用政策と合わせて実施する必要があり、時間がかかる。国民会議の3日の「これまでの議論の整理案」では「早めに議論に着手すべきだ」とした。

 物価上昇時に、年金額を抑える仕組み「マクロ経済スライド」は早期に発動すべきだとの認識で一致した。デフレ下でも適用できるように見直しを検討すべきだとの意見もある。

 夫が会社員の専業主婦が国民年金の「第3号被保険者」となり、保険料を納めなくても国民年金をもらえる制度を見直すべきだとの意見もでた。主婦が働いて一定以上の収入を得ると、自分で年金保険料を納めなければならなくなるため、女性の就労意欲を抑えているとの指摘がある。

 政府・与党は年金の抜本改革は必要ないとの考えを示している。夏の参院選を前に、高齢者の反発がある年金受給の抑制策に政府がどこまで本気で取り組むかは微妙だ」(日経新聞6月3日)

納めた分くらいは取り戻してから死にたいです~
というか、年金制度は廃止して、納めた年金を返してほしいです

*米国市場で円高進行中~ どうなることやら…

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
こまちさんこんにちわ。
いよいよ来たか年金年齢引き上げと思いましたが、
あんまり曖昧な政策のままずるずると引っ張ってもらいたくないです。
一体いつから貰えるのか、一体いくらもらえるのか
きちんと明確にして貰いたいものです。
良くも悪くも「あとは自分たちでなんとかしますから」と言いたいです。
2013/06/04(火) 10:15 | URL | アフロ #-[ 編集]
No title
アフロさん

いつもコメント、ありがとうございますv-352

支給開始年齢もさることながら、現在支給されている厚生年金の支給額も減ってきているみたいですね。
おまけに健康保険料が上がって泣きっ面に蜂だとジムのおば様達が話していました。
企業年金といっても、企業によりけりで老人の懐にも隙間風が吹いているようです。
共済年金もゆくゆくは国民年金と一本化されるかもしれず、老後が安泰と思っているのは一部のお金持ちだけかもしれませんね。
といっても、お金持ちも相続税がかけられますから3代続くかどうか…
そういえば、海外の隠れ口座は既に税務署に把握されているらしいですね。庶民には関係のないことですけれど(笑)

貧乏投資家としては、いい加減なお役人に私達の大事なお金を運用してもらいたくないですv-39
2013/06/04(火) 14:39 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。