老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長戦略第2弾の効果は?

安倍首相は成長戦略として投資減税等を考えているそうです。

「6月9日(ブルームバーグ):安倍晋三首相は参院選後の秋に成長戦略の第2弾を策定する考えを表明した。設備投資減税などを盛り込む方針。参院選後召集する臨時国会は「成長戦略実行国会」と位置付け、産業競争力強化法案を提出する考えも表明した。9日出演したNHKの番組「日曜討論」で語った。

首相は14日に閣議決定する予定の成長戦略を「第1弾」と位置付け、「秋にはまさに第2弾に取り組んでいこうと思っている。思い切った投資減税を決める」と指摘。そのため、通常は年末に開催する自民党税制調査会での税制改正論議を早期に開催する考えも示した。

参院選後の秋に臨時国会を召集し、先週発表した成長戦略素案に盛り込んだ産業競争力強化法案を提出する方針も示した。同法案について「企業が開発をして実証をする上においてその障害となっていた規制はすべて一気通貫でなくしていくという法律」と説明した。これに関連し、茂木敏充経済産業相は5月22日の産業競争力会議で同法案を産業の構造改革を後押しするための「中心的政策手段」として策定したい考えを示している。

成長戦略素案は「グローバル競争に勝ち抜ける製造業の復活」も掲げ、「産業競争力強化法案(仮称)」について「夏までに方針を固め、速やかに国会に提出」する方針を盛り込んだ。今後3年間で設備投資を「リーマンショック前の民間投資の水準(年間70兆円)に回復させる」ため、「生産設備の新陳代謝を進める企業への税制を含めた支援策を検討し、必要な措置を講じる」ことも明記した。

安倍首相は9日のNHK番組で、株式市場の乱高下については「日々のマーケットについてコメントするつもりはない」と述べるにとどめた。原子力規制委員会の基準で安全という判断が出た原発については「われわれは政府として責任をもって再稼働していきたい」と語った。

一方、参院選については「私は国会を延長する考えがない。基本的に7月21日投票」と述べ、7月4日公示、21日投開票とする考えを示した。目標議席については「自民党、公明党あわせて過半数を目指していきたい」と指摘した」

具体的な内容が明らかになってくれば、市場は反応してくれるかもしれませんね。

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。