老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人が増えると大変です

こまちは旅行するときは人があまり来ないところを探すのですが…

「かつて日本三大修験道場として栄え、現在は多くの登山客が訪れる英彦山中岳(福岡県添田町)の山頂に公衆トイレが設置される。古くから山頂一帯は「つばも吐いてはいけない神域」(英彦山神宮)とされてきたが、環境悪化を防ぐため、福岡県が来年3月までの整備を決めた。中岳の標高は1188メートル。完成すれば「県内で最も高い場所にある公衆トイレ」(同県)になりそうだ。

 添田町によると、英彦山の登山客は年間約20万人。多くは中腹にある英彦山神宮奉幣殿(ほうへいでん)から山頂まで片道約1時間半の登山道を利用するが、途中にもトイレはなく、野外で用を足す人もいる。山頂付近はがけが多く、人目を避けるために茂みに入った際に滑り落ちる人もいるという。

 このため地元住民や自然愛好家のグループなど41団体が昨年、連名で町や神宮にトイレ設置の要望書を提出。関係者が協議した結果、登山道を管理する福岡県が環境省の補助金を利用し、山頂の休憩所に公衆トイレを設置する方針が固まった。

 県自然環境課によると、公衆トイレは微生物が排せつ物を分解し、くみ取りが必要ないバイオトイレとなる予定。微生物を入れた木材チップをかき混ぜたり保温したりする電源確保のため、屋根に太陽光発電のパネルも取り付ける。

 中岳山頂に「上宮」がある英彦山神宮の高千穂秀敏宮司は「信仰の山としてはトイレ建設に反対。ただ、今は観光中心の山になっており、環境を守るためにはやむを得ない」。年に70回前後、英彦山に登るという松村栄治さん(65)=同県田川市=は「頂上付近の野外で用を足す人がいたのでトイレができるのは大賛成。管理が大事で、利用者もきれいに使うよう心掛けないといけない」と話している」(西日本新聞社7月17日より)

リュックを背負った中高年旅行者をよく目にします。
日本で人の少ないところを探すのが難しくなってきました…
お金を出せば一部の景観は独占できるのでしょうけれど、金額が桁違いですから

株で大儲けしたら、一度はそんな気分も味わってみたいものです

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。