老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整形は怖い

体にメスを入れることはなるべく避けたいものですが、巷では整形手術が流行っているようです。
友人に、「顔だけきれいにしても、首や手足に現れる老いは隠せないのに」と言いましたら、な、なんと、今や体全体に整形ができるのだそうです

びっくりしました…お金のある人はそこまでするのかと…

でも、マイケルジャクソンしかり、当然、副作用があります。

中村うさぎさんが一時心肺停止状態になりました。

「小説家の中村うさぎさん(55)が現在、集中治療室(ICU)で治療中であることが分かった。中村さんの知人で、タカナシクリニックの院長・高梨真教氏がブログで明かしている。中村さんは、手の震えなどを訴え8月頃から入院していた。
 高梨氏が17日に更新したブログによると中村さんは15日午後に病状が急変し、数分間の心停止と呼吸停止を起こしたという。幸い救急蘇生により心拍は戻ったが、現在は大学病院のICUに入室している。
 高梨氏によると、当初は運動神経の障害から四肢に力の入らなくなる「ギランバレー症候群」が疑われていたが、いまだ明確な診断には至っていない。高梨氏は「回復に向かってくれる事を周囲の人間も含め、願っている次第です。仕事関係の方々や、出版関係の方々、一般視聴者、読者の方々には、大変ご心配をおかけしていますが、現在の知りうる限りの近況報告です」とつづっている」(スポニチ9月18日より)

ネットの一部情報では、整形した人はボトックス打ち続けないと 皮膚が一気に落下してしまい、また、ボトックスは筋弛緩効果が強くて使用した箇所の筋肉が弱るからだんだん体の調子がおかしくなるとのこと
さらに恐ろしいことにうさぎさんは顔だけでなく、脇汗を止めるのに定期的に脇にも打ってたらしいです。

55歳でこれだけの美貌を保つにはやはり薬の力が要るのかもしれません。



でも、さすがにこれは怖いです(勇気のある方はご覧ください)
→ http://takanashi.livedoor.biz/archives/65859010.html

西城秀樹の頬が垂れ下がっているのを見て驚きましたが、あれもおそらく整形の後遺症でしょうね。
松田聖子さん、大丈夫かしら???

命を落とすほどに整形をすることはないと思いますが、美に人生をかける生き方もありですよね。
私の友人などは化粧品は体に悪いと言って、素顔で職場に出ています。
せめてファウンデーションくらいは塗ってほしいのですが(笑)

何にしても、異物は体内に取り込まないに越したことはありません。
スーパーで売られていた寿司に寄生虫がいたそうな…
お互いに命を落とさないように気をつけましょう

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。