老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエレン氏で安堵?

「10月9日(ブルームバーグ):ジャネット・イエレン氏が連邦準備制度理事会(FRB)次期議長に指名されることで、米国が直ちに金融緩和を縮小するとの懸念は遠のき、市場混乱や資金逃避のリスクが当面なくなると韓国などアジア諸国はみている。

韓国の当局者は、米緩和縮小が他国に与える影響をイエレン氏は「十分に考慮する」とみているほか、安倍晋三首相の経済ブレーンの1人である浜田宏一内閣官房参与(米エール大学名誉教授)はイエレン氏が緩和的な政策からの脱却を急がないとの見通しを示した。インドネシアでは中銀副総裁がイエレン氏の指名は同国と世界の金融市場にとってプラスだと発言した。

アジア各国は、米国の政策転換の影響から自国経済を守ろうと腐心している。HSBCホールディングスの香港在勤アジア経済共同責任者、フレデリック・ニューマン氏は「米金融当局がアジア市場の足元をすくえば、ひどい反動があり得るのは明らかだ」と指摘。その上で、「イエレン氏は景気刺激の解消を段階的にしか進めないとみられており、アジアの当局者は米金利が上昇し始める日に備えて防衛策を取る時間が得られる」と話している。

オバマ米大統領は米東部時間9日午後3時にイエレン氏の次期FRB議長指名を発表すると、ホワイトハウスの当局者が電子メールで明らかにしている。
原題:Obama’s Fed Choice Spurs Optimism Asia Will Avoid TaperTurmoil(抜粋)」

有名なバリュー投資家テンプルトンが残した言葉です。

「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」

今はどの辺でしょうか? 悲観か懐疑の中かしら? 楽観でないことだけは確かですよね。
今日は持ち株がほとんど+で、久し振りに嬉しかったです

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。