老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり整形手術は怖い

以前にもブログで取り上げた中村うさぎさん…容態が思わしくないようです。

「原因不明の病気のため入院中の9月15日に一時、心肺停止状態に陥ったエッセイストの中村うさぎ(55)の病名として、100万人に1人とも言われる難病のstiff person症候群の疑いが強いことが分かった。
 うさぎの美容整形を担当しているタカナシクリニックの院長・高梨真教氏が、うさぎとともに開設しているブログで17日、明らかにした。
 それによると病名は週明けにうさぎの両親が主治医から説明を受けたもの。
 「今の段階で最も考えられる病名はstiff person症候群という、非常に稀な神経疾患らしく、その発症頻度は一説によれば100万人に1人位の確率だそうです」
 しかし、まだ100%判定されたわけではない。「典型例で認められる自己抗体が見付かっていないそうで、断定は出来ないとの事です」と、対症療法に頼るしかない治療の難しさを説明した。
 今後については「ムーンフェイス状の顔や大腿骨頭壊死といったステロイドの副作用を注意しながら、一般生活を送れる段階までのリハビリを続けていく方針とのことの様です」と、難しいながら一応の目標は立てられている。
 まだ鼻チューブを外せないうさぎだが、最近では練乳やヨーグルトを食べられたり、尿道カテーテルが外されたりと状態が改善、本人も前向きに闘病している。
 ちなみにスティッフパーソン症候群患者会のホームページでは、この病気を以下のように解説している。

   ◇  ◇

 「この病気は進行性で、根治させるグローバルな治療法がありません。患者はとても少数で、非常にまれな病気です。(100万人に1人という説もあります)
 神経に異常がおこり、筋肉への命令が伝わらなくなります。そのため、筋肉に力が入ったまま動かせなくなったり、けいれん、こわばり(強直)がおこります。腰、背中、足で主に症状が出ますが、症状が進行すると全身が固まったままになります。体幹(胴体)に症状が及ぶと、肺を動かせないため、呼吸が止まることもあります」
(デイリースポーツ10月18日より)

筋弛緩剤などを恒常的に打てばどうなるか…一歩立ち止まって考えれば分かりそうなものですが、貪欲に美を追及している人にはその余裕もないのでしょう。

日本ではもう一重まぶたのオカメ顔は美人ではないのかしら?
外国人は美人だと言っていますが…
それよりも、むしろ中身ですよね。
某外国人がちょっとかわいい子に声をかけられて、しばらく付き合ったのですが、毎日、毎日「今日は何を食べましたか?」と聞かれ、うんざりして別れたと…
あなたの頭の中には食べることしかないのか~!!!
同じ言葉を民放テレビ局に浴びせたいです

整形までして顔を整えたところで、中身が空っぽでは外国人も日本人も遊び以外では相手にしないでしょうね。こまちも人のことを云々言えませんが、整形だけはしたくないです…
二重瞼にした従妹がいるのですが、どこか不自然です。
顔も体も自然が一番、そして健康が一番だと思う今日この頃です。

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。