老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外に移住した金持ちが…

やはり生まれ育った日本が良かったということですね

「高過ぎる税金に加え、忍び寄る日本国債のデフォルト危機。数年前からシンガポールやマレーシアに「資産フライト」、つまり海外移住する人たちが話題になった。ところが、最近の現状を聞いてみたら、続々と逃げ帰ってきているという。なぜ?

 ここ最近、都内の会計士事務所には「日本に帰りたい」という資産家からの相談が多く寄せられている。ブームに乗って海外移住したが、当初の思惑とは違ったようだ。
「私どもの顧客に多いパターンは、相続税逃れのための移住者でした。財産を渡す親と、受け取る子が共に5年以上海外に住むか、子だけでも日本以外の国籍を取得すれば、日本では最高50%取られる相続税を支払わなくて済むのです。ところが……」(事務所に所属する会計士)

 なぜ耐え難かったのか? 日本の所得税(地方税含む)の最高税率50%に対して、例えばシンガポールは20%(地方税はゼロ)。ここだけ見れば海外移住が正解のようだが、それは世界の金融実態を知らないからだ。

 シンガポールから帰国した元株式トレーダーのAさんがこう言う。
「何より日本の国税の監視の目が厳しくなっているのに耐えられない。日本から海外に100万円以上送金すると、金融機関から税務当局に報告が入る仕組み。グレーなやり方で海外に資産を流すと、国税に刺される可能性も高い。税金がバカ安いオフショアに口座を開いても、日本の税法で課税されるため、意外と資産フライトのメリットを感じられないのです」

 その上、シンガポールの場合は、一年中25~35度の熱帯。四季があり、旬の食材に事欠かない日本の暮らしが恋しくなるのだという。
「さらに追い打ちをかけるように、日本での五輪開催が決まりました。これをキッカケに、自分の中で捨てたはずの愛国心に火がついてしまった人も多い」(Aさん)

 現地での生活費の高騰もネックだ。元IT系企業経営者のBさん(50代)がこう言う。
「シンガポール、香港などのマンション賃料は、毎年10~20%上がっています。しかも、シンガポールの分譲マンションは日本の約2倍と高額。さらに、シンガポール政府は、高騰する住宅価格を抑制するため、外国人が不動産取引の際に支払う印紙税率を10%から15%に引き上げた。子どもを通わせるインターナショナルスクールの年間学費は200万円。これも毎年5~15%上がり続けている」

 医療費も自由診療のために高額で、大病の際のリスクが大きすぎる。
「子どもが成長して17歳になれば、シンガポールでは外国人永住者にも兵役の義務が課せられます」(Bさん)

 これじゃ帰国したくもなるか。だが、一度は日本を捨てて自分だけ得しようとしたのだから、何を今さら……でもある」(日刊ゲンダイ10月30日より)

シンガポールは若い人にはいいかもしれませんが、年老いてから住むところではないと思います。どの国でも日本にいた頃と同じような生活をしようとしたら、そりゃお金がかかりますよね~
レストランでも、日本なら日本人向けの味付けですが、外国人コックにそれを求めても(笑)

こまちは昔、仕事で数年東南アジアに住んだことがありますが、1年目は夢中で過ぎ、2年目は慣れてきて現地での生活も良さげに見え、3年目は体にガタが来ました。まず、歯がダメになりました。たぶん、水が違うからじゃないかと… 次に年中暑いせいか体に疲労が蓄積してきました。心筋梗塞や肝硬変で亡くなった方もおられます。そして、精神的にも参ってきました。親戚や幼な友達もいませんし、おまけに外国の日本人村の閉鎖性といったらそれはもう…
もし、お金が有り余るほどあり、体が丈夫なら、外国に永住するのではなく、数か月単位で世界中を歩いてみたいです…夢のまた夢の話ですが

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
女房が、外国住まいに憧れていたので、この記事読ませました。
(英語も喋れないのに)
現役の頃から毎年10日以上海外旅行(添乗員付きのツアー)に出かけておりましたが、今夏の北欧旅行途上に風邪を引き肺炎寸前で、帰国後1ヶ月以上酷い状態。
病気の事を考えると、もう海外旅行には、慎重になります。

会社の先輩が、定年退職後、インドネシアに移住して、物価も安いし、週3~4回ゴルフと自慢していましたが。。。
5年程生活後、昨年病気治療もあり、帰国しました。
やはり、定年退職後の海外生活は、無理が多い様です(特に、物価が安いと言って人気のある東南アジア等)
物価・税金が高くとも、日本が一番(東南アジア等、物価が安いのは上等な食べ物・品が売っていないだけの事では?…日本でも安いのは、幾らでもある)

美味しいものを美味しいと言って食べられる、元気なうちに日本各地の美味探求せねばと思っていますが。。。

最近、株式譲渡課税の税率UP前に売却している友人多数
株式相場低迷しているのは、個人の益出しも多少は影響しているのか?
売却予定の無い株を、税率安いからと言って、税金前払いするつもりないが。。。
個人投資家好みのゲーム・バイオ関連銘柄の株価暴落もあり、1部市場にも影響しないか心配で、少し株を売却し、安くなったら買戻しょうかとも思いますが。。。
ただ、リーマン以前に購入銘柄で、その間の株価乱高下でも保有していたので、今回も売らないつもりですが(高く売り、安く買えれば良いのですが、売った後に株価上昇で悔しい思いを何度もしているので)

旅行等の費用の財源は、主として配当金で賄っており、株は売りたくないのが本音(旅行代金を、売却株式代金を取り崩せば同じですが、元本の取崩しには抵抗あります)
2013/11/03(日) 16:19 | URL | 名無しのモグラ #PZGWL28Y[ 編集]
No title
名無しのモグラさん

外国での暮らしは若い時にかぎりますね。
私はもう外国へ行く気はありません。
なにしろ、病気になった時に、日本のような治療は受けられませんから。
まあ、お金を出せばなんとかなるにしても、高額ですし…

東南アジアに滞在していた頃、猛烈な腹痛に見舞われ、
病院に行ったのですが、その時はあっという間に治りました。
後で聞いたのですが、ものすごく強い薬だったようで、
1回ならともかく、数回になると、肝臓がやられてしまうそうです。
歯医者も、奥歯に詰め物をしてもらったのですが、
日本に来てから、そこが悪化し、歯医者に診てもらったら、歯医者が驚愕していました。
なんと、漢方薬が詰め込まれてたのです!

先進国ならいいという方もおられますが、欧米では日本人は差別されます…
日本人の座ったところは汚くて座れないと言われたことがあります。
若いうちはそれも経験でいいと思いますが、外国は老後を過ごすところではないのではないかと…
福島原発で大爆発が起きたとしても、私は日本にいるつもりです。

日本でも訪れたいところはたくさんありますよね。
私も時間があったら、九州や沖縄に行ってみたいです。

株は、安く仕込んでいるのは、よほど高くならないかぎり売るつもりはありません。
短期的にみれば、あの時売っておけばと思うこともありますが、
素人が短期で売買して儲けられるほど相場は甘くないと思うので…
高値で買ってしまった分は、売りたいのですが、これがなかなかv-15
のんびり売れるのを待ちます(笑)
2013/11/03(日) 17:32 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授

秘伝スパンモデル®は相場というモンスターをあなたの味方、友とすることに...
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。