老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦境に立つ薄利多売の店

スーパーも薬局も安売り競争の渦中にあります。
激安でもなんとか利益を確保しようとしている店にとって、万引きは命取りになりかねません。

「日曜大工の道具・材料から家具、雑貨、家電、ペットまで、豊富な品揃えと安さをウリに全国各地に広がるホームセンター。その躍進を支えるのは、業界平均で3.5%程度の純利益率という驚きの薄利だ。

某ホームセンターのB主任が苦しい実情を明かす。

「自分の店ながら、薄利ぶりに驚きますよ。今夏にはライバル店に値段負けしないように、仕入れ1480円の扇風機を1490円で売ったこともありましたからね(苦笑)。もともと1980円で売りたい品を、目玉商品として店頭価格1780円にしていたところ、いきなりライバル店が1580円でチラシを打ったんです。急遽1780円から1490円に価格を差し替えてチラシ対抗しました。これなんて利益3.5%どころか、0.7%! 店長が本部に直談判しての大盤振る舞いでしたが、こんなこと、いつまでも続けられるわけがないですよねぇ……」

扇風機1台売って、儲けが10円では薄利多売にもほどがある。だが、こうしたライバル店との安売り競争は、ホームセンターにとって避けられないもの。そしてもうひとつ、ホームセンターにはつきもので、なおかつ経営を圧迫するものがある。

「実は、薄利に加えてホームセンターの経営を苦しめているのが万引きなんです。ウチの店の場合、月売り上げ平均1億2000万円に対して、万引き被害が売り上げの2%を超える250万円以上にもなる月があるんですよ。業界全体では平均1%程度らしいですが、これはマジ厳しいです」(B氏)

もちろん、お店も黙って耐えているわけではない。

「最近の防犯カメラはデジタル40倍で指先までハッキリ写り、しかも1ヵ月連続録画されますからね。周囲に警備員がいないからバレていないつもりでしょうが、全部ビデオ記録されています。店員も常習犯の顔を知っているので、いずれ現認で捕まえることになりますが、地域との関係もあるのであまり片っ端から捕まえるわけにも……」(B氏)

流通アナリストのA氏も万引きによる深刻な影響をこう指摘する。

「万引き被害の1%も、ボディブローのようにジワジワ効いてきます。利益が減ってくると最初に削るのがチラシなどの販促費です。ホームセンターのような業態の場合、販促費にかけられるのは売り上げの3~5%程度。増税と万引き被害の穴埋めで、完全に販促費分を食いつぶしてしまう計算です。これではジリ貧でしょう」

来年4月には現状の利益率に匹敵するほどの増税も控え、戦々恐々としているホームセンター業界。逆風に負けずに、いつまでも庶民の味方として頑張ってほしいものだ」(週プレNEWS11月26日より)

「扇風機1台売って、儲けが10円」とは…

消費者としては、同じものなら安いほうがいいですが、それでお店がつぶれてしまっては困ります。
田舎の某ガソリンスタンドはガソリンが安くて評判で多くの人が利用していましたが、ある日突然社長が行方をくらまし、倒産してしまいました。あまりにも安くし過ぎたため、お客が来れば来るほど赤字が拡大してしまったようです。
常連さんは、困っていたのなら安くしなくても利用したのに…と残念がっていました。まあ、口だけかもしれませんが。。。

コンビニもスーパーも乱立していて、どこかで淘汰されるような気がします。
そのときに近所に空地が目立ち、治安が悪くなるようなことにならなければいいのですが。。。
実際に土地開発に失敗したところは既に見るも無残な状態になっています。
不動産屋との交渉等々、難しいのでしょうけれど、殺伐とした街に住むのは嫌なものです。
10年後の街の姿など、今から想像はできませんが、現在、便利だからといって、それが将来も保障されているものではないということだけは肝に銘じておかねばなりません
介護についても市町村によって大きく変わりそうですね。

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。