老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ!中小企業!

中小零細企業の社長さんには、踏ん張ってもらいたいです。

「中小企業・小規模事業者の数が2012年2月時点で385万社だったことがわかった。中小企業庁が2013年12月26日、発表した。400万社を割り込んだのは調査を開始した1981年以来初めて。大企業も含むすべての規模の企業のうち、中小企業・小規模事業者の占める割合は99.7%だった。

2012年に政府が実施した「経済センサス・活動調査」の結果をもとに集計した。420万社だった09年の前回調査から35万社減り、3年間の減少率は8.3%だった。

このうち、小規模事業者は334万社で、前回調査から32万社減った。

中小企業などの数は1986年以降、減少傾向にあり、そのトレンドが続いている。中小企業庁は、後継者が見つからないまま経営者の高齢化が進んで廃業したり、大規模小売店の進出で売り上げが激減したりしたことなどが背景としている」(JCASTニュース12月27日より)

なかにはブラック企業もあるでしょうけれど、こまちの知っている社長さんは自らの貯金を切り崩しても、社員にボーナスを出すような方々ばかりです。しかし、後継者がいない等々で廃業される方も多々おられます。

手作りの座布団カバーや作業着を作っていた会社もとうになくなってしまいました。
代わって登場したのが中国製…
昔の物(日本製)は長持ちするんですよね。だから、こまちは十数年前の物も捨てずに使っています。

安かろう悪かろうではダメなのに、日本国民がそれに群がってしまえばどうにもなりません。
かといって、彼らを責めることはできません。それぞれ懐事情がありますから。子供3人を抱える友人が「ローンの返済もあるし、毎朝広告をチェックしていかに安い物を買うか考えている」と言っていました。
安物買いの銭失いにならないようにするのも手だとは思いますが…

せめて、子供にだけは毎日ファーストフードを食べさせることはしないでほしいです。
子供は喜ぶかもしれませんが、体に悪いうえに、結構高くつきます

中小零細企業が作っている良心的な商品を買う人も増えてはいますが、残念ながら大きな流れになってはいません。安倍さんには中小零細企業を救う政策を打ち出していただきたいです。

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
○今週の市況のポイント
師走ですな。
ばたばたしていてアップが遅くなりました。
ボリューム軽めですがとりあえず書いたとこまでです。

○今週の市況のポイント

・先週のNISAのインパクトの話をしましたがこれは結構当たっていましたね。明日は大納会。今年最後の取引です。アノマリー的には上昇しやすい。(サンプル少ないのではという突っ込みはなしで)ちょっと先の話ですが逆に大発会は始値が高く終値が下がることも多いようです。さてどうなるでしょうか。

・NISAについてですがこれは証券会社によって扱いに違いがありまして、1月頭からの取り扱いとなるところもあるようです。ということはこの間の広く薄く全体が上昇する相場がもう一度みられるかもしれません。これは頭に入れておきましょう。

・IMFの銀行ストレステスト‥韓国ですな。1月1日発表の予定です。正直結構やばいと思っています。相場が荒れないことを祈ります。

・バイオ株はUMNファーマの下方修正。これは痛いです。UMNファーマはバイオベンチャーの中では非常に頑張っていると思うのですが、先の社長の辞任劇、また政治力の弱さなど気になる点が少々。株価的に救いなのはちょうどインフルエンザの流行期にあることでしょうか。応援したいんですけどね。アキュセラの上場承認の話が出たこともあり、あまり他のバイオ関連に波及しなければいいなと思います。

・何度もいいますがバイオ関連株は大成するまで長い目でみなければなりません。リプロセルは恐らく10年も先ですし、ユーグレナもまだまだ時間がかかるだろうということ。+株価的にはかなり織り込んでしまっている。またナノも恐らくあと3年はかかると思います。比較的結果が出やすいところとして、そーせいグループ、アールテックウエノあたりですかね。上市されキャッシュが入ってくるとそれなりに強い。そろそろGNIもこのグループに入ってきそう。あと、これに気がついている人どれだけいるのか不明ですけれども、日本トリムも一応バイオ関連です。最終的に負けないように買うことが重要。思いつきでなく戦略をたてましょう。

・一方、これは実感している人も多くいると思いますが物価の値上がりが顕著です。一般的に円安は株価に好影響を与えると。これは大いなる誤解なのですが。足下経済が強くなってこそなんですけどね。本来は。増税のスケジュールをみるとうんざりします。全体的には経済は間違いなくシュリンクしていく。希望的観測は捨てて経済の先行きを見ながら投資先を選ぶのが大事です。個人消費が停滞する、これは国民の体力が徐々に削られていくことに他なりません。まあ野党も野党ですが皆さん、選挙があるならちゃんと権利は駆使しましょう。やはり安心できる投資先はやはり米国ですな。
2013/12/30(月) 09:52 | URL | みっちー #-[ 編集]
No title
みっちーさん

お忙しいところを、詳しい解説、ありがとうございます。

バイオにはまだ流れが来そうにないですね。じっくり構えて、うまく下げたところを仕込んでいきたいです。

スーパーへ行くと、多くの品が値上がりしていて、驚きます。
増税も家計を直撃しますから、消費税が上がる4月以降がもちょっと心配です。
中国も危ないですが、韓国のほうが崖っぷちかもしれませんね。
注視していきたいです。

2013/12/30(月) 13:40 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。