老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民年金 財産の差し押さえが始まったか?

年金は絶対に払わない!と豪語していた知り合いに日本年金機構から通知が来たようです。
彼は大学院を出てから長い間年収200万以下の生活で、奨学金の返済にも窮していたのですが、一昨年運よく副収入の道が開け、昨年度は収入が400万以上になり、雨漏りのするボロアパートからも脱出できてルンルンでした。
が、そんな彼に冷や水をかけたのが日本年金機構です

「日本年金機構は、国民年金の保険料を徴収する対策を強化することにしていて、所得が400万円以上で保険料を13か月以上滞納している人のうち、たび重なる呼びかけに応じない人を対象に、財産の差し押さえの手続きに入ることにしています。

自営業者などが加入する国民年金の保険料の納付率は、平成24年度末で59%にとどまっています。
このため、保険料の徴収や管理を行っている日本年金機構は、1日から2か月間を集中期間と位置づけ、未納となっている保険料を徴収する対策を強化することにしています。
国によりますと、所得が400万円以上で保険料を13か月以上滞納している人は、およそ14万人に上ると推計されていて、日本年金機構は、たび重なる納付の呼びかけに応じない9252人を対象に、財産の差し押さえの手続きに入ることにしています。
このうち、所得が1000万円以上の798人については、所有している不動産の調査などをすでに終えているということです。
日本年金機構は、集中期間が終わったあとも、徴収の担当者を増やすなど、保険料の納付率の向上に向けた取り組みを強める方針です」(NHK2月1日より)

以前、彼はよく、こまちが他の人と年金受給年齢云々の話をしていると、「年金なんてネズミ講みたいなもんじゃん。もらえるわけないのに!」と言って口を挟んできました。
国民年金機構が財産の差し押さえを始めるというニュースが初めて出たとき、「そういうことを言っていて、給与口座を差し押さえられたらどうするの?少しずつでもいいから払っておいたほうがいいって!」と忠告しましたが、馬耳東風
だったら、他人の年金の話に入って来るなと内心不愉快ではありました。

さすがに財産を差し押さえられるとなると、心中穏やかでないようです。

彼は今まで一度も年金を払ったことがなく、45歳を過ぎているのですが、それでも払わなければならないのかしら?そうすると、一体いくら払うことになるのでしょうか???

「払わない人はもらえないのだから放っておけ」「生活に困ったら生活保護がある」という意見もあります。
日本には年金保険料を全く払っていないのにもらっている人もいますし、今の制度はいろいろと不公平なところがあると思います。
400万以上という線引きもおかしいですよね。
徴収するなら不払い者全員を対象にすべきです。払えない人は免除手続きをすればいいのですから。

彼の味方をするつもりはありません。収入があるのなら、払うべきだと思います。
しかし、過去の年金問題において担当者は処分されていませんし、制度改革もほとんど進んでいません。
昨今、政府は国民から税金を絞り取ることしか考えていないようで、情けないかぎりです…

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。