老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給料は上がらず、物価はさらに上昇か!

大手一部企業だけが給料アップ(それも僅か)しただけで、年金支給額は下がり、物価&税金は上がって、庶民の多くがさらなる節約を強いられています。
株価も爆下げで個人投資家のマインドも冷え切っていますが、黒田日銀総裁は強気です。

「20日に就任1年を迎える黒田東彦日銀総裁は時事通信社の単独インタビューに応じた。現行の量的・質的金融緩和について「必要があれば調整を行う」とした上で、「その調整に限界があるということはない」と述べ、追加緩和の余地があることを強調した。
 日銀は、昨年4月に量的・質的緩和を決めた。2%物価目標を2年程度で達成すると約束。国債保有量を2年で倍増させるなどその大胆さから異次元緩和と呼ばれ、大幅な円安・株高の原動力となった。インタビューは13日に行った。
 総裁は、物価は「目標に向けて順調に道筋をたどっている」と説明、現時点で大きなリスクはないとした。ただウクライナ情勢などで市場が大きく動いているため「(海外経済など)外的なリスク要因はよく見ていく必要がある」と述べた。
 金融政策運営では「現時点で一番重要なのは2%の物価安定目標を早期に実現することだ」として、実現が困難になれば追加緩和も辞さない構えを示した。市場では昨年4月の異次元緩和のような効果は期待できないとの見方もあるが、総裁は「もうこれ以上の緩和措置はないとか、そういうことはない」と述べ、政策手段が尽きたわけではないと反論した。
 追加緩和の具体策については「そのときの経済・物価情勢を勘案して2%への経路を順調にたどっているかどうかで判断する」と明言を避けた。市場の意表を突くサプライズ効果を重視しているのではとの見方に対しては「マーケットを出し抜かねばということはない」と語った。
 一方、消費税率引き上げについて「影響が大きく出るのは今年4~6月だと思う。夏ごろから影響はかなり克服されて徐々にトレンドとしての成長に戻っていく」との認識を示した。その上で、7月以降に出る4~6月期の国内総生産(GDP)を見るまで「全く状況が分からないというわけでもない」と述べ、4月以降の毎月の経済指標や、経営者の景況感などミクロの情報も注意深く点検する考えを示した」(時事ドットコム3月15日より)

2%の物価目標って、もう軽く2%超えているんじゃないかしら?
中小零細企業は給料を上げるどころではありません。
年金暮らしのおば様達も最近、お金に関する愚痴を言うようになりました。
「冬用タイヤはガソリンを食うから、早く交換しないと」「○○病院は通うのに大変だから、薬だけなら近くにする」「肩こりがひどくて整形外科に通っていたけれど、大して効果がないから止める」等々…
今までになかったことです
給料が上がらず、物価が上がる…これは悪いインフレ=スタグフレーションですよね
量的緩和の前に、政財界のズブズブ体質を変え、中小零細企業にお金が回るようにしてほしいです。
まあ、自民党にはできないでしょうけれど
安倍さん、笑っていいともで、笑っている場合ではありません

黒田大砲に反応して、外人さんが戻ってくれば、日本株はまた上げ上げになるかもしれません。
ただ、彼らは逃げ足も速いから、その後が問題ですよね…

応援ポチ↓↓↓宜しくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。