老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬害は怖いですね

薬は飲まないに越したことはありません。
でも、症状の重い方は薬で楽になると、どうしても頼ってしまいます…

「厚生労働省は17日、統合失調症治療薬「ゼプリオン」の使用後に死亡した患者が昨年11月の販売開始から5カ月で21人に上ると発表した。いずれも薬との因果関係は不明だが、同省は製造販売元のヤンセンファーマ(東京都千代田区)に対し、複数の抗精神病薬を併用する不安定な患者への使用や過剰な投与をしないよう医師向けの添付文書を改訂し、医療機関に注意喚起するよう指示した。

 厚労省によると、この薬は肩などの筋肉に4週間に1回注射し、症状を抑える。今月15日までに推計で約1万900人が使用し、効果が長く持続するのが特徴という。

 製薬会社の市販後の調査で、今月16日までに20~70代の男女21人が使用後に死亡していたことが判明。死因は心筋梗塞(こうそく)や肺炎、多臓器不全のほか、嘔吐(おうと)物による窒息や自殺などもあった。投与開始から死亡までの日数も数日から100日以上のケースまであった。

 この薬は主に症状の安定した患者が対象だが、症状が悪化しているのに投与を始めたり、複数の抗精神病薬と併用していたりする事例もあった。投与量が過剰とみられるケースもあった。

 この薬は2012年末時点で60以上の国と地域で使用されているが、今回ほど短期間に多数の死亡例が報告されたことはないという」(毎日新聞4月17日より)

知り合いに統合失調症の高校教師がいるのですが、自分で自分の心をコントロールするのが困難な状態で、かなり強い睡眠剤や安定剤を服用しています…
また、大学の教授にも同じような症状で薬を服用し、激太りされた方がいます…
できることなら、たとえ漢方薬であっても、服用しないほうがいいと思いますが、どうにもならないから病院を訪れるのですから、難しい問題です。
先日、精神科の医者と心のケアについて話をしていたら、突然患者の家族から電話がかかってきて「母が自殺すると騒いでいる!すぐ来てくれ」と
ご近所には躁鬱病のご主人が心配で片時も離れずに世話をしている奥さんもいます。
心の病というのは本当に厄介です…

記事にある薬ですが、60以上の国と地域で使用されていて、日本だけに死亡者が多いのなら、環境的要因も考えられますね。

心が健康であるためには、まずはストレスを溜めないことだと思います。
あれやこれや考えても、なるようにしかならないのですから、お互いに+思考で大切な体と心をいたわりつつ、荒波を乗り越えていきましょう

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。