老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭に厳しい夏に…

節約するにも限度があります

「茂木敏充経済産業相は18日、中部電力の家庭向け電気料金値上げを認可した。値上げ幅は平均3.77%で5月1日から実施される。中部電が国の認可を伴う値上げを行うのは第2次石油危機後の1980年以来34年ぶり。管内の標準家庭(月間使用量300キロワット時)では、消費増税や燃料価格の高騰分なども含めて4月分より657円(8.7%)高い月額8225円となる。

 水野明久社長が同日、経産省資源エネルギー庁で上田隆之長官から認可書を受け取った。東日本大震災後、原発停止に伴う火力発電燃料費の負担増を理由とした値上げは7社目。

 中部電は浜岡原発(静岡県御前崎市)の停止で燃料費が増大し、収支改善のため昨年10月、平均4.95%の値上げを申請した。経産省と消費者庁が算定根拠を検証。低コストの水力発電を増やして燃料費を減らしたり、使わなくなった送電線や社宅の設備費を除いたりして原価を約282億円削り、値上げ幅を1.18ポイント圧縮するよう求めていた。

 認可を受けて収支は改善に向かうが、値上げ幅が圧縮され、実施日も予定より1カ月遅れたため、赤字解消には一段のコスト削減が必須となる。水野社長は認可後、記者団に「政府の指示や消費者の意見を真摯(しんし)に受け止め、全力でさらなる効率化を図りたい」と述べた。

 認可が不要なため4月1日から先行して平均8.44%値上げしていた企業向けも、家庭向けの値上げ幅圧縮を受けて7.21%にする。4月にさかのぼって適用し、過徴収分は返還する」(毎日新聞4月18日より)

オール電化の家庭やクーラーをつけざるを得ないマンション住まいの方はかなりの負担増になりそうですね
スーパーではいくら安くしてもミネラルウオーターが売れ残っています。
1本50円でも水道水のほうが安いですから
職場でもマイポット持参が普通になっています。
皆、節約、節約です

5月の連休中友人が会いたいというので、京都の老舗料亭にダメ元でランチの予約ができるか聞いたら、なんと空いていました 場所が不便というのもあるのですが、意外や意外でした
どんなに腕のいいシェフがいても、お客さんが来ないことにはどうにもなりません。
京都は観光地ですから、人は集まると思いますが、旅行だからといって財布の紐を緩める人はそれほど多くないような気がします

電気、水道、ガスの値上げはさらなる物価上昇につながりますから、給料の上がらない人間にとっては真綿でじわじわ首を絞められるようなものです

預貯金を切り崩すようなことになったら困ります。が、今、安易に株に手を出すのも危険です。
NISAも使いようですよね。口座を作ったからといって、すぐに何かを買わなければいけないということもないので、こまちはリーマンショック並みの爆弾が落ちるまで放置です

短期的にはオバマさんが来て、何か変わるか注視したいと思っています。。。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。