老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公的年金 恒常的に減額!

ワールドカップに世間が注目している間にこっそりと発表というわけですか…

「厚生労働省は公的年金の給付水準を物価動向にかかわらず毎年度抑制する仕組みを2015年度に導入する方針だ。いまの制度では物価の上昇率が低い場合は給付を十分抑制できないが、少子高齢化の進展に合わせて必ず給付を抑える。すでに年金を受給している高齢者にも負担を分かち合ってもらい、年金制度の持続性を高める」(日経新聞6月17日より)

団塊の世代が年金をもらうようになっていますから、これから年金支給額は減り、医療費や介護費用は上がっていくでしょうね。。。
本当に国民一人一人が何らかの形で資産形成(防衛)をしていかないと老後が心配です。
投資もリスクが伴いますから、安易に手を出すと大火傷をしてしまいます
60歳になってから株を買って、もし爆下げしたら上がるまで待つ間にお迎えが来るということも考えられます。
若いうちから、たとえ月1万でもコツコツと投資していくのが一番いい方法ですよね。
30代40代は子育てに忙しく、金銭的にも時間的にも余裕がないとは思いますが

それにしても、腹が立つのは政治家や官僚が自分達に都合の悪いことには蓋をしていることです
国会議員の給与削減、議員年金の廃止、生活保護制度・公務員制度の見直しを先にやっていただきたいですね

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
減額は当然!
40代自営業のヒロと申します。我々の世代は、おそらく70才からになるでしょう。さらに子供の世代まで考えるとどうなることやら。今の高齢者のおかげで、豊かで安全な日本があることには感謝しますが、制度的には限界でしょう。金のない若者が金のある高齢者を養う。しかも若者は将来、もらえるかわからない。無駄な医療費や生活保護費、専業主婦の受給資格用件も考える時期だと思います。このままでは年金は、史上最大の国家的詐欺になること間違いなしでしょう。
2014/06/18(水) 03:45 | URL | ヒロ #-[ 編集]
No title
ヒロさん

コメント、ありがとうございます。

公的年金はどんどん減額され、受給年齢も引き上げられていきますが、団塊の世代の年金をどこまで払い続けられるのか???
そのうちに投資失敗を口実に破綻=廃止になる可能性もありますよね。(公務員の年金では投資はしないらしいですが)
今のうちに私達が払った分を返金して廃止してくれたほうが傷は浅いと思うのですが、そうなると、今もらっている人達が困ります。
おっしゃるように今、無駄な医療費等の無駄を省いていかないと20代、30代は取られ損になりかねません。
国民年金が破綻寸前になったら、政府は年金を一元化するのではないかと思っていますが、どうなるでしょうね…
2014/06/18(水) 07:23 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。