老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学中退増加

経済的理由で大学を中退する学生が増えているそうです

「大学や短大の中途退学や休学の原因として、学費を払えないなど「経済的理由」を挙げる学生が増え、2割を超えたことが25日、文部科学省の調査で分かった。同省は「景気低迷や親の収入格差などで、学費を支払う余裕のある家庭が減っているのでは」と分析しており、無利子奨学金の拡充や、奨学金の返済方法の柔軟化を進める方針。
 全国の国公私立の大学、短大、高専1191校のうち1163校が調査に回答。2013年度の在籍学生約299万人のうち、中退者は7万9311人(2.7%)、休学者は6万7654人(2.4%)で、ともに07年度の前回調査より割合が増加。授業料滞納者も1万人を超えた。
 中退の原因は、経済的理由が前回から6.4ポイント増の20.4%と最多に。私立では22.6%に上った。休学理由でも15.5%と最も多く、7割以上の学校が、授業料減免や分納などを相談する学生が増加していると回答した」(時事通信9月25日より)

日本は大学の数ばかり多くて、学費が高過ぎます 
私立大学はともかく、国立大学は天下りをはじめとする無駄な人件費を削り、学費を半額に以下にして優秀な学生を育成する機関にしてほしいです

辺鄙なところにある大学はこれから厳しいでしょうね。。。
大学が破綻した場合、施設を改造して老人ホームにしたらどうかしら?
しかし、老人も何かあったときは病院の近くがいいし、職員も交通の便が悪いと大変です。
とすると、アマゾンの倉庫くらいしか活用の道はないかもしれませんね

日本はショッピングモールにしても、大学にしても、箱物ばかり造っています。。。
以前、某地方に行ったとき、駅から遠い田んぼの真ん中に真新しい私立大学があったので、あんなところの大学に通う学生がいるのか地元の人に聞いたら、学生の99%が中国人だとか…中小零細企業で働いているらしいけれど、こういうのは大学と言えるのでしょうか?
働く目的の人間にはきちんと審査して労働ビザを発行するべきだと思います。

日本の大学なのですから、外国人を優遇するのは止めて、その分、日本人の学生に返済不要の奨学金を出してあげてほしいです

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。