老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSウイルスに注意!

肺炎も怖いけれど、これも看過できません
小さいお子さんのいる家庭は気をつけてくださいね

「乳幼児に肺炎や気管支炎などを引き起こす恐れのある「RSウイルス」の感染が、子どもたちの間で広がっています。患者の数はこの10年で最も多くなっていて、有効なワクチンがないことから、国立感染症研究所は手洗いやうがいの徹底を呼びかけています。

 「RSウイルス」は、感染すると発熱などかぜに似た症状があらわれる病気。国立感染症研究所によりますと、先月24日から30日までの1週間に全国でRSウイルスの感染が確認された患者は、調査を始めた2003年11月以来、過去最多の5495人に上りました。感染者が5000人を超えたのは2週連続で、全国的に急速に感染が広がりつつあります。

 「免疫の弱い人がかかると、気管支炎とか重症な呼吸器感染症に発展しかねない」(しぶいこどもクリニック 渋井展子院長)

 RSウイルスは主に乳幼児で流行し、特に6か月未満の乳児が感染すると肺炎や気管支炎などを引き起こし、重症化することがあるといいます。

 「(RSウイルスに子どもが)去年なりました。結構せきと鼻水がすごくひどくて、すぐ肺炎になりやすいと聞いて子どもは、ちょっとびっくりして」(診察に来た親子)

 都道府県別に患者の数をみますと、北海道が376人、埼玉県が341人、東京都が340人、大阪府が317人などとなっています。

 RSウイルスの流行は、例年12月から1月にかけてピークを迎えていて、今後、しばらく流行が続くおそれがあります。

 「(流行は)1月とかあと数週間ぐらいという感じです。ワクチンがないので(対策は)原始的な方法しかない。手洗いをするとかマスクをしてうつさない、そういうことしかない」(国立感染症研究所 木村博一室長)

 国立感染症研究所は、手洗いやうがいなど対策の徹底を呼びかけています」(TBSニュース12月10日より)

今年は気管にくる風邪が流行っているようなので、部屋の加湿などをして喉を大事にしようと思っています

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。