老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットスーパー競争に勝ち抜くのは?

セブン&アイ・ホールディングスが本格的にネットスーパー事業に乗り出すようです

「ネットスーパーのサービス競争が激化している。セブン&アイ・ホールディングスは初の配送拠点を東京都内に設けるほか、西友やイオンなど大手各社も独自色を打ち出す。人口減少や高齢化によって店舗での売り上げの伸びが見込みにくい中、利便性を高めて顧客を囲い込みたい考えだ。

 セブン&アイは5日、8日にオープンする「ネットスーパー西日暮里店」(東京都荒川区)を報道陣に公開した。スーパーといっても、内部は巨大倉庫だ。専用の端末を持った従業員が効率的に商品を集め、配送トラックまではコンベヤーで運ぶ。

 取り扱うのは生鮮食品から日用品まで約1万種。発注から発送までの時間を短縮し、発送も1日23回ときめ細かく対応する。従来の5倍に当たる1日2000件の注文に対応する。

 セブン&アイ傘下のイトーヨーカ堂は2001年からネットスーパー事業に参入。15年2月期の売上高は前期比10%増の約500億円に上る見通しだ。ただ、従来は通常の営業と並行して、店舗で集荷や発送作業を行っていたため、「利用客からのすべての注文に応えられなかった」(戸井和久社長)という。配送エリアは都心部を含む半径7キロ圏内で、店舗がない都心の「空白区」への攻略も狙う。

 西友は16日、長野県松本市の店舗駐車場に専用のロッカーを設置し、ネットスーパーで注文した商品をロッカーで受け取れるサービスを試験的に始める。保冷剤の入った専用のケースを使うため、生鮮品も受け取り可能だ。同社は「自宅で配達を待つよりも、仕事帰りなどに受け取りを希望するニーズは高い」とみており、今後は東京都内にも同様のロッカー設置を検討する。

 ネットスーパーは配達時、客に手渡しすることが多いが、イオンは不在時でも自宅の玄関先など指定の場所に、商品を置いておくサービスを実施。配送時に紙パックなどを回収するユニークなサービスも展開し、独自色を出している。

 ただ、ネットスーパーで注文を受けるのは、単価が安い日用品や食品が多い。一定の配送料をもらっても、事業者には配送費負担が重荷となる。中堅スーパー、サミットは昨秋、成長が見込みにくいとみて、ネットスーパー事業から撤退した。

 ネット通販大手の楽天は生鮮食品の取り扱いを始めているほか、アマゾンジャパンも食品や飲料の品ぞろえを充実させている。既存のスーパーだけでなく、通販会社との競争も激化している。【神崎修一】

 キーワード・ネットスーパー

 スーパーがインターネットなどを通じて注文を受け付け、自宅まで商品を届ける宅配サービス。取り扱う商品は野菜や肉などの生鮮食料品から日用品まで幅広い。一定金額以上購入すると、配送料が無料になるケースが多い。インターネットの普及に伴い、2000年代以降、西友やイトーヨーカ堂、イオンなどの大手スーパーが相次いで参入した。高齢社会の到来を受け、店舗に出向くのが難しい高齢者などの潜在需要は高いとされる。コメや飲料、酒類など重い商品でも、天候に関係なく玄関先まで配達されるため、高齢者以外のニーズもある。調査会社、富士経済の推計では、2015年の市場規模は前年比6.9%増の1040億円で、初めて1000億円を超える見通し」(毎日新聞3月5日より)

一昔前はパソコンは苦手という人が結構おられましたが、今はお年寄りでも多くの方がパソコンを活用されています
タクシーを使って買い物に行くことを思えば、ネットスーパーから配達してもらったほうが安いし楽です。
スーパーが歩いて行ける範囲にあればいいけれど、それでも雨や風の強い日や重い荷物を持っての坂道等は、足腰の弱った人には辛いものですし、車の運転もいずれできなくなります

伯母(パソコンはできない)は生協の宅配を利用していて、週に1回配達してもらい、その時に次の注文表を手渡していますが、1週間の開きはちょっと不便なようです。
こまちは商店街が好きなので、老後はのんびり商店街での買い物を楽しみたいのですが、残念ながら近くにありません
また、品揃えの豊富なスーパーへ行くには車を使わなければならないので、将来ネットスーパーを利用することになるかもしれません

どこが使い勝手がいいのか、ネットスーパーの行く末をしっかりと見ていきたいです
個人的には配達員をしっかりと確保できるところが生き残るような気がします。。。

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。