老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸の悲劇 姉が溺死した池で弟も…

子供の頃、池や川には絶対に近づくなと言われたことはありませんか?親に言われなくても、子供達が遊ぶところは限られていたように記憶しています。でも、海が近ければ海で、山なら山で遊び、運が悪ければ怪我をしてしまうこともあります。

「大変痛ましい子どもの死です。水深3メートルと非常に深い池で、24日夜、5歳の男の子が死亡しているのが見つかりました。実はこの男の子のお姉さんも5年前、同じこの池に転落して亡くなっていました。果たしてこれは偶然なのでしょうか。
 24日午後7時ごろ、三豊市豊中町に住む矢野龍毅くん(5)が、自宅から午後5時半ごろに出たまま戻らないと、30歳の母親から警察に通報がありました。龍毅くんは1時間半ほど経って、家のそばのため池「裏新池」に浮いているのが見つかり、死亡が確認されました。水深は3メートルあまりで、急な斜面になっている土手には部分的にフェンスが建てられていました。

 「大人でも行くの大変でしょう、上まで行くのね。えー、なぜって思いましたよ。この辺の道で三輪車乗ったりしてよく遊んでましたよ。活発な子でね」(近所の人)

 池のほとりに建てられているのは、5年前、この池で死亡した女の子を供養する地蔵です。しかし、今度は弟が同じ状況で見つかり、死亡が確認されました。龍毅くんは長男で、長女、三女と両親とともに暮らしていましたが、5年前の4月には、3歳だった次女も同じ池で足を滑らせ死亡しています。ため池は自宅の目の前にありました。警察は事故と事件の両面から調べています」(TBSニュース 3月25日より)

5年前に次女が溺死した同じ池でというのが何とも…ましてやお彼岸に…

「3日午後4時頃、香川県三豊市豊中町のため池「裏新池」で、 近くの会社員矢野雅一さん(40)の次女、麻弥ちゃん(3)が浮いているのを捜していた母、尚子さん(25)が見つけた。
麻弥ちゃんは尚子さんに引き揚げられ、近くの病院に運ばれたが、約1時間後に死亡が確認された。
三豊署の発表によると、池は農業用のため池で、麻弥ちゃんは付近で遊んでいたという。
池の周囲にフェンスはなかった」(読売新聞2010年4月3日より)

香川県は池の多いところなので、すべての池に柵を設置するのは困難だと思われます。
目を離した親も悪いですが、活発な子で、しかも目の前に池があったのですから、今までも親の目を盗んで遊んでいたのかもしれません

スーパーの駐車場で母親が話に夢中になり、幼い子供が車の間を走り回っている光景をよく目にします。危険極まりないので注意すると、多くの母親は謝るどころかこちらを睨み返してきます。
外で子供を遊ばせる時は子供から絶対に目を離さない、そして、駐車場など車やバイクが頻繁に通るところでは子供の手をしっかりと握っていてほしいです

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。