老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溺れた少女を救おうとした家族、親戚、全員死亡

日本ではお彼岸に貯水池に男の子が転落し、死亡するという悲しい事件が起きましたが、中国でも日本のお彼岸にあたる「清明節」に貯水池で7人が亡くなってしまいました。。。

→ 溺れた少女助けようとして7人死亡 中国

7人全員が泳げなかったそうです。泳げないのに服を着たまま飛び込むなど無謀なことですが、なんとかして助けようと必死だったのでしょうね。手をつないでロープのようにしていたけれど、それが崩れてしまったたらしいです。が、それだったら、洋服を脱いで、それをつなぎ合わせたほうが良かったのに、あっという間の出来事だったようです。対岸で見ていた人が駆けつけた時は既に手遅れだったとか。。。

すり鉢状の人工池は掴まるところがありませんから危険です。溺れている人がいたら、ペットボトルや縄などを投げ、助けを待つのが最善の方法のようです。でも、実際に自分の子供が溺れていたら、親は飛び込まずにじっと助けを待つことができるでしょうか?日本では周囲に人がいれば、皆が協力して助けようとしてくれると思います。

真夏の某日、琵琶湖の某漁港で釣りをしていたオジサンの横で若い男性グループが遊んでいたのですが、一人が誤ってドボンと湖に落ちてしまいました。岸から1メートル先のところだったので、オジサンは釣竿を差し出し、掴まるように必死に叫びましたが、彼はみるみるうちに湖の底に消えていったそうです。
漁港は船が入るところですから、すり鉢状どころか一気に深い…その漁港では過去に何人か亡くなっています。

5月の連休に家族旅行を計画されておられる方、貯水池に近づかないのはもちろんですが、海や湖や川でも人がいないところは危険だと思われますので、気をつけてくださいね

ところで、内陸で育った中国人はほとんど泳げないみたいですね。水自体が不足していますから、当然のことですが、その点、日本人は小学校時代に強制的にプールで泳がされますから、ほとんどの人が泳げます。泳げない人でも水に浮くことくらいはできます。これって大事なことですよね。こまちはプールが大嫌いでしたが、体育の先生のおかげで100メートルくらいは泳げるようになったので今は感謝しています。。。

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。