老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産問題 -元校長の誤算-

知り合いに今年3月に公立高校を定年退職した校長先生がいます。家族は専業主婦の奥さんとサラリーマンの息子(独身)です。
近くに老いた母親が一人で大きな屋敷に住んでいるのですが、奥さんが同居を嫌い、退職金で夫婦と息子用のマンションを購入しました 
しかし、これが大きな誤算でした…

校長時代はいい給料をもらえ、奥さんも裕福な生活ができていましたが、退職後は年金をもらえる年になるまで無収入になります。蓄えがあるから大丈夫だろうと思っていたようですが、マンションは管理費等々いろいろお金がかかりますし、折りしも、この物価高
彼も焦って週に数日非常勤講師をしているようですが、子供の稼ぎと合わせても生活できないと奥さんが愚痴を言い始めました

生活ができないことはないのです。しかし、贅沢な暮らしに慣れてしまった人間にいきなり質素な生活をしろというのも無理な話です。
「起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半、所詮人間そんなもの」ということわざがありますが、物欲を断ち切れる人間はそうはいません。棺桶に足が半分入っていても…
親のものとはいえ、大きな屋敷があるのだから、彼にはマンションは不要だったのでは?息子のためとはいえ、まだ独身で結婚相手もいない状況では…
でも、まあ、いざとなれば母親に泣きつけるという甘えもあって買ったのかもしれません
アパートを3棟も所有しているそうなので生前贈与も期待できます

教員(地方公務員)はいい年金をもらえますから、65歳からは余裕の年金生活に入れます。(国民年金とは大違い
問題は年金が入るまでの5年間…これは短いようで結構長いと思います。
収入が減る、あるいはなくなるというのであれば、常識的には大きな買い物はしないものですが、周囲の人間が家を購入していたら、やはりほしくなるものなんでしょうね、きっと…

近所の奥さん(年金暮らし)が「私は借家住まいだけど、友人が貯金をはたいて駅近くの中古の一軒家を買ったのよ!それが中古とは思えないほど素敵で…ああいう老後もいいわねぇ~」と羨ましそうに熱く語っていました
もしかすると、近いうちに彼女もご主人のお尻を叩いて中古一戸建て住宅を購入するかもしれません
新築でも中古でも不動産…今、結構売れています

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。