老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖大橋自殺騒動

待ちに待った梅雨の合間の晴れ間…そして、日曜日!ということで琵琶湖には早朝から多くの釣り人が繰り出していました

朝7時半頃、琵琶湖大橋の下で数人の釣り人が小船に乗って釣りをしていたら、上から人が落ちて来ました
「飛び降り自殺だぁ~」 釣り人はびっくり仰天!すぐさま110番通報

こまちが車で琵琶湖大橋を通りかかったのは警察&消防&救急車が到着した頃でした。
何やら騒がしいなと思いながら、道の駅の駐車場に車を止め、琵琶湖のほうを見ると、既に数人の野次馬がいました。湖畔の警察官は遠巻きに眺めていて、湖上では3名の警察官がゴムボートで自殺者を探していました。

野次馬1 「なんや、警察がゴムボートかいな。もうちょっとデッカイ、エンジン付の船じゃないのか?」
野次馬2 「地元の人が言っていたんやけど、琵琶湖大橋じゃ死ねないらしいよ」
こまち   「えっ? ビルから落ちた時と同じ衝撃で死ぬと聞いたけれど???」
野次馬2 「オリンピックの飛び込みみたいなもんで、深いところにドボンと落ちれば大丈夫。よほど強く頭を打たないかぎり死なないらしいよ」

そうこうしているうちに、新鮮市の農家のおば様達や観光客まで集まってきました。ようやく大きな船が2艘やってきて、橋の真下に向かいました。
野次馬1 「何か乗せているな…」
野次馬2 「おっ!桟橋のほうに向かうぞ!」

野次馬達は一斉に桟橋のほうに移動しました もちろん、こまちも!
皆さん、野次馬根性が旺盛やようで

見ていると、担架らしきものは見えず、青いブルーシートのようなものもなし。
あれ???
野次馬3 「おい、あの警察官の間にいる男、自殺者じゃないか?」
一同    「えっ?まさか、一人で歩いているのか???」
その男は警察官に支えられることもなく、すたすたと歩いています
野次馬1 「あんな高いところから飛び降りて、ピンピンしているとは
野次馬2 「だから、琵琶湖大橋じゃ死ねないんだって!」
野次馬3 「いや~ まったく人騒がせな
野次馬1 「死ねないからって、電車の中で焼身自殺するのは勘弁してもらいたいな

自殺した男は40歳くらいでした。土曜日の夜に軽自動車で京都からやってきて、駐車場に車を置き、朝になって橋から飛び降りたようです。警察が軽自動車を丹念に調べていました。。。

日本全国に自殺の名所がありますが、琵琶湖大橋でもよく飛び込み自殺があります。
今までは「誰かが飛び込んだ」と聞けば亡くなったのだと思い込んでいましたが、ほとんどが助かっているみたいなので、ちょっとほっとしました。
今回の男性も助けられた命を大事にして、頑張って生きていってもらいたいです

ところで、自殺者を救助するのにかかった費用は我々の税金から支払われるのでしょうか?
山で遭難した場合、親族がかなり負担すると聞いたことがあります。
「自殺したら捜索等にかかった費用はすべて親族(あるいは本人)に請求する」というシステムにすれば、自殺者も減るかもしれません

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。