老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック 国内2工場閉鎖へ

大企業の工場がなくなると、その地域は活力を失い地盤沈下してしまいます
しかし、企業のほうも採算が合わなければ閉鎖という手段を取らざるを得ないのかもしれません。

「パナソニックが、発光ダイオード(LED)照明器具を生産する大阪府枚方市と京都府八幡市の2工場を9月末に閉鎖することが29日、分かった。収益性を高めるために生産を他の国内工場に集約し、両工場の従業員約250人は配置転換する。

 閉鎖するのは子会社パナソニックライティングシステムズ(大阪府門真市)の枚方工場と京都工場。生産機能は伊賀工場(三重県伊賀市)と春日工場(兵庫県丹波市)に移し、この2工場に約10億円の設備投資をして生産能力を3割引き上げる。従業員のほとんどがこの2工場に異動となる。

 枚方工場は昭和42年、京都工場は平成2年から稼働し、店舗や住宅向けの照明器具などを製造していた。閉鎖後は売却する方針だ。

 照明事業では、LED照明を生産するインドネシア工場を10月末までに閉鎖し、国内工場に集約することを決めるなど、生産体制の再編を進めている。

 パナソニックは、照明のほか、エアコン、住宅関連など売上高が3千億円以上ある大規模な6事業の収益性改善に力を入れている。

 パナの照明事業 パナソニックの主力事業の一つで、蛍光灯から発光ダイオード(LED)照明への移行を進めている。平成26年度の事業売上高は3177億円、営業利益率は4.7%。18年度の売上高の目標に26年度比約26%増の4千億円を掲げる。このうち商業施設の表示板や自動車のヘッドライトなどの新事業で600億円、海外では1千億円を目指す」(産経新聞8月29日より)

250人の従業員は解雇でなく移動で良かったですが、10月から家族を残して単身赴任される方もおられるでしょう。移動する工場までの距離が比較的近いのが不幸中の幸いかもしれません。
インドネシアの工場も閉鎖するということですから、パナソニックは徹底的に生産体制を見直しているみたいですね。

閉鎖された工場に買い手がついて、新しい企業が来てくれるのならいいですが、閉鎖されたまま何年も放置されると治安の悪化にもつながりなりかねません
全国各地にいろいろな工場がありますが、閉鎖でなく増産のニュースを耳にしたいです

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。