老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボ検診は税金の無駄遣い!

国民が健康になれば医療費の支出を減らすことができる、だから厚労省主導で多額の税金を投入してメタボ検診を行ったはずなのに…

「特定健康診査(メタボ健診)などの効果を確かめるため厚生労働省がデータベース化している約90億件の健診結果や患者情報の大半が、システムの問題で活用できていないことが4日、会計検査院の調査で分かった。厚労省は問題を把握しながら具体的な対策を取っておらず、1000億円を超す補助金などの効果検証ができない恐れがある。
 検証のためのシステム整備費などは約28億円で、同省はさらに約2億円かけて改修する。担当者は「検査院の指摘を真摯(しんし)に受け止め、国民の個人情報がきちんと活用できるよう対応を急ぎたい」と話している。
 厚労省は糖尿病などの生活習慣病対策として、2008年度にメタボ健診や特定保健指導を導入。促進のための補助金は14年度までで計1257億円に上る。
 健康改善や医療費抑制の効果について、健診や指導の結果とレセプト(診療報酬明細書)の情報を照合し、18年度に検証するとしていた。今年2月末までに、レセプト情報約87億9000万件、健診データ約1億2000万件を収集した。
 検査院が11、12年度の実態を調べたところ、照合できたデータの割合は12年度で25%、11年度は19%に過ぎなかった。両年度とも、約3400の健保組合のうち約1400ある企業健保は、ほぼ全てが1件のデータも照合できない状態だった。
 入力文字の全半角や漢字・カタカナ書きの違いで同一人物と認識しないシステムになっていたためで、入力の統一マニュアルもなかった。個人情報保護でデータが暗号化されるため、再照合も困難という。 
 厚労省は12年2月には、照合率が想定より大幅に低いことを認識。被保険者の転職や未受診が影響した可能性があるとし、システムの検証などは進んでいなかった」(時事ドットコム9月4日より)

こまちも病院でメタボ検診を受けましたが、胴回りを測って、食生活などについて用紙に書き込むだけでした。今までの健康診断内容(血液検査等)からメタボと診断されれば、医者から何か指導があったのかもしれませんが、メタボ=悪というのはどうかなぁと思いました

スポーツジムでもガリガリに痩せた人よりも、ちょっと小太りの人のほうが馬力があります
特に60歳を過ぎた方々を見ていると、しっかりと食べている人は持久力もあり、元気溌剌です
(大酒飲みの場合はやはり問題があるみたいですけれど…)

メタボ検診は健康診断の項目から外したほうがいいと思います。
その分の予算については新薬開発等、いくらでも使い道はあります
いっそのこと、保険料を払っているにもかかわらず、一度も病院のお世話にならなかった人に一律5万円プレゼントしたらどうかしら??? 皆、自主的に生活習慣を見直すかもしれません
医者要らず、薬要らずで国民は幸せになれます。困るのは医者と製薬会社と役人だけ…(笑)

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。