老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激痩せは悲惨

日本人はどうも「太ること」に対して敏感になり過ぎているようにみえます
傍から見れば痩せ過ぎなんじゃないかと思うオバ様達がお腹に手を当てて、「太った、太った!痩せなきゃ!」と騒ぎ、ちょっと痩せた人に「痩せたねぇ~ ダイエットしたの?今何キロ?」と聞く風潮は少々おかしいのではないかと
アメリカ型肥満は別として、ぽっちゃりしているくらいなら健康的でいいのではないでしょうか?
特に高齢者はあまり痩せていると、病気になった時に治療に体が耐えられません
また、成長期の子供に無理なダイエットをさせるのは非常に危険です

昨年癌を患い、治療に専念していた川島なお美さんが久し振りにメディアに登場しましたが、あまりの激痩せぶりに驚いた方も少なくないと思います。

→ 川島なお美 激やせ

ワインもほどほどにしておけば良かったのかもしれません。
彼女は病気を治そうと焦ったのか、腸内洗浄までしています

「《大量のコーヒーをお尻から腸に流し、自分でプッシュして洗浄する。こんな世界があったなんて~~。
お腹スッキリ、頭も冴え渡り、その後の食事がさらに美味しかったのはいうまでもありません》

 3月9日、ブログでこんなことを綴ったのが川島なお美(54才)。夫の鎧塚俊彦氏(49才)とのフィリピン旅行中に、“コーヒー浣腸”にチャレンジし、その効能に驚愕したのだという。一緒にやった夫は、あまりの衝撃に、しばらく放心状態になったそうだ。

 コーヒーをお尻から腸に!?と驚くなかれ。これは70年も前にドイツの医師が考案したもので、今ではマドンナ(56才)やナオミ・キャンベル(44才)、 英国のチャールズ皇太子(66才)もハマッているという画期的な健康療法なのだ。

 やり方は超カンタンで、点滴パックに入れたコーヒーを管から直接肛門に入れて、2~3分後に出すだけ。

 この“コーヒー浣腸”を日本で広めたのは、医学博士で100万部超の大ベストセラー『病気にならない生き方』(サンマーク出版刊)の著者でもある新谷弘実氏だ。
『腸内すっきり! コーヒーエネマ』(ATパブリケーション刊)の監修者で、内科医の渡邉勇四郎氏が語る。

「コーヒーに含まれるカフェインは、腸内で直接吸収されると、副交感神経を刺激して、 肝臓の機能を高める働きをもっています。肝臓は体内の有害物質を解毒して排出する大切な臓器ですので、その機能が高まれば、必然的により多くの有害物質が排出されるようになります。
結果、代謝が盛んになり、生活習慣病の予防や便秘解消、肥満改善に繋がるのです」
 加えて、美肌効果もバツグンで、発がん性の有害物質の排出も促されるので、がん予防も期待できるという。
 昨年1月に胆管がんの手術をした川島にとっては、まさにうってつけの療法だったというわけだ」( 女性セブン2015年4月2日号
より)

腸内には善玉菌もいるので、むやみに洗浄などしないほうがいいと聞いたことがありますが、今の川島さんを見ていると、こういう療法には疑問を抱かざるを得ません

桂歌丸さんも激痩せしてしまっていて、心配です

「落語家で落語芸術協会の会長を務める桂歌丸(79)が31日、東京・浅草ビューホテルで行われた「落語芸術協会 夏期研修会」に出席した。

 腸閉塞などのため約2カ月休養していた歌丸は、「足の筋肉がまるでなくなってしまい、歩くこと正座もきつい」と舞台に上がらなかったものの約3分半、立った姿勢であいさつ。会員と出席者200人から大きな拍手を浴びた。

 歌丸は8月8日に日本テレビ系「笑点」(日曜後5・30)の収録で仕事、同11日に国立演芸場で高座へ復帰。同23日には「24時間テレビ」内の「笑点」で生出演した。

 「国立の10日間はきつかった。『笑点』の生放送まで、2日間は家で寝てました。体重を量ったら38・5キロでね。ここ2、3日、食欲が落ちてるから、今はそれを切ってるだろうね。おっかなくて(体重計に)のってない。本当に食べたいもんがないんだよ」と近況を説明。「増えるのは診察券と薬。減るのは頭の毛」とオチをつけ、報道陣を笑わせていた」(サンスポ8月31日より)

メタボ検診を完全否定するわけではありませんが、痩せ過ぎにも警鐘を鳴らしていただきたいです

お二人とも、しっかり静養して、ふっくらとしたお姿を見せてほしいです…

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。