老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

世界初の頭部移植手術

過去に移植によって救われた命は多々あれど、頭部を移植するのは倫理的に問題があるのではないでしょうか

「イタリア人と中国人の医師らが、世界初の頭部移植手術を中国で計画している。医療チームの1人が11日、明らかにした。中国における医療倫理に対しては懸念の声も上がっている。

 イタリア人の外科医、セルジオ・カナベーロ(Sergio Canavero)氏らとともに手術を行う予定の中国人医師、任小平(Ren Xiaoping)氏は、予備的な研究と試験が計画通りに進めば、2年以内に移植手術を行いたいと述べている。

「多くのメディアは、私たちが2017年までに手術を行うと報じているが、その前に全てが順調に運べばの話だ」と、AFPの取材に対して任氏は答えた。

 一方、2013年に移植手術の計画を初めて発表したカナベーロ氏は当時、早くて2016年までにはこうした手術を行えるようになると述べていた。
 しかし、障害や未知の部分も多いことなどから、予定通りに手術を実施できる可能性は極めて低いとみられている。

 頭部移植手術にはロシア生まれの30歳の男性が志願している。この男性は進行性の難病、ウェルドニッヒ・ホフマン病を患っている。

 任氏によると、手術は中国東北部・黒竜江(Heilongjiang)省にあるハルビン医科大学(Harbin Medical University)で行われることになりそうだという。だが同氏は、男性の頭部が移植される胴体のドナーや、ドナーが中国人になるかどうかなどについては明らかにしなかった」(AFP時事9月12日より)

頭を移植して、まったく違う他人の体で生きていくなんて、考えただけで恐ろしいです。。。
銀河鉄道999やサイボーグ009じゃないけれど、機械の体のほうがマシです

そもそも、前段階として、犬や猫等の動物実験で成功しているのでしょうか???
唐突に頭部移植だとしたら、いくらなんでも無謀過ぎると思います

手術を希望している男性のウェルドニッヒ・ホフマン病は生涯にわたって起立歩行が不可能な病ですが、目の動きに反応する機械も開発されているのだから、機械の開発研究を進めてほしいです。
ただ、男性の病気は進行性のものらしいので重篤な状態なのかもしれませんね。。。
死ぬ前に一度でいいから自分の足で立ってみたい、自分の手で食事をしてみたいと願う彼の気持ちは責められるものではありません

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア