老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入学してから猛勉する大学に!

ランキングの順位が低いからといって悲観することはないと思いますが、日本の大学の評価が著しく落ちてしまいました

「英国の教育専門雑誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は9月30日、今年の世界大学ランキングを発表した。
 日本の大学は、東京大が昨年の23位から43位と大きく順位を下げ、アジア地域でも首位から3位に転落した。

 今年のアジア首位はシンガポール国立大(世界順位26位)、2位は北京大(同42位)。昨年59位だった京都大も、今年は88位と大きく順位を下げた。昨年、上位200校に入っていた東京工業大や大阪大、東北大の3校は今年、姿を消した。上位800校でみると、日本は国別で3番目に多い41校が入った。

 順位は、論文の引用数や指導環境などをもとに決められる。

 今年の世界1位は米カリフォルニア工科大、2位は英オックスフォード大。上位10校中、6校が米国の大学だった」(読売新聞10月1日より)

勉強しなくても、コネや金で入れるAO入試は廃止してもらいたいですが、京大や東大でも行われるらしいです
私立大学などは芸能人が教授になって学生を呼び込んでいるのですから、腰を入れて体制を見直すべきですけれど、官僚が天下りポストほしさに統廃合は渋るでしょうね

某私立大学の英語の授業は中学生レベルだとか…これって大学と言えるのかしら???
大学は専門研究をしたい人だけが行くところにして、実践的な技術などを身につける専門学校の処遇を改善したほうが企業にもいい人材が集まるように思えますが、学歴を「大卒以上」と定めているところが多い現状では道のりは険しそうです
また、海外でもほとんどの国が学歴を重視していますから、「大学は一応出ておく」のが常識になっています
日本は教育がかかりますから、優秀な学生への奨学金をさらに充実させてもらいたいです

海外へ留学させるなどして研究者のレベルを上げないと、日本の大学はどんどんランクが落ちていくかもしれません。
もちろん、留学が遊学になるような学生には援助は不要ですが

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。