老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地に落ちた野球界

ビールを飲みながらテレビで野球を見て、中継が途中で切れたらラジオに耳を当てる、そんなお父さんのいる家庭はもうほとんどないのではないでしょうか
関西でも熱狂的な阪神ファンはいるけれど、昔ほどではありません。

巨人の野球賭博問題で、ますます野球離れが加速しそうですが、困ったのがテレビ局…

「かつては、ドル箱ともいえたプロ野球の日本シリーズ中継だが、今季は各テレビ局が悲鳴を上げているのだ。とにかく、視聴率が獲れないのだ。
 ソフトバンクvsヤクルトによる日本シリーズは、10月24日に開幕したが、その地上波中継の視聴率は、第1戦(24日=TBS)が9.3%(数字は以下、すべて関東地区)、第2戦(25日=テレビ東京)が7.3%と1ケタ台が続いた。
 一方、ソフトバンクの地元・北部九州地区では、第1戦が29.9%、第2戦が24.4%と大変な盛り上がりようで、関東地区との温度差は激しい。
 この後、神宮球場で迎える第3戦(27日)、第4戦(28日)、第5戦(29日)は、ヤクルトの系列であるフジテレビが中継。第5戦までに決着がつかなければ、福岡に戻っての第6戦はテレビ朝日、第7戦はフジテレビが放送する予定。
 試合は第1、2戦ともにソフトバンクが戦力の差を見せつけて完勝した。逆にヤクルトが連勝していれば、もう少し、関東でも盛り上がっただろうが、これでは、フジが中継する第3~5戦の視聴率は関東地区では低迷しそうな雲行きだ。
 14年はソフトバンクvs阪神のカードだったが、やはり関東地区では視聴率は低調。第3戦(8.3%)、第4戦(8.4%)では1ケタ台を記録。全5戦中、最高は第1戦の11.8%と、極めて低いものだった。
 13年は楽天と巨人によるきっ抗した闘いとなり、マー君(田中将大)人気、東北復興への後押しもあって、全7戦中6戦で20%超え。第6戦では28.4%、第7戦では27.8%の高視聴率をマーク。最低でも、第3戦の16.3%と高い数字を獲った。
 12年は巨人vs日本ハムという地味なカードだったが、それでも、全6戦中5戦で15%を超えた。第3戦は13.7%と伸び悩んだが、第6戦では23.3%と大台を突破した。
 巨人が出場しなかった11年(ソフトバンクvs中日)は、第1戦(9.2%)、第2戦(9.1%)で1ケタ台を記録。10年(ロッテvs中日)は、第3戦(6.8%)、第4戦(9.7%)で1ケタ台を出した上、第1、2、5戦は全国ネットでの地上波中継がない(名古屋ローカル局のみ地上波中継)異常事態となった。
 野球人気低迷が叫ばれ、巨人の公式戦でも視聴率2ケタ台が獲れない時代となったが、やはり、日本シリーズとなると、話は別。ここ数年のデータを見れば歴然で、中継する各テレビ局にとって、「巨人が出るかどうか」は重要なポイントとなるのだ。
 この後、ヤクルトが巻き返して、日本シリーズ自体が盛り上がらないかぎり、中継局は悲鳴を上げるしかなさそうだ」(リアルライブ10月27日より)

巨人の闇は相当深そうですね…もちろん、他の球団も清廉潔白ではないでしょうけれど
博打、酒、金、薬…
どろどろで汚い球団の試合など見たくもありませんし、放送する局がフジでは最悪です
民放テレビ局は一度全部解体して、スポーツ専門チャンネルを作ればいいと思います。野球だけでなく、いろいろなスポーツの試合が見られますし。。。他の局は映画、報道、ドラマ等に特化すればCMを提供したい企業も客層を選べていいのではないかしら???
有料放送でしていることを民放ですることになるけれど、現状よりはマシになるような気がします

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。