老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

高速道の車に生卵!

一歩間違えば大事故になっていたかもしれません

「神奈川県大井町の東名高速にかかる橋の上から大量の生卵を投げつけ、走行中の車に傷をつけたとして、松田署は10日、いずれも同県秦野市に住む高校3年男子生徒(18)と会社員の兄(21)を器物損壊と暴力行為等処罰法違反の両容疑で逮捕した。
 仲間の少年2人(17歳と18歳)も後日、書類送検する方針。

 同署幹部によると、4人は9月20日午後10時頃、橋の上から東名高速上り線を走行中の車に生卵を投げ、1台の屋根を傷つけた疑い。橋の高さは9・6メートル。投げた生卵は計約300個で車体がへこんだり、フロントガラスが割れたりするなど被害を受けた車は41台に上るという。
 同日午前0時頃にも、近くで生卵約200個が投げられ、13台が被害を受ける事件があり、同署員が警戒していたところ、生卵を投げる少年らを発見、事情を聞いていた」(読売新聞11月10日より)

親は一体どういう教育をしてきたのでしょうか?
41台(+13台?)分の損害賠償額もかなりのものになりそうです。
まかり間違えば死亡事故を引き起こしかねない、こういうイタズラには厳罰で対処してもらいたいです

また、高速道路、自動車専用道路を歩くのは危険極まりない行為なのに、それを認識していない人が多過ぎます

「9日夜、えびの市の宮崎自動車道で、車道を歩いていた女性がワゴン車にはねられ死亡しました。
 事故があったのはえびの市の宮崎自動車道下り線で、9日午後6時40分ごろ、走行車線を歩いていた女性が都城市の男性会社員が運転する普通ワゴン車にはねられました。この事故で、佐賀県鳥栖市の中村真由美さん35歳が頭を強く打ち、病院に運ばれましたが約1時間半後に死亡が確認されました。警察によりますと中村さんの車は、エンジンがかかった状態でハザードランプをつけ、事故現場から約200メートル手前の非常駐車帯に停められていたということです。車内には中村さんの8歳の長女と4歳の長男の2人が残されていました。警察では、中村さんが何らかの理由で車を降りたとみて、事故の状況を詳しく調べています」(宮崎放送11月10日より)

なぜ車から降りて200メートルも歩いたのか謎です。車のトラブルなら非常駐車帯に電話があるのだから歩く必要はありません。エンジンをかけたままということは、トイレを我慢できず、適当な草むらを探していたのかもしれません。
どんなに辛くても、高速で車から外に出るなど自殺行為です
すぐ側を100キロ以上で車がビュンビュン走っているのですから、そら恐ろしいです
だけど、車を運転中に突然トイレに行きたくなることもあります。
やはり、高速を走るなら、もしもの時のための備えはしておくべきですね…
備えあれば憂いなしです。。。

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア