老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

「梅毒」感染急増

外国人観光客が増えたことに起因しているのでしょうか?

「性感染症の「梅毒」の患者の数が、20代前半の女性で、2014年の3倍近くに急増していることがわかり、厚生労働省などが注意を呼びかけるなどの対策に乗り出した。
国立感染症研究所などによると、11月8日までに報告された「梅毒」の感染者数は、2,155例と、2014年の同じ時期と比べて、およそ1.5倍に増加しているという。
このうち、20〜24歳の女性だけをみると、2014年に比べ、2.7倍に急増しているが、くわしい原因についてはわかっていない。
山の手クリニック池袋院の山口真澄医院長は「月に1例だったのが、2例になっていますので、実際に増えている。今は、(性に関する)教育と予防が、少しおろそかになっているということだと思う」と話した。
梅毒の流行を受けて、厚労省は、啓発活動や、全国の自治体や医療機関に対する注意の呼びかけなどを行う方針」(FNNニュース11月19日より)

近所に共同風呂で性病を移されたオバサマ(70歳)がいます。病院で性病と診断されビックリ仰天したオバサマ、あれこれ感染源を調査、もちろんご主人が真っ先に槍玉に上がったのは言うまでもありません。が、無実…かわいそうに
結局、共同風呂にあった座椅子ではないかということになったそうです。
「梅毒」は感染者との接触から移ると言われていますが、座椅子でも移るかもしれませんね
お風呂で不特定多数の人間が座るのですから、考えたら恐ろしいです
最近、温泉地にも外国人観光客が殺到していますから、お風呂好きの方、危ない病気を移されないように気をつけてくださいね
先日、アメリカの俳優がHIVであることを公表しましたが、これもまた怖い病気です

「予告されていた通り、チャーリー・シーンが現地時間11月17日に米国のテレビ番組「Today」に出演し、HIV感染の事実を公表した。チャーリーは「俺はHIV陽性者だということを認めるためにここに来た」「感染が判明したのは約4年前だった」と明かしたと英紙デイリー・メールが伝えている。
症状は激しい片頭痛で始まったそうで、汗びっしょりになる夜が続き、緊急入院させられたという。「脳腫瘍だと思って、もう死ぬんだと思った。そしていろいろ検査をさせられて、医者からその事実を告げられた」と話している。

また、インタビューの中でチャーリーは自分との性交渉で誰かがHIVに感染したとは思わないと語り、コンドームを使用せずにセックスした相手が2人だけいたが、そのどちらも彼がHIVに感染していたことを知っていたと断言した。心を許せる人々にはHIVのことを打ち明けていたそうだが、それが「マスコミにばらす」と恐喝される結果にも繋がったそうで、こうした人々に払った金額は1000万ドル(約12億3500万円)を超えているという。

一時は「最も稼いでいるTV俳優」と呼ばれ、ドラマ1話につき180万ドル(約2億2000万円)のギャラを要求していたこともあるチャーリーだが、今は経済的に苦しいと告白している。「今は苦しい。でも俺はサバイバーだ。浮き沈みが激しくて、リッチになったり貧乏になったりしてきた。またいい時も来るだろう。人生の新たな章の始まりだ」とチャーリーは話している。

しかし、その一方ですでにチャーリーの告白と矛盾する発言も出ており、2011年頃、彼が「女神」と呼んで同棲していたブリー・オルソンとナタリー・ケンリーは彼からHIV感染を知らされないまま毎日セックスしていたと主張しており、彼と性交渉を持った6人の人々が訴訟準備をしているという報道もある」(Movie Walker11月18日より)

HIVはさすがにお風呂で移ることはないと思いますが、チャーリーのような白人に町で声をかけられたら、嬉々としてついていく若い女性が少なくないような気がして、少々憂いています…

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア