老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

老人ホームも金次第

老人ホームの倒産が増加しているそうです…

「老人ホームなどの倒産が増えている。東京商工リサーチの調査では、今(2015)年1~10月の「老人福祉・介護事業」の倒産が62件に達し、すでに前年の年間件数(54件)を上回った。介護保険法が施行された2000年以降では、過去最悪のペースをたどっている。介護報酬が今年4月から9年ぶりに引き下げられたことに加え、介護職員の人手不足もあり、厳しい淘汰の波が押し寄せている(調査対象の「老人福祉・介護事業」は、有料老人ホーム、通所・短期入所介護事業、訪問介護事業などを含む)。

 企業全体の企業倒産はバブル景気時並みの低水準で推移しているが、今年1~10月の老人福祉・介護事業の倒産は前年同期比34.7%の増加だった。一方、負債総額は54億2500万円(同17.3%減、同65億6700万円)と前年同期を下回っている。負債10億円以上の大型倒産がゼロ(前年同期1件)だったのに対し、負債5000万円未満が42件(前年同期比50%増、前年同期28件)と増加し、小規模企業の倒産が大半を占めた。

 内訳をみると、「訪問介護事業」が25件(前年同期比19%増、前年同期21件)、施設系のデイサービスセンターを含む「通所・短期入所介護事業」が24件(同118.1%増、前年同期11件)と倍増。ここ数年で新規参入した事業者の倒産が相次いでいるようだ。

 業態別では、事業所の解体・消滅である「破産」が60件と、全体の9割以上を占めた。一方、再建型の「民事再生法」は2件にとどまり、業績不振の事業所の再建が難しいことを物語っている。

 近年、老人福祉・介護事業は“高齢化社会の有望業種”として期待され、新規参入が相次いだ。ここにきて倒産が増加している背景には、介護事業への熱意はあっても、経営は全くの素人で経営能力に欠ける事業者が少なくないことも要因のひとつ。東京商工リサーチによれば、「本業不振の穴埋め」や「経営の多角化」を目指して異業種から安易に参入した業者が、経営に苦慮するケースもあるという。人手不足が要因で破産した業者も目立つ。介護報酬がマイナス改定された影響は、徐々に経営を圧迫するだろう。今後も「老人福祉・介護事業」の倒産は増加する可能性が高い」(Economic News 11月25日より)

前に老人ホームの悲惨な実態を記事にしましたが、近くの高級老人ホームは一体どうなっているのだろうかとご近所さんに聞いてみました。すると、隣町に超高級老人ホームがあって、そこは地元でも有名なところらしいです。こまちが知らないだけで…
パートで働いたことのある人達からの情報によると、入居に必要な費用は最低3,000万、月に30万なのだけれど、それで入る人はほとんどいません。なぜなら、入居時に支払ったお金の額によって階が決まるからです。
上の階は1億以上で入居者はすべて関東方面から来た人達らしいです。地元の人はゼロ!で、新しく入った人に「あなたは何階?」と聞くのだとか
お風呂も買い物も散歩も全部オプションになっているので、月に50万くらいは要るのでは?という話です。
田舎のことだから、どこかへタクシーで行くといっても、庶民が利用するスーパーくらいしかありません
老人ホームの中でいくら贅沢ができたとしても、そんな生活は1ヶ月もしたら飽きてしまうでしょう。。。
もっとも、お金はあるのだから、元気な方はきっとゴルフなどに出かけ、楽しんでいるのかもしれません。

その老人ホームは今まで認知症患者は断ってきたのですが、今後は受け入れる方針で施設を増築しています。
病院も近年は長期間入院させてくれませんから、「お金はいくらでも出すから何とか頼む」という依頼が多々あるようで…
地獄の沙汰も金次第…老人を生かしておけばお金になるのですから、至れり尽くせりです
しかし、札束で頬を叩いて言うことを聞かせるようで、そんな世界には足を踏み入れたくありません

億万長者組はお出ましになる際の態度もそれなりみたいです(笑) 殿様、奥方様のおな~り~
実業家や資産家でなければ一般人はとてもじゃないけれどお金が続きません
地元民もそんなところに入りたくもない!と眉をひそめていますが、お金のない人はどうなるかというと、親や配偶者が認知症になってしまったら、それこそ、地獄です。。。
頭がしっかりしているのに体の自由が利かなくなるのも地獄です。。。

介護疲れからの自殺、無理心中等々の記事を目にするにつけ、やるせなくなります。
政府も政策を打ち出してはいますが、介護職員の待遇改善につながらなければ、またもや税金の無駄遣いで終わりそうです

「安倍晋三首相は25日、「1億総活躍社会」の具体的目標である介護離職ゼロの達成に向け、特別養護老人ホームなどの介護施設の追加整備を塩崎恭久厚生労働相に指示した。
 首相は介護の実情を把握するため、配偶者らの介護に当たっている一般の男女10人と首相官邸で懇談。同席した塩崎氏に「介護施設の数も十分ではない。さらに整備計画を追加してほしい」と伝えた。
 介護施設について、厚労省は従来の整備計画に約6万人分上乗せし、2020年代初めまでに約40万人分を整備する計画を12日に公表している。首相指示は、さらなる積み増しを求めたもので、政府が26日に取りまとめる緊急対策に反映させる見通しだ」(時事通信11月25日より)

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア