老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康志向でラーメン業界苦戦?

ラーメンは体に悪いので、若いうちはともかく、ある程度の年齢になったら常食にするのは避けたほうが無難だと思います
避けるというより、年を取るとだんだん食べられなくなるのかもしれません。
ラーメン好きの日本人が数多しと言えども、高齢化が進んでいますし、ラーメン屋もスーパーや薬屋同様に戦国時代に突入したようです

「醤油豚骨ラーメンの草分けの「光麺」を運営する株式会社KMが東京地裁から破産開始決定を受けた。
同社は1991年設立。95年、池袋駅前に第1号店を出して人気を博し、店舗数を増やしたが経営不振に。
負債総額は9億8757万円に上るという。KM社は池袋西口店など3店舗を閉鎖し、他の6店舗はマリフィックという会社が引き継いで運営している。

 ラーメン業界に詳しい料理評論家の小野員裕氏が言う。
「95年はラーメンブームの黎明期で、光麺は当時まだ珍しかった醤油豚骨味で若いお客を集めたのです。
ところが間もなく、ブームが本格化し、次々とライバル店が出現しました。光麺は担々麺など新メニューを繰り出したものの、これによってラーメン専門店のイメージが薄れ、中華料理店の延長みたいな位置づけになってしまった。その結果、味にこだわる『花月嵐』や安さが売りの『日高屋』に駆逐されてしまったのです」

いまやラーメン業界は年間に1000軒がオープンして同じ数の店がつぶれるといわれる激戦。
小野氏によると、「ラーメン屋でもやってみようか」と軽い気持ちで開店する人が増えているのが原因という。

「内装工事をして新店を出すには500万~700万円かかりますが、空き店舗に居抜きで入れば100万~200万円でオープンできます。そのためろくに修業せず、食べ歩きをしただけの人が思いつきで開店し、 1カ月後に閉店するようなケースが増えているのです。いま本当のラーメン通はチェーン店ではなく、きちんと修業した店主の個人店に行きます。そうした店の店主は麺とスープの相性などを熟知しているので味は間違いない。
その情報がネットで広がり、行列ができて店は長続きするのです。個人店の多くは裏通りにあり、 3~5日の売り上げで家賃を払えるよう堅実な経営をしています。
一方、表通りの店のオーナーは収入を増やそうと次々と出店し、人件費などの重圧で閉店に追い込まれてしまう。いまはチェーン店受難の時代なのです」(小野員裕氏)  テレビのグルメ番組では分からないが、ラーメン業界は戦国時代だ」(日刊ゲンダイ12月12日より)

薬屋でもコンビニでも疲れきった顔をしたオーナーのいるところがあります。
立地が非常にいい等、環境に恵まれていないかぎり、チェーン店で儲けを出すのは大変なことです
人を雇ったりしたら、人件費で儲けが吹き飛んでしまいます
ラーメン屋にしろ、コンビニにしろ、安易に店を出すととんでもない損失を抱えることになってしまいます
君子危うきに近寄らず…「儲かるよ」という悪魔の囁きには一切耳をかさないことです

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。