老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷信はすべて悪?

何でもかんでも差別だ!と騒ぐのはいかがなものかと思います

「佐伯市は市制10周年を記念して作った冊子に「大安」や「仏滅」などの「六曜」を掲載していたとして、25日に予定していた市内全世帯への配布を見送った。科学的に証明されない迷信を信じることが差別的行為を助長することにつながるとの指摘があるため。約2500万円かけて作製したが、配布中止などを含め今後の方針を検討している。

 市が作った冊子は「10年ダイヤリー」(A5判・400ページ)。2016年から25年までの日記を書くスペースや市内の懐かしい風景の写真、市の10年間の歩み、方言、文化財、防災情報なども掲載している。市民の便宜を図る目的で六曜も入れたという。5万冊作製。
 市内全世帯(約3万3600世帯)に配り、残りはふるさと納税の謝礼品、関係者への記念品などに使う予定だった。21日に外部の人から六曜の問題を指摘されて配布を差し止めた。
 六曜とは、一般のカレンダーなどに記載されている暦注の一つ。先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種あり、結婚式や葬式などに結び付けて使うことが多い。
 しかし、人権問題を担当する市社会福祉課は「科学的に証明されない迷信を信じることは、自分の考えに従わずに周りの人の意見に流される」と問題視。「市民に啓発する立場として、市の発行物への記載はよくない」としている。
 六曜をめぐっては、2005年、大津市の職員互助会が発行した職員手帳に記載。人権団体からの指摘を受け、発行済みの約3800冊を回収した例があるなど、公的機関の発行物に記載しないことが多いという。
 県人権・同和対策課は「六曜に従って行動することは科学的な根拠に基づかない迷信・因習の一つとして考えている」と説明。県が毎年発行している県民手帳は1995年から六曜を記載していない。
 西嶋泰義市長は「配布を見合わせることになり、市民の皆さんに大変迷惑を掛けることとなり申し訳ない」と話している」(大分合同新聞12月25日より)

六曜が問題なら、正月も節分もすべてアウトということですよね。
問題を指摘した人達はお正月に初詣にも行かないし、おみくじも買わないのでしょう。
しかし、風習までも否定するのはやり過ぎですし、言い分をそのまま受け入れた市の姿勢にも問題があります。
広く市民に意見を聞く機会を設けるべきですし、また、もう印刷してしまった5万冊は希望者に配布すればいいのでは???

ところで、近年、義務を果たさずに自分の権利ばかり主張する輩が増えてきて、嫌な世の中になりました
もっとも、そういう人はほとんど周囲から孤立していますから、社会的制裁は少なからず受けているようです
こまちの職場に年金を一切払わない男性がいるのですが、その理由は「将来もらえないから払わない!借金があるから払えない」というもの、で、老後どうするのか聞いたところ、金銭的に困ったら生活保護を申請するから問題ないと平然と言い放ちました
常日頃から権利ばかり主張する人で、月末、仕事が立て込んで皆がお昼抜きで仕事をしている最中、彼は「僕は食事だけはしっかりと取ることにしているので」と言いながら一人、堂々とゆっくりお弁当を食べていました
上司が注意しようものなら、延々と屁理屈をこねる始末です
彼の言い分にも一理ありますが、困ったときは助け合わないといけません。
そうでなければ、社会的には相手にされなくなってしまいます。
それでも構わないのなら、それはその人の生き方なのだから、他人がどうこう言えることではありません。
ちょっと悲しくなりますが、仕方ありませんね

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。