老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タトゥー・刺青はどこまで許容できるか?

タトゥーというとファンション感覚でするものと思われがちですが、墨で入れたらやはり立派な刺青です
ヨガ仲間に首筋と腕と脚に刺青をしている女性がいました。ファッションにしては数が多過ぎて、どういう家庭に育ったのだろうと不思議でした。その彼女ですが、3児の母で、4人目がお腹にいます。先日会ったら、腕の刺青を取ったようで、跡が残っていました。きっとお母さん仲間から何か言われたのではないかと思います
本格的な刺青を興味本位にしてしまうと、後で後悔することになりかねないので、若い方はすぐに取れるプリントで楽しめばいいのではないでしょうか…

都会はどうか分かりませんが、近隣の銭湯は「刺青お断り」が原則です。
一月ほど前に背中に「鯉と童女」の刺青をしたお婆さんに出くわして、びっくり仰天しました
さすがにファッションで刺青をするのとは格が違うというか、怖かったです。
男性風呂に時折出現する総刺青などは物凄い迫力らしいですが…

その筋の方々がされる刺青と外人がファッションでするのとはレベルが違います。
刺青をすべてアウトにすべきかどうかは実に悩ましい問題です。
先日、上腕に小さな刺青をした外人さんがお風呂に入ってきましたが、これはどうなんでしょうね。
常連さんは許容したのか、今のところ苦情はないようですが…
小さなものでも一旦認めたら、大きなものもOKになるから、冷たいようだけれど出入り禁止にするべきですよね
そうは思いつつも、彼女の刺青の件を事務員に言えないでいます。。。

芸能人でも意外な人が刺青をしています

→ タトゥー・刺青が入っているときいて驚く有名人ランキング

宮沢りえさんや澤穂希さんが刺青をしていたとは知りませんでした
楽しみはいろいろあるのだから、わざわざリスクのある刺青で楽しまなくてもいいのに…
芸能人がファッションで刺青をするから真似る若い人も出てきます。だから、刺青をするのは自由ですが、あまり見せびらかさないでほしいものです

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。