老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

50億を使い切った清原和博

親がこつこつ貯めたお金をドラ息子があっという間に使い果たしてしまったという話はよく聞きますが、お金の苦労をしたことのない人間は無計画に散財できるのかもしれません

「2月2日、自宅マンションで覚せい剤を所持していたとして、現行犯逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)。現役時代の清原は史上最年少(23歳3か月)で年俸1億円を突破。フェラーリ、ベンツ、ベントレーなどの高級車を乗り回し、飲み代の最高額は一晩で500万円という豪快な伝説を持つ。
 引退後もそんな生活を維持するのは難しいが、清原はそこに独特のこだわりを見せていた。清原をクスリに走らせないように友人らを中心に結成された私設の“更生支援チーム”のメンバーA氏が言う。

「一晩で100万円、これがキヨの基準でした。カネがなくて豪遊できないと、“清原がセコイ飲み方してたら世間のイメージと合わへんやろが!”と機嫌を損ねることもあった。カネがない時は決まって“俺が今まで稼いできた50億円はどこに消えたんや”と独りごちる。(2014年に離婚した)亜希さんへの当てつけのように聞こえるけど、本人の散財癖はどうしようもなかった」

 清原の直近の収入については、「パチンコの営業などで月に200万~300万円は入っているはず」(芸能事務所関係者)というから、少ないわけではない。
 最近は支援チームのメンバーが、「外で飲むのは週末だけにしよう」と、平日は夕食を自宅に届けていたという。しかし、清原は自宅での1人の時間が耐えられない苦痛だったようだ。

「“家に1人でいたくないから外へ飲みに出てまう。ネタ(クスリ)があったらずっと引きこもってられるし、散財しなくて済むのにな”と冗談とも本気とも取れる言い方をしたことがあった。“バカなこと言うなよ!”と怒ったけど、彼は俯いたままでした」(支援チームのメンバー・B氏)

 昨年11月にはオフィシャルブログを開設。自分を撮影する“自撮り”とともに、出来事や心境を頻繁に発信していた。支援メンバーらによると、これも“異変”の一つだったという。薬物中毒者の言動に詳しい脳科学者の塩田久嗣氏が言う。
「人間は不安や隠し事があると、自ら過剰に発信する傾向にあります。自撮り写真を頻繁にアップしているところを見ると“俺は悪いことは何もやっていない”と、本能的にアピールしていた可能性が考えられる」(週刊ポスト2016年2月19日号より)

清原さんは巨人へなど移籍せずに、西武にいたほうが良かったのでは???
野球も廃れてきましたから、野球選手の年俸も今後どうなるか分かりませんね

お金はともかく、麻薬に手を出したのは…
同僚が得た情報では清原さんは今、壁に頭を打ち付けているらしいです。
常習的に薬をやっていたのだから、副作用も強烈でしょう
若いうちに大金を手にしてしまうと常にハイエナに囲まれて、お金をばらまかなければ人が寄りつかなくなり、最終的には寂しくて薬に頼るようになってしまうのかもしれませんね…(´・_・`)

「覚せい剤所持の現行犯で逮捕された清原和博容疑者(48)は2015年12月下旬にも、群馬県で覚せい剤を調達し、その後、宿泊したホテルから常習者の7倍の強さの覚せい剤反応が出ていたことがわかった。
清原容疑者は、逮捕前日の2月1日に群馬県で覚せい剤を買ったとみられているが、2015年12月下旬にも群馬県を訪れ、覚せい剤を調達していたことが新たにわかった。
清原容疑者はその後、ホテルに宿泊していたが、ベッドに付着した汗などを警視庁が鑑定したところ、常習者のおよそ7倍という極めて強い覚せい剤反応が出たという。
警視庁は、清原容疑者が長期間の乱用の末、注射器などで、一度に大量の覚せい剤を使用するようになったとみて調べている」(FNNニュース2月11日より)

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア