老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術のホンダ、一人負け

優秀な人材を育てなかった経営者に非があるのでしょうけれど、あの技術のホンダがここまで落ちぶれるとは…(゚△゚;ノ)ノ

→ ホンダ「独り負け」 減益に沈んだ特殊事情

株主は怒り心頭でしょうね
未だにリコールの嵐では、立て直すのには相当時間がかかりそうです

「ホンダは3日、タカタ製エアバッグの異常破裂に絡み、全米で223万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。製造した年に関係なく火薬が湿気を帯びやすい設計のエアバッグは原則すべてリコールするよう米当局が求めたためで、2015年秋から発売している最新の「16年製モデル」の車の一部も含む。日本の当局が追随すればタカタ関連のリコール台数はさらに膨らむ可能性がある」(日経新聞2月4日より)

「東京 5日 ロイター] - ホンダ(7267.T)は5日、タカタ(7312.T)製エアバッグ部品の欠陥問題で、小型車「フィット」など44万2997台を国内でリコール(回収・無償修理)すると発表した。
リコール対象は2004年6月から15年3月に生産した13車種。米国で昨年12月に起きたタカタ製エアバッグの異常破裂による米フォード・モーター(F.N)の車両での死亡事故などを受け、国土交通省に届け出た。
ホンダは先月29日に発表した決算で、約571万台分のタカタ関連リコール費用を追加計上していることを明らかにしており、今回のリコールはその中に含まれる。同社は16年3月期通期の売上高予想(14兆5500億円)に占める品質関連費用の割合が2.2%(約3200億円)になるとの見通しを示している」

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。