老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死ぬより辛い」老老介護の悲劇

いつまでも夫婦ともに元気で長生きできたら幸せですが、ある日どちらかが認知症になってしまったら…

「今月5日、埼玉県小川町の住宅で、無理心中を図ろうと77歳の妻を殺害したとして逮捕されたあと病院で死亡した83歳の夫は、逮捕されてから死亡するまでのおよそ2週間ほとんど何も話さず、食事も、水以外はほとんど口にしなかったということです。

今月5日、埼玉県小川町の住宅で國崎誠一容疑者(83)が妻の恭子さん(77)の首を刃物で刺して殺害したうえ、みずからの首や手首も刃物で切り付けたとして8日に、殺人の疑いで逮捕されました。警察によりますと、國崎容疑者は逮捕された時に「認知症の妻の介護に疲れ無理心中をはかった」などと話して以降は、取り調べに応じなかったということです。
また、國崎容疑者は、警察署の留置場では1人部屋の中央付近で横になっていることが多く、巡回に訪れる警察官に対してもほとんど話さなかったということです。警察によりますと、國崎容疑者は「以前、がんを患っていた。固形物の食事ができない」と話したため、留置場ではおかゆなどを出していたということですが、本人は食事をとることを拒み続け、水以外はほとんど口にしなかったということです。
このため、逮捕から9日後の17日に町内の病院に入院させ、点滴で栄養分を補給するなどしていましたが、23日午前10時ごろ死亡が確認されました。
警察によりますと今後、病院で、遺体を詳しく調べて死因の特定を進めるということです」(NHKニュース2月24日より)

これは本当にやりきれない悲しい事件です。77歳で認知症ということは体力もあり、徘徊もしていたかもしれません。ご主人は懸命に介護していたけれど、どうにもならなくなり、自らも死ぬことで妻を手にかけたのでしょう。だから、助かっても、一切食べ物を口にしなかった…ご主人の強い意志を感じます。
遠い親戚のおばあさんの話なのですが、芯の強い人でお嫁さんにも厳しく接したせいか、嫁姑仲が良くありませんでした。何でもテキパキとこなすおばあさんでしたが、年を取って体が弱り、嫁の世話にならなければならなくなりました。すると、おばあさんは水も食べ物も一切口にしませんでした。誰がどう勧めても拒否し続け、亡くなりました。
排泄すれば嫁の世話にならなければならない、それは死ぬより辛いということだったようです。

知り合いの農家の奥さんは認知症のご主人の介護に疲れ果てています。早朝、野菜を売りに行く準備をしていたら、ぐっすり寝ていたご主人がオネショをしていて、頭が真っ白になったそうです。オムツをしていても、大人だと勝手に取ってしまうらしいです。本人はトイレに行ったつもりで布団の上に…
介護施設に日中は預かってもらっているものの、焼け石に水です。体の大きなご主人をトイレに連れて行くのも大変で、奥さんは腰を痛めてしまいました。去年も倒れて、一時入院していました。子供も緊急事態のときには来てくれるけれど、あてにはできません。
「「やっと死んでくれた…」と言った人を酷いなと思ったけれど、今はその人の気持ちがよく分かる」と小さな声でつぶやいていました…

認知症にならないのが一番です。農家のご主人の場合は膝を痛めて農作業ができなくなり、四六時中家でテレビを見ていたことが原因のようです
楽隠居はボケの始まりかもしれません。幾つになっても、体を動かし、頭を使い、社会と関わるように努めたいものです。
ただ、関わり方に気をつけないと、若い人達から「老害」と疎まれかねません。その辺のところが実に難しいです
近所にズンバやエアロが大好きな65歳の老夫婦がいるのですが、同世代のヨボヨボ老人に比べれば元気溌剌!で、年寄り連中とでなく、若い人達と一緒にしたくて、夜のクラスに参加したところ、若い人達から「老人は昼間限定にしてもらえないか」という苦情が寄せられたそうです(ノ_<) 本人達は30代のつもりで動いていても、やはり実際の30代とは違い、若い人達の足手まといになっているみたいです そこで老夫婦が参加する権利を主張してしまうと、陰で「老害」と囁かれ、若い人から疎まれるようになってしまいます
スポーツジム側も高齢者のおかげで経営が成り立っているところがあるので、高齢者の扱いには頭を悩ませています。
若い人達と一緒に活動したいという気持ちも分かるけれど、だったら、夜のクラスでは一番前に行くのでなく、後ろのほうでおとなしくしているくらいの気遣いはしないと…と、個人的には思いますが、暴走老人は止まらないでしょうw(゚o゚)w
まあ、認知症になるよりはマシですが、ジムで怪我 → 寝たきり(自宅療養) → 認知症 というパターンも多々見られるので、趣味も、若い人の邪魔にならない程度に「ほどほどに」が頭も体も健康で長生きできる秘訣かもしれません\(^o^)/

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。